This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

インターンと一緒に企業を取材
地域のイベントの様子を動画配信
私たちエアグラウンドは、「身近な人を笑顔に」を合言葉に、尼崎で活動をしているクリエイター集団です。とりわけ映像や動画の制作に強みをもっています。 一般的に、動画制作は、企画・シナリオを手がける「プリプロダクション」、撮影・CGを手がける「プロダクション」、編集を手がける「ポストプロダクション」の3つに分かれますが、私たちは完成までのすべてのプロセスを自社内で完結している点が特徴。 さらに、映像や動画を掲載するWEBサイトの制作や、SNSを通してのマーケティングもトータルで引き受け、プロモーションを強化したいクライアントの大きな力となっています。 クライアントは、地元尼崎の行政や多彩な法人企業。自治体のイベントを撮影したり、企業の商品プロモーション動画や採用プロモーション動画を撮影したりと、幅広いニーズに応えています。 ▼高校と連携したプロジェクトが始動! 新規プロジェクトとして、“高校生”と“ものづくり企業”をつなぐWEBメディア「ワザカタログ」をリリースします。動画コンテンツを軸に、身近にある隠れたスゴイ企業を、尼崎の高校生たちとともに発信していきます! https://waza-catalog.com/(開発中) https://www.air-ground.jp/180601-intern/ ▼「尼崎経済新聞」も運営中! 地元のハッピーニュースを集めたメディアです。ビジネスやカルチャーにまつわるニュースを、オンライン上で発信しています。 https://amagasaki.keizai.biz/ これからも、ここ尼崎に根ざし、クリエイティブな活動を通じて、街全体に尼崎の魅力を発信していきます!

Warum wir das tun

尼崎の魅力を伝えに高校や大学へ出張授業
取材する人もされる人も読者もみんな笑顔に
尼崎(あまがさき)。 みなさんはどんなイメージを抱いていますか? 治安が悪そう、あまりいいニュースを聞かない… 尼崎をよく知らない人たちからは、そんな声を耳にします。 しかし、尼崎に長く住み、深く尼崎に関わってみると、まったく違う側面が見えてきます。地域の人たちはみんな元気で活気がありますし、たとえば宇宙ロケットの部品をつくっているような優良メーカーもたくさんあります。 尼崎の知られていない魅力を、もっと発信していきたい。 これが、エアグラウンドの原動力となっている想いです。 私たちは、「身近な人を笑顔に」を合言葉に、ここ尼崎のイメージを刷新していきます。 現在、運営している「尼崎経済新聞」では、地元のハッピーニュースを集めて発信する取り組みを行っています。 さらに、今後はニュースの配信だけにとどまらず、企業、行政、学生、主婦などさまざまなバックグラウンドの方が集まる地域コミュニティを、エアグラウンドが主体となって形成することを目指します!

Wie wir's tun

新しい機材はみんなでワイワイ言いながらテストします
今年のインターンの卒業式はタコパでした
▼一緒にはたらくメンバー 現在、社員5名に加え、インターン生や外部ライターと協力しながら事業を運営しています。社内の5名は、映像制作に強みをもつメンバーとWEB制作に強みをもつメンバーが半々の割合。モノづくりを仕事とするクリエイター集団です。 社風はというと、10代のインターンや子育て中のママライターが自由に出入りをする、オープンで自由な雰囲気。ビジネスライクというよりは、チームメンバーを家族のように思う家庭的な雰囲気があります。新しく入社される方も、すぐに馴染めるはずです。 ▼エアグラウンドの動画制作 3DCG制作やモーショングラフィックス、ドローンや特殊機器を使用した撮影も行っています。イラストが得意なメンバーもいるため、多彩な映像表現が可能です。若い感性が必要なときには、10代のインターン生に気軽に意見を聞ける、充実した制作環境です。 ▼はたらき方について 社員採用(中途)をメインで考えていますが、時間の都合で難しい場合は、業務委託のフリーランスやアルバイトでの採用も検討いたします。お気軽にご相談ください!

Page top icon