This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

私が【社会で輝く20代を紹介するコーナー】をはじめた理由、そしてこれからのこと

土曜の朝ですね、おはようございます。
アウスタ広報担当の西脇と申します。私の仕事を端的にいえば、自社に関わる情報発信のほぼすべてに絡むこと、です。

今日から始まりいつまで続くかわからない、このコーナー「アウスタサタデー」
土曜の朝にサラーッと読める感じな発信をしていければと思います。

このコーナーの副題に敢えて「広報担当のフリースタイルブログ」と入れましたのは、ずっと前からなんですけど身近な仲間から、
「あんま自分のこと書かないよね?どうして?」「書いたら?書けるっしょ」
という指摘やら励ましやら後押しをもらっていて、よしやるか!というモードになったからです。

継続力にはやや自信があるので、サ〇コの朝をテレビで見るような感覚で、土曜の朝私の記事を読んでもらえたらというキモチでいます。よろしくお願いします。

さて、今日1回目に書きたいなぁと思ったのは、私が勝手に始めてまぁまぁ続いている
【社会で輝く20代を紹介するコーナー】についてです。

社会で輝く20代を紹介するコーナーとは?

そのまんまです。
これまで3名の方にご登場いただきました、ありがとうございます。(そしてまだ記事化できていない約10名の方々、すみません。書きます)

ライター・柏木愛美さん

ライフコーチ・藤田琢磨さん

資産形成アドバイザー・平井希京さん


1つ補足があるとすれば「社会で輝く」とは、有名だとか輝かしい功績があるなどの基準は一切ありません。(後で詳述)

始めた理由は振り返ると2つあります

いわば見切り発射的に始まったことの企画、何をしたいのか無いままスタートしたのでは当然ありません。言えといわれたらフルプレできるんですが、その機会が無かったので(しようとしなかった?)、ここに書きたいと思います

① せっかくの出会いを出会いで終らせるのがもったいなさすぎはしません?と自問自答

ということです。
バックオフィスの方になってから、人とお会いする数は減らしましたけど、それでもありがたいことに毎月新しい出会いがあります。ただビジネス的なコネクションや、交流が見出せなければそれでおしまい。
それはもったいないなぁ、と僕は思いました。
それで記事というカタチでアウトプットをし始めたわけです。

②20代が輝く社会を作る仕事をしているけど、”輝き方”に迷うお客様が多いことを感じていたから

弊社は「20代が輝く社会を作る」ために、メイン”生活の基盤作りのためのシゴトの提供”を行っていますが、そもそも”輝く”って何?という話しで......

どういうこと?どうすれば?私輝けるの?というお客様が多いように感じていました。
こういう問いを頭に巡らせているのは、”輝きたい”という想いの裏返し。
何かしたいなぁと思っていました。
”20代が輝く社会”と聞いてイメージするものも人によって違えば、輝き方も千差万別。

そこで20代の方々へ取材をさせていただき、リアルな情報をお届けすることで一人でも多くの20代に輝いてほしいと思ってます。
こんなやり方が、この人みたいになりたい、こういう風になどヒントが得られるんじゃないかなぁと......

大前提20代は輝けるし、輝いている

火のつなかいマッチに火をつけようとはしません。
大前提輝けるから、輝いて欲しいと思うわけです。

100人まで書きたいし、書く以外にも何かやりたい

今後の展開としては、もっと多くの人を取材したい(私が興味があるし)
そして書く以外の表現方法にも、この【社会で輝く20代を紹介するコーナー】を通してトライしていければなぁと思っています。

来週の土曜日も書くと思うので、良ければチラッと読んでください^^
では良い休日を♪

株式会社アウスタs Stellenangebote
2 Likes
2 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.