This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Having the best of both worlds! Pursuing my dream in Health-Tech, in Japan! 〜My Dreamは世界から日本へ。Health-techを、日本のMarketを、Designする!〜

Having the best of both worlds! Pursuing my dream in Health-Tech—in Japan!

Konnichiwa! I’m Jessica. I am currently working for BackTech Inc as a UI/UX Designer.
I have been working with BackTech since August 2019.

Allow me to introduce myself a little bit and why am I working in Japan and why am I fascinated with BackTech! Here we go!

My Career as a designer

I have been in the design industry for 9 years. Born and raised as a Dutch and Indonesian half-blood, surrounded by various cultures, has encouraged me to see more parts of the world. I started living in Paris, France, then London, United Kingdom to pursue my Master’s Degree in Design for Communication at the University of Westminster, London, United Kingdom. I have a specialisation in UI / UX and branding within the European and Asia-Pacific market, with working experiences in mostly Start-up companies both in London and Singapore. My previous role was a Junior Art Director for FinTech and Fashion companies. I have achieved awards from D&AD New Blood Festival London, Hong Kong FinTech Festival, Patron of Heritage Awards by National Heritage Board of Singapore, etc. I am also an active Asia-Pacific Design Representative for OpenMind United Kingdom, a London-based British Design Research Network and also a Foil and Sabré Fencer for British Fencing London.

I have worked with big brands like Toyota, Garnier, AXA, Harper ’s Bazaar, Cartoon Network, Citibank, Takashimaya, Galeries Lafayette, Tatler Magazine, Carolina Herrera, etc. With those experiences, I want to bring a different and exceptional design atmosphere to BackTech Inc.

Even though I am mostly around the design scene, I have a big dream. I believe I am not designing just for the sake of visual, but I want to design to change the world. I want to create a better life for people. And that is when I decided that my goal in life is to make a better healthcare system. I want to continue my education and do a PhD course, with “Designing Artificial Intelligence for Elderly Healthcare” as my topic. I am currently looking for University to pursue my dream, for the future of Health-Tech.

In my spare time, I do fencing. My other hobbies are sports, fashion, traveling, and learning different languages.

Interest in Japanese working culture

I used to work for a Japanese company in London. Since everyone in the company is Japanese, I studied Japanese by myself by speaking Japanese everyday with my colleagues. I really admire the Japanese way of saying “Otsukaresama” meaning “Thank you for your hard work” it made everyone feel appreciated. Everyone in the company was very passionate and it was indeedly an amazing experience for me. Since then, I am impressed by the Japanese working culture.


Fateful meeting with "Backtech Inc."

I was looking for a University for my PhD in Japan on Summer 2019. Then I found out about BackTech Inc. Thinking that Pocket Therapist was a wonderful invention, I immediately send a message to Fukutani-san and hoping that I can hear more about Pocket Therapist.

I went to the office, met everyone (Fukutani-san, Kanamaru-san, Sakai-san, and Inoue-san. Everyone is so friendly.) We talked a lot, and I became more interested in Pocket Therapist. The invention is very essential for the future, especially for health. And life is going to be much more easier. And that really aligns on what I want to do in my life. I want to design for a cause, to save everyone’s lives. Since then, I’ve always thought about how nice would it be if I can join Fukutani-san and team, I felt that we share the same dream, vision and mission.

I was very happy when I heard that I got the job offer from BackTech Inc. But then I was worried about the Visa process. Fukutani-san helped me out with the Visa process and I’m very thankful with that! The Visa is now on process.

1st Week in Backtech:
I signed in into Slack. I met everyone. I was extremely nervous because I'm not really good with my Japanese yet, but everyone was so kind and always helpful. I have to work harder on my Japanese!

