This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

FACYのメディアマネージャーってどんな人?

スタイラー株式会社の社員インタビュー第一弾!この企画では、社員一人ひとりの人となりが分かるインタビューを実施。仕事8割、プライベート2割くらいでざっくばらんに聞いていきます。

今回紹介される人

Yuya
創業メンバーであり、現メディアマネージャー。元ファッションブロガーで、ブログ運営時にCEO小関から連絡があり、スタイラーにジョイン。創業当初に比べるとありえないくらい太っており、先月から糖質制限をスタート。大の赤提灯好きで、会社の飲み会には100%口を出す。


出典:https://jp.techcrunch.com/

写真は創業当初のCEO小関(左)とメディアマネージャーYuya(右)

まず簡単に自己紹介してもらっていいですか?

メディアのマネージャー・Yuyaです。元ファッションブロガーとか言うと、斜めに見られがちなので、そろそろプロフィールから消したいな……と思っております。ちなみに、趣味は渋谷の安旨な居酒屋と美味しい焼き鳥屋を探すこと。酒と焼鳥と刺身が死ぬほど好きです。


どんな仕事をしているんですか?

FACYのオウンドメディアの統括、YouTubeの運営・企画、外部の受託案件、外部メディアへの寄稿、サービスのグロースハック……あとは今月から台湾の方のメディアも見ることになりました。スタートアップで、サービスに直結するオウンドメディアを運営しているということもあり、一般的なウェブメディアよりも仕事の幅は広いのかな?と思います。

思ったより多いですね!メディアの話をもう少し詳しく聞いてもいいですか?

まあメディアが好きなのはもちろんですが、サービスのコンセプトに共感して入っているので。メディア以外の業務、しかも本サービスにもしっかり関われるというのは、うちの良いところです。

FACYのメディアは、“ショップスタッフ軸のコンテンツ”を中心に展開しているのが特徴ですね。普通、ファッションのウェブメディアでは、そこまでピンポイントに絞りません。レイヤーとしてもっと上のところ、例えばブランドやショップをメインコンテンツにするのが一般的です。その中の一部として、ショップスタッフのコンテンツがある。

なるほど。基本的にショップスタッフのメディアなわけですね。

通常記事から特集まで、ショップスタッフばかり。ある意味、潔いですよね。だから、メンバーもショップ好き、ショップスタッフと話すのが好きという人を集めています。その前提がないと、メディアを続けるのにすぐ限界が来ると思うので。逆に、その前提条件があるのであれば、基本的に経験は不問にしています。まあ、スタートアップなので、ケースバイケースで経験者を求める場合もありますけど……(笑)。

今メディアの規模はどれくらいですか?

おかげさまで今では月100万UU、約300万PVにまで成長できました。

これからメディア、またはチームをどうしていきたいなどありますか?

サービスに貢献できるようオウンドメディアとしての役割をもっと強くしていきたいですね。例えば、記事からの商品購入や、サービスへの会員登録、イベントへの集客など。

それらを強化するには、メディア自体の強いファン作りが必要。でも、今の体制やコンテンツ内容では難しいと思っているので、体制を変えたり、新しいツールとしてYouTubeを始めたり、と今ちょうど手を打っているところですね。

最近始めたFACY YouTubeコンテンツ


真面目な感じになってきたので、チームメンバーから見たYuyaさんについての印象を聞いて締めましょう。


「救世主(メシア)。お金がないときに、救い手の差し伸べてくれます。僕にとって、yuyaは聖母マリア的存在です」(ひげお)

「毎週金曜の夜にいくのは串がある居酒屋。特に好きなのはセンター街にある四文屋。いつもレバーの塩ダレを頼むコンシューマー。二次会のカラオケは浜崎あ◯み歌う常習犯。」(おしゅん)

「チームのマスコット的存在。普通のことをやってるだけなのに、なぜか爆笑を起こせる謎の力の持ち主です(笑)」(きなこ)

「チームの得点王でもある反面、球拾い役も辞さないような二面性がたまりません。手製の冷めたニラ巻き、また食べたいです。これからも頼りにしています!」(おすぎ)

STYLERs Stellenangebote
2 Likes
2 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.