This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

入社半年でWantedly運用に携わりつつ開発業務もこなすエンジニアにインタビューしてみた!

こんにちは。アスクルの こたにん(@Kotanin0)です。

前回のセルフインタビュー を経て、社内エンジニアがインタビューを受けてくれることに!
やってよかった自作自演、もっと広がれ影響の輪。

ということで、改めまして。
アスクルのエンジニアって、どういう人たちがいてどういう思いで仕事しているのかしら。
なぜアスクルに入社したのか、入社してから感じたこと、今思うこと、、、
などなど、エンジニアたちにインタビューをしていこうかと思います!

記念すべき第1回目は、寺山さん に声をかけ、快諾いただきました。

聞き手:こたにん
語り手:寺山さん

北海道出身で横浜在住。

株式会社アイスタイルにて新規事業開発や、ポイントサイト、@cosmeの運用に担当。
株式会社オハコでは受託開発のエンジニアリーダーを務める。
株式会社ストロボライトでは、LOVEGREEN, BotapiiのWeb開発をメインで担当。

アスクル株式会社では、LOHACOの検索周りを担当。
組織作りに興味があり、鋭意勉強中。

「エクセルで1行単位の設計書を書いてたんですよね」

― まずは簡単に自己紹介をお願いします。

寺山です。
北海道出身で、情報系の専門学校に進学で上京して、それからエンジニアの道へ進みました。
アスクルに入社してからは6ヶ月経ち、今はLOHACOサイトの検索チームにJOINしています。
検索まわりの機能追加や改修とか、検索のためのデータ、バッチ、APIなどなどを作っています。
あとは、Wantedlyの社内運用にも携わっています。

― 北海道なんですね!学生時代はどういうことをされていたんですか?

専門学校は横浜にあって、そこで2年間、基礎学習やプログラミングなどをやっていました。
基本情報技術者を取得するための勉強を半年行った後、プログラミング演習でした。
Java, VB.NETを学びましたね。.NETでマインスイーパー作ったりしてました。

― 専門学校卒業後は、プログラマとして就職をしたんですか?

それがですね、ちょっと違うんですよ。
汎用機ってわかりますか?それの監視を24時間365日するという、データセンター勤務でした。
開発したシステムを実際に運用するというのはどういう感じなんだろうという興味がありまして。

― シフト勤務!新卒からまた面白い経歴ですね。

結構体力勝負でした(笑)
2年後に転職をして、業務委託で5年間、アプリケーションの開発に従事していました。
そのときはJava, C#などでいろんなものを作っていました。TDDで開発してましたね。
結構マイナーなフレームワークを使っていたり、オンプレサーバだったりと、あんまり好き勝手にできず。。
業務委託の一兵卒だったので致し方ないですが、技術選定できなかったのが辛かったですね。

その後、オフショア開発のための設計をやりました。
外部に開発を依頼すると、設計書を書くことになるじゃないですか。
エクセルで1行単位の設計書を書いてたんですよね。

― 1行単位って、コード1行単位!?日本語で!?

そうそう。ここでif文使って、ここでDIして、などなど。。。
まじこれ意味ある?自分で書いた方が早くない?
と、なんだかもどかしい感じでした(笑)

― ヒャー(汗) そして、その後はどのような道を?

次にPHPでの開発業務を行いました。
ポイント・クーポンサイトなどを短期間で作り込み、その後は口コミサイトや、グローバル周りの運用をやってましたね。
あとはチームリーダーとして案件の管理をしたり、組織作りに携わったりもしました。
企画・デザイン・エンジニアを透明化するためにスクラムを導入して、他チームに波及させたり。

― いろいろな言語でいろいろな業務されてますが、一番好きな分野は?

バックエンドが好きではありますが、言語とかアーキテクチャに強い興味があるわけではなく
どちらかというと、組織を作ってどうこうという方に興味がありますね。

「やりたいと手を挙げればやれる環境なのはすごく良い」

― 数多くの業務を経験して活躍する中、なぜ転職を?

一番大きな転機としては、子どもが生まれたことですね。
それまでは夜遅くまで働いて、家ではあまり時間を作らず、ってのを繰り返していたのですが
子どもができてからは、仕事と家庭とのワークライフバランスを重視するようになりまして。
また、今まではメディア系の運営が多くて、EC業界にチャレンジしてみたかったというのもあります。

― アスクルを選んだ理由は?

ワークライフバランス、という観点ですごく魅力を感じたのがひとつ。
また、面接をする中で、まだまだエンジニア文化が発展途上なんだなと感じまして。
最新の技術を使っていない部分があったりして、そういうことのお手伝いなどをしていきたいなと。
技術選定や組織作りなど、今までの経験を活かしていけると思いました。
oO(副業の制度が整っていることも、実は決め手の一つだったりします)

― 入社してからのギャップなどありますか?

そこまでないですね。
ワークライフバランスがすごく整っていて、10時〜19時勤務して、あとは家事育児に時間を充てれます。
仕事をするにあたって、エンジニアの人数が少ないなあと思うことはありますが(笑)
また、技術選定をできるのはよかったんですが、業務でJavaを書くのは久しぶりだし、KotlinやSpring Batchなど、はじめての技術にチャレンジするのは大変でした。楽しいんだけど。
また、CI/CDツールの導入やミドルウェアのチューニングまでできるのは良いですね。

― 入社して半年にも関わらず、いろんなことにチャレンジしてるんですね

半年でWantedlyの運用しちゃってますからね(笑)
技術も組織もそうですけど、やりたいと手を挙げればやれる環境なのはすごく良い。
楽しく仕事できるし、自分の価値につながることを意識してできます。

「自分の一番の武器はどこかなと考えた」

― 将来像はあります?

組織作りに積極的に関わっていきたいですね。
具体的には、エンジニア組織の運営に関われるような、CTOの右腕のようなポジションがいいです。
上に行けば行くほど、プレゼンの能力って問われるじゃないですか。
プレゼンはあんまり得意じゃなくて、社内調整のためにその能力を上げるのはなんか違うなって。
それであれば、組織づくりや技術広報のような役割がいいなって思ってます。

― 技術広報、組織づくり、なんでそのようになりたいと思ったんですか?

過去に開発エンジニアとして仕事としていたときに、近くにエンジニアとしてのスペシャリストがいたんです。その人を見ると、自分ではその人のようなプロにはなれないと思って。
自分の一番の武器はどこかなと考えたときに、コミュニケーション力は高い気がしまして。
エンジニアだけどいろんな人と分け隔てなく話せる、この強みを生かしたいなと。
なので、CTOではなくNo.2がいいなと。

― 2位でいいんですか?

1位は1位で大変だと思うんですよ。
完璧に信頼して任せてくれるようなNo.1の方と、信頼しあって働きたいって思ってます。
No.1が頼りないと思ったら自分がやりたいと思うかもしれないけど(笑)

― 最後に、読んでくださった方へメッセージや、お伝えしたいことはありますか?

伝えたいこと、伝えたいこと、、、
がんばりまーす

― 何をだよ(笑)

えーと、採用がんばります!今はまだエンジニア足りてないんで!

― がんばりましょう!というわけで寺山さん、ありがとうございました。

ありがとうございました!

アスクル株式会社s Stellenangebote
6 Likes
6 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.