2nd Month in Backtech:
I really think that this is my DREAM TEAM… how can I say.. Everyone is very supportive, professional with loads of experience! They have wonderful dreams and they shine so bright it inspires me so much. I'm glad that I’m working with you guys now. I am really looking forward to do another project with my DREAM TEAM! ^^

It’s the first thing that makes you smile every time you wake up on weekday mornings :) BackTech is changing people’s lives. We’re growing with big vision and mission. If you want to design for a cause, Come and join us! Fukutani-san and team are very nice and helpful, come to our office and have a chat with him and our awesome team! ^^


フロントエンド,エンジニア
カラダの痛みを科学する、新プロダクトを手がけるフロントエンドエンジニア募集
バックテックは、2016年に理学療法士(Ph.D)でもある福谷が創業した、カラダの痛みにフォーカスしたソリューションプラットフォームを開発・運営するスタートアップです。 「カラダの痛みに不安を抱えながら生きるヒトの人生をデザインする」 我々はこのビジョン実現に向け、現在は、『ポケットセラピスト』という「カラダの痛み」を可視化し、最適な対策メニューを提供する健康経営アプリケーションを開発・運営しています。 ⇒https://pocket-therapist.jp/ 肩こりや腰痛などの"カラダの痛み”や"不調”が仕事の生産性に影響するという「プレゼンティーズム」。 この対策として、慢性的な痛みを抱えている企業の従業員は、国家資格を持つセラピスト(専門家)に遠隔で痛みの相談とエクササイズメニューの提案を受けることができます。また、「ポケットセラピスト」活用企業の担当者は、従業員の健康面から、生産性向上に向けた人事データ分析や組織開発施策を検討することができます。 我々がプロダクト開発を進めるうえで大切にしているのは、医学的エビデンス、人々の行動変容を起こすための丁寧なアプローチ、そしてUX。 臨床研究に用いられる実証実験でその効果も検証されたことから、ヘルスケア領域に留まらず、現在は、大手企業をはじめとする健康経営や働き方改革などのウェルネスソリューションとして、HR(EX・ES)施策や経営企画から注目を集めています。 [オムロンヘルスケア共同実証研究] https://www.backtech.co.jp/omron_backtech_press_190919/ [産業医科大学森教授・永田講師が顧問に就任] https://www.backtech.co.jp/bt_ueoh_adviser_190909/ [導入事例] https://pocket-therapist.jp/case/ 今春、大きな資金調達を終え、今後はさらなるプロダクトの強化とユーザーの体験価値の向上を目指し、ヘルスケア領域×HR領域のソリューションプラットフォームとしてNo.1を目指します。 [資金調達] https://jp.techcrunch.com/2019/03/20/backtech-fundraising/
株式会社バックテック

My Dreamは世界から日本へ。Health-techを、日本のMarketを、Designする!

            (日本語を勉強中です、日本語の訳に挑戦します!)

こんにちは!ジェシカです。私はバックテックのUI/UXデザイナーです。
私は2019年8月からBackTechと仕事をしています。
自己紹介をさせていただきます!なぜ日本で働いているのか、なぜBackTechに魅了されているのか!さあ!行きましょう!

キャリアストーリー

私はバックテックのUI/UXデザイナーです。

オランダ人とインドネシア人のハーフです。ロンドンでMaster of Artsの修士課程を勉強しました。 ロンドンとシンガポールで働いていました、まず、私はスタートアップに興味があり、FinTechやFashion関係の会社のJunior Art Directorを務めました。 私はほとんどDesign Sceneを回っていますが、大きな夢があります。視覚のためだけにデザインするのではなく、世界を変えるようにデザインしたいと思っています。私は人々のためにより良い生活を作りたいです。そしてそれが、人生における私の目標がより良いHealthcare Systemを作ることだと決めたときです。 近郷は、博士課程にも進みたいです。分野はDesigning Artificial Intelligence for Elderly Healthcareで、今大学院を探しています。

趣味は、フェンシングと、スポーツと、ファッション,と、旅行です。 そして、外国語を勉強することに興味があります。

デザインの経験は9年位になりました。スペシャリゼシオンはUI/UXとブランデーィングです。ユロッパとアジアパシュフィックのマケットとおもいます。広告社やスタートアップの会社働いてました。アワーズはD&AD New Blood Festival London, Hong Kong FinTech Festival, Patron of Heritage Awards by National Heritage Board of Singaporeが取得しました。アクティブティべテイはロンドンイギリスデザインリサーチネットワークのAsia-Pacific Design Representative OpenMind United KingdomとBritish Fencing LondonのFoilやSabré Fencerです。

前のお客様はToyota, Garnier, AXA, Harper’s Bazaar, Cartoon Network, Citibank, Takashimaya, Galeries Lafayette, Tatler Magazine, Carolina Herrera,など。その経験で、会社で他の雰囲気を送りたい。

日本のワーキングスタイルの興味

ロンドンで日本の会社に働いてました。会社の皆さんは全部日本人ですから、その時、日本語を自分で勉強しました。毎日日本語話しました。日本の働く文化は素敵と思っています。「お疲れ様」って言うはすごい感心しています。その事は、有り難いの感じなら嬉しかった。日本の会社の文化が好き、皆さんは凄く頑張っていますと情熱的。一緒に働きたい。

バックテックとの運命的な出会い

その時は、日本にいました。PhDのために、大学をさがしていました。それで、バックテック見つけました。素敵な発明思っていましたら「ポケットセラピスト」福谷さんと話したい。

会社で行きました。皆さんと色々んな話しました。(福谷さん、金丸さん、酒井さん、井上さんと会えました、皆さんはすごい優しい) それから、ポケットセラピストもっと興味になりました。その発明は凄く大切、特に、健康のために。人生はもっと簡単になります。

面接受かって、凄く嬉しい。でも、ビーザはめんどくさいと思ってたら、でも福谷さんはそんな事おもいじゃありませんでした。福谷さんはビーザを助けたい。それで、凄く良かった。プロセスもスムーズになりました。今ビーザ待ってます。

入社してからの1週間 :
Slackぬ履いてました。それで、皆さんと会えました。日本語はまだ上手くないので、緊張していますけど、でも皆さんはすごいやさしいし、いつも助かります。日本語をもっと頑張らなきゃとおもいます。

入社してから2ヶ月 :
皆さんいつも何も教えてくれて、本当に助かります。Supportiveだし、プロフェッショナルだし、経験もいっぱいあるし。皆さんは素敵な夢あるし、凄く輝くと思います。一緒に働きたらはよかったと思っています。やっぱり私のDREAM TEAM と思っています。次のプロジェクト凄く楽しみにしています。

この仕事は、朝で起きて、いつも幸せになります。健康のために、大切の仕事と思います。みんなの人生助かりたい。バックテックは絶対に人々の生活を変更する。バックテックが広いなビジョンとミッションを持って成長する。皆さん是非ジョインしましょう!福谷さんと皆さんは凄く優しいと素敵な人と思いますから、話しよう!


フロントエンド,エンジニア
カラダの痛みを科学する、新プロダクトを手がけるフロントエンドエンジニア募集
バックテックは、2016年に理学療法士(Ph.D)でもある福谷が創業した、カラダの痛みにフォーカスしたソリューションプラットフォームを開発・運営するスタートアップです。 「カラダの痛みに不安を抱えながら生きるヒトの人生をデザインする」 我々はこのビジョン実現に向け、現在は、『ポケットセラピスト』という「カラダの痛み」を可視化し、最適な対策メニューを提供する健康経営アプリケーションを開発・運営しています。 ⇒https://pocket-therapist.jp/ 肩こりや腰痛などの"カラダの痛み”や"不調”が仕事の生産性に影響するという「プレゼンティーズム」。 この対策として、慢性的な痛みを抱えている企業の従業員は、国家資格を持つセラピスト(専門家)に遠隔で痛みの相談とエクササイズメニューの提案を受けることができます。また、「ポケットセラピスト」活用企業の担当者は、従業員の健康面から、生産性向上に向けた人事データ分析や組織開発施策を検討することができます。 我々がプロダクト開発を進めるうえで大切にしているのは、医学的エビデンス、人々の行動変容を起こすための丁寧なアプローチ、そしてUX。 臨床研究に用いられる実証実験でその効果も検証されたことから、ヘルスケア領域に留まらず、現在は、大手企業をはじめとする健康経営や働き方改革などのウェルネスソリューションとして、HR(EX・ES)施策や経営企画から注目を集めています。 [オムロンヘルスケア共同実証研究] https://www.backtech.co.jp/omron_backtech_press_190919/ [産業医科大学森教授・永田講師が顧問に就任] https://www.backtech.co.jp/bt_ueoh_adviser_190909/ [導入事例] https://pocket-therapist.jp/case/ 今春、大きな資金調達を終え、今後はさらなるプロダクトの強化とユーザーの体験価値の向上を目指し、ヘルスケア領域×HR領域のソリューションプラットフォームとしてNo.1を目指します。 [資金調達] https://jp.techcrunch.com/2019/03/20/backtech-fundraising/
株式会社バックテック
株式会社バックテック's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more