This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

数学赤点のド文系男がCTOになれたワケ(金子健哉)

あつまるを志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

「過去にとらわれない、未来の無限の可能性を信じられると感じた」からです。
私は文系出身で、特にこれといった特技や没頭したことがなく、何も実績はありませんでした。
しかし大学生の時、マーク・ザッカーバーグに憧れ、「どうしてもエンジニアになって、世界の文化を変えるものをつくりたい。」という強い想いをもっていました。
就職活動をし始めて、一番苦しい質問が、「学生時代はどんなことをしてきましたか?」という質問でした。

私は実績も何もない、数学は赤点のド文系男でした。

そんな中、あつまるの説明会に行き、社長・社員の方々がビジョンを語り、実現をする熱意に圧倒されたのを今でも覚えています。
「あつまるに入社したい。今年ダメでも就職浪人して再チャレンジしよう。」と思うくらい、過去だけを見ず、未来を見ている前向きな志向に惹かれました。

現在の仕事について教えてください。

CTOというポジションで、事業計画や採用、技術広報、設計・企画・開発と様々な業務をしております。
特に「あつまるの集客プラットフォームの企画・開発」「社内システムの企画・設計・開発」「社内のエンジニアの生産性と技術向上のための組織作り」に力を入れています。

あつまるに入社してよかったことは何ですか?

常にビジョンや成長に向けた最高の環境があることです。
挑戦の場をいただき、そこに向かって邁進する中で大きく成長できると考えています。
まさに私自身も年齢や能力を超越した挑戦的な立場をいただき、大きなプロジェクトを経験豊富な協力者と共に、動かしております。
日々、自分の力の足りなさを感じると共に、多くの学びにやりがいを感じます。

当面の目標や将来の夢を教えてください。

40人のプロフェッショナルなクリエイターチームを束ねて、ワクワクする未来を推し進めることが目標です。
そのために、海外のレベル高いエンジニアやフィールドの高い方々と一緒に高め合っていくことが必要だと感じています。




学生の皆さんへメッセージをお願いします。

失敗しない就職活動をするためには、自分の考え方やこれからどうしていきたいかを嘘をつかず、本音で語ることが重要だと感じます。
嘘をついて入社をしても、それはどちらにとってもメリットはありません。
だからこそ、今の考えを面接等でぶつけるべきだと思います。本音をぶつけるため、持論を持つための自己分析は重要だと感じます。
時間でいくと、仕事は人生の多くを占めています。
だからこそ、仕事を考える上で、人生を考えること、自分を考えることが重要だと思います。

株式会社あつまる's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more