This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

これこそが私たちのやりがい!

今回は当日の花嫁様・お母様の間で、

実際にあったお話をさせていただきます。

<とある挙式の日の朝・・・>

ブライド・トゥー・ビーでは、

挙式当日に親御様との挙式リハーサルを行います。

親御様にも、挙式に込められた

大切な意味を知っていただくために、

少し早くご来館いただき挙式の流れだけでなく、

「意味」の部分をしっかりとお伝えしています。

そんなリハーサルでの話ですが、

この日のお母様は口数が少なく

表情もキリッとされているお母様でした。

花嫁様も

「昔はすごく怖かったんです。

 たくさん怒られたし、厳しかった。」

とおっしゃっているほど。

普段であれば、リハーサルを終えると

「今から娘を嫁がせるんだ」

という実感がより強く湧いてきて、お母様の表情が

大きく変わることがほとんどなのですが、

この日のお母様には全く表情の変化が見られず、

担当したプランナーもお母様に

しっかりと意味を伝えられただろうか

と少し不安に思っていたようです。

挙式前になっても

お母様の表情は一貫して凛としたまま。

花婿様・花嫁様がお越しになられるのを

挙式会場前で待っています。

そしていよいよお二人とご対面し

ベールダウンのセレモニーへ。

花嫁様も緊張の面持ちです。

花嫁様とお母様は向かい合い

ベールダウンのセレモニーが執り行われます。

その時、

プランナーはもちろん、

花嫁様ですら

予想していなかったことが起こりました。

ずっと凛とした表情だったお母様が

小さな声で花嫁様の名前を呼ばれました。

「〇〇(花嫁様のお名前)」

「〇〇が生まれてきてくれて本当に良かった。

 これまで、

 〇〇の笑顔にたくさん助けてもらったよ。

 厳しいこともたくさん言ってしまったけど、

 ずっと〇〇に感謝してたよ。

 これからも〇〇の笑顔で

 みんなを