This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

ビズリーチは「⼈⼿不⾜」「企業の⽣産性向上」「事業承継」などの社会の課題を、データとテクノロジーの活⽤によって解決し、新しい市場や⽂化の形成を通じて世の中に大きなインパクトを与えていく会社です。創業10年目で1,500名を超える規模に急成長を遂げてきましたが、今後を第二創業期と捉え、複数領域にまたがる多事業経営を推進しています。 その成長スピードを支えるのが弊社のプロダクト開発体制です。全社員の約3割をエンジニアやデザイナーが占め、 プロダクトドリブンかつ、インハウスならではのスピード感のある事業創りを実現しています。 ------------------------- 【サービス紹介】 即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」を中心に以下のサービスを展開しています。 ・人材活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」 ・日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」 ・プロフェッショナルのための専門メディア「BizHint」 ・挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」 ・すべての経営者に事業承継M&Aの選択肢を提供するサイト「BizReach SUCCEED」 など ------------------------------------ 【デザイナー・エンジニアBlog】 # BizReachのデザイナーによる「BIZREACH Designer Blog」 https://design.bizreach.co.jp/ # BizReachのエンジニアによる「Bizreach Tech Blog」 :https://tech.bizreach.co.jp/ ------------------------------------

Warum wir das tun

『インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく』 インターネット企業であること、それが私たちのDNAです。そして、私たちの時代の産業革命ともいえるこのインターネットの力を活用して、世の中に大きなインパクトを与えていくこと。それが私たちの存在意義です。 そのなかでビズリーチのデザイナーは、事業・サービスの価値をデザインの力で最大化し世の中に届けることを担っています。 人と関わるあらゆる物事の本質的な課題を解決し、未来のアタリマエとなるようなサービスを生み出し、価値提供していく。そのために、ユーザー・ビジネスの両者の視点をもって、デザインの力をふるっていきます。

Wie wir's tun

デザインフィロソフィー
ビズリーチのデザイナーは、表面上のUIをデザインするだけではなく、社内のプロダクトマネージャーやエンジニア、マーケターなどと一緒に企画立案から携わり、より効果的なUI/UXを提案します。また、プロダクトをリリースして終わりではなく、ユーザーの反応を定量・定性の両面からウォッチ、分析し、サービスを成長させるための改善をチームで行っています。 参考)プロダクト開発に携わるデザイナー 『カイゼンのヒントは全国の採用現場から 〜チームで取り組む地域企業の課題解決』 https://design.bizreach.co.jp/archives/3947 『ビズリーチの新規事業における「0→1 DESIGN」』 https://design.bizreach.co.jp/archives/4112 日々デザインに向き合って仕事をしていくなかで、大切にしているデザインに対する考え方をまとめたものが、下記のフィロソフィーです。 『We DESIGN it.』 プロダクト、サービス、コミュニケーション、ブランド、体験、コミュニティ、 仕組み、教育、キャリア、働き方、組織、戦略、ビジネス、経営、社会… 私たちがデザインをする対象は、すべてです。 デザインとは、課題解決や価値創造のためのプロセスそのもの。 ビジュアルはもちろん、思考や計画、設計もデザインです。 だからこそ私たちは、デザインがはたらくべきフィールドはすべてであると本気で考えています。 人と関わるあらゆる物事の本質的な課題を デザインの力を駆使して解決し、世の中をアップデートしていくこと。 更には、人々の価値観を変える新しいサービスを生み出し、 「これがない生活は考えられない」と思われるくらいの未来のアタリマエをつくっていくこと。 それが、デザイナーである私たちが ビズリーチのすべての仲間とともに成し遂げたい世界です。 そのために、誰よりもデザインの可能性を信じ、挑戦し、 影響力を広げていくんだという決意を、私たちのフィロソフィーとして掲げます。 5つの約束 1. 課題解決 2. 目的思考 3. ユーザー中心 4. 心をつかむ 5. 楽しむ 参考)デザイナー インタビュー 『ビズリーチで働くデザイナーの、とある一日。』 https://design.bizreach.co.jp/archives/2203 『イベントデザインから学んだ、デザイナーのはたらき方』 https://design.bizreach.co.jp/archives/3659