This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

当社は、主に大企業や官公庁のシステム基盤環境の構築/運用/保守作業案件について、役務サービス(エンジニアを常駐させ業務を遂行する事)を受託している会社です。 主に3つのフェーズを軸に、お客様に確実なサービスを提供しています。 (1)システム設計フェーズ: 要件定義、基本設計、詳細設計など、お客様のニーズに最大限お応えできるよう対応して参ります。 (2)システム構築フェーズ: 設計フェーズで執筆された詳細設計を基に、構築作業を的確に進めて参ります。 また構築作業後の各種テストについては、入念に作業を進めて参ります。 (3)システム運用/保守フェーズ: 平常時運用、障害対応など、お客様が安心してシステムを利用できるよう、 各種マニュアルの制作を進めて参ります。 http://www.bd-corporation.com/ 今後の事業拡大として、以下のようなサービスも事業化する予定です。 【検証環境構築サービス】 「システム構築サービス」の品質向上を目的として、特に導入実績のない案件に関しては、積極的に検証環境構築を利用して「質の向上」に努めて参ります。 【システムエンジニア研修】 幅広いお客様のニーズに対応するため、最新技術の教育はもちろんのこと、現役システムエンジニアからの技術継承を定期的に実施して、ノウハウ蓄積に努めて参ります。 【システムエンジニア(SE)育成】 人材育成も並行して実施します。 異業種からIT業界の門を叩くチャレンジャー精神のある方々(SEの卵たち)を歓迎し、熟練SEが講師となり、基礎知識からインフラ構築のための専門知識まで、一定期間講習を受講していただきます。 講習期間中には、実践さながらの疑似システム構築(主に構築作業を中心)の演習課題も準備しており、机上だけではなく実際に作業を身を以て会得していただく体制を整えて参ります。

Why we do

わたしたちは、ITインフラ構築サービスを提供するため、 『誰もが、その仕事に対して「信念(Belief)」を貫ける、いつも「楽しい(Delightful)」企業』 でありたいと願っています。 いまはまだ少人数のチームですが、東京オリンピック開催までにスタッフ50人程度の企業に成長したいと考えています。より多くのスタッフによって、これまで以上のサービスを複合的に提供できると思っています。

How we do

いま、BD CorporationにはSEが1人しかおりません。 ここでは、スタッフとともに働く際の考え方についてお話したいと思います。 この業界はお客様先への常駐が基本となり、休日カレンダーや稼働時間帯もお客様に合わせることが多くなってしまいます。 ただし、『この日の夜は全員帰社日!』など、あらかじめ予定を決めることで、当社にてスタッフとコミュニケーションをとる時間を作っていきたいと思います。 社内では、和気あいあいとお食事やお酒をともにし、情報収集やスタッフの状況把握に努めます。