This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

不動産修繕にIT技術を持ち込み、オープンでクリアな業界に変えていきます。
住民・職人・管理会社の全員にメリットを提供。
IT化が遅れている「建設・不動産管理」業界をテクノロジーの力で変える。 私たちは不動産修繕・管理に特化したITシステム開発・ITコンサルティングのベンチャー企業です。ただのIT会社ではなく、建物メンテナンスの施工実績も10,000件以上あるリアルビジネスの会社でもあります。 不動産管理には電話やFAXなど非効率な業務が多くあります。また多重請負構造がメインというレガシーな業界です。 私たちはそんな不動産管理業界をオープンでクリアな世界に変えようとしています。自社で積み重ねてきた現場ノウハウと、エンジニアチームによるITテクノロジーで新しい仕組みを構築しています。 下記サービスを開発しています。 ○SaaS型建物メンテナンスERP『Qosmos(コスモス)』 Qosmosを使うことで職人手配、工程管理、現地調査、報告を一気通貫で実施することができます。建物に対して入退去・設備の修繕など、建物に関連するあらゆる情報を集約し、分析できるデータベースも兼ねています。

Warum wir das tun

PCと工具が両方ある珍しいオフィス環境です。
明るく開放感のある職場なので、コミュニケーションも活発です!
創業は2011年04月。大手食品メーカーに勤めていた当時28歳だった代表の桐原が創業しました。 とある職人さんとの出会いから、最初に選んだ事業は「給湯器の設置」。そこから退去立会代行、原状回復工事、細かな修繕対応などを経験していきます。 累計で10,000件の施工実績も積んできた中で、業界全体の非効率さにぶつかることが多く、ITテクノロジーの遅れに問題意識が芽生えてきました。 そこから建物に関わる全ての人にとって、フラットでオープンな仕組みを作るべく、エンジニアと共にシステム開発に乗り出す形で成長してきました。 いまもシステム開発チームのすぐ横には、実際に現場に出て管理会社・入居者・職人さんとやり取りをするメンバーがいます。現在も建設業・不動産業ともに免許も所持しており、現場の声がリアルタイムで聞ける環境が整っています。 レガシーな不動産業界をITテクノロジーの力で効率化するために、現場とITがコラボレーションできる体制を取っているのが大きな特長です。

Wie wir's tun

入居中のオフィスも気持ちの良い空間が広がっています。
色々な業界から参画したメンバー同士で相談しながら業務を進行!
創業から9年目でありながらIT会社としては、スタートアップ企業のような会社です。建設業界の出身者に限定しておらず、色々な視点を取り入れています。 社長自身も前職は食品メーカーの営業として働いており、建設業界とはまったく関係ないところにいました。他メンバーも航空会社、情報通信会社、会計事務所、三味線職人(!?)など多様で面白いメンバーが揃っています。 働き方としてはフレックスタイム制度を取っています。11時~16時をコアタイムとして前後は自由な出退勤を認めています。時間にとらわれずプライベートも大事にしながら、楽しく働いてほしいと考えています。 オフィスには、エンジニアメンバーが使うモニターが並び、その横には工具・材料・カタログが並んでいます。元工務店だった名残が感じられる当社ならではの光景でしょう。