This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

執行役員の大川が期待している、プランナーの力とは

こんにちは、Candeeの人事の朴です。

本日は動画マーケティング事業のコミュニケーションプランナーの話をお伝えしたいと思います。

【プロフィール】

株式会社Candee
Planning & Sales 執行役員
大川 秀平

早稲田大学 卒業。株式会社リンクアンドモチベーションを経て、株式会社フロムスクラッチの創業メンバーとしてジョイン 。その後、フリーランスとしてエンジニアリング・webコンサルティングを行ったのち、株式会社Qreator Agent取締役に就任。株式会社Candeeに参画後は、執行役員としてPlanning & Salesを担当。

先ず、チームが持っている今の課題の話をしたいと思います。

我々はLIVE配信や動画の企画から制作・配信までをワンストップで手掛け、Candeeの強みである動画マーケティング支援を行っています。

クライアントの目線で見ると動画マーケティングというのは、企業や商品のブランディング、売上など、それぞれの目標にたどり着くための一つの手段に過ぎません。
更に、世間的に動画マーケティングはまだまだ新しいものなので、すぐに取り入れられるかどうか判断できない企業が多いと感じています。

そのため、あらゆる手段の中で、動画マーケティングをしたほうがいい理由をもっときちんと伝えなければいけません。
それを果たしていくために中心的な役割を担うのが、コミュニケーションプランナーです。

コミュニケーションプランナーを簡単に説明すると、クライアントが持っている課題を自分のMissionとして、いわゆる上流のマーケティング手段から動画マーケティングまで全方位で考える人です。
つまりお客様の現状と目指したいところを把握し、それに対するターゲットを見つけ、コンセプトやメッセージを伝えるための手段や方向を提案します。そのため、キャンペーン企画から、動画の活用やイベント、WEBページ、販促プロモーションなどトータルで考えていきます。

このようにクライアントが理解しやすい上流のマーケティングに目線を合わせることで、動画マーケティングという手段も理解しやすくなり、お互いに共感しながら課題を解決していくことができます。
また、今後はLIVE配信を含む動画マーケティングにおいてCVやLTVと向き合った上で、効果を実証していくことが我々のミッションとなると考えています。


【このような体制を作り上げることができたきっかけ】

もともと多角面でのプランニングの経験を持っているプランナーがCandeeにジョインした事によって、対クライアントへのコミュニケーション領域が広くなりました。

クライアントが動画マーケティングをしたくなる根本的な理由やその先のゴール(「物を売りたい」とか「このブランドや商品をもっと世の中に認知させたい」など)を理解し、物事を立体的に考えて、あらゆる手段を視野に入れ、戦略を立てる。

つまり、クライアントが今一番困っているところを把握し、何をしてあげたら解決になるんだろうという思考を基に、提案できるようになりました。


【チームやメンバーのこれからの成長】

チームの中には、まだ経歴2年目ほどのメンバーもいます。

最初は、各施策のプレゼン資料をたくさん作ることで、案件のMissionを理解しアイディアを具現化できる力を上げてもらいましたが、今はプロモーションの動画、イベント、ポスター作成、キャスティング提案など、戦略に基づいたそれぞれの施策に積極的に取り組んでもらっています。

これからは戦略立案から行うことのできる案件を増やし、Candeeの中でも動画マーケティングの知見を貯める機会をより多く創出できるようになってほしいです。

そのためには、たくさんの案件に関わって経験を重ねて行くべきで、先ずは小さい案件から一人で完結できるように任せています。もし困っているときは「企画背景、Mission、課題はこうだよね」と先輩がアウトラインを引いてあげていますが、極力自分の力で解決できるようにしています。

最終的には、チームメンバーそれぞれが自信を持って案件を回せるようになって、自分のキャリアアップにも繋げるように頑張って欲しいです。

また、これからも物事を自分の頭で考えられて、組織やクライアントのMissionに共感し、楽しいコミュニケーションを取りたいと思う仲間を増やして行きたいと思います。

今後の世の中は、インフラ的にもLIVEや動画をもっと使うようになり、LIVEだからこそ面白いコンテンツも色々できあがると思います。そうなったとき、クライアントに自信を持って提案できるような、良い事例と検証・ケースをたくさん作っていくことが、今のチームのミッションでありゴールです。


それでは、次回のブログをお楽しみに♬

株式会社Candees Stellenangebote
7 Likes
7 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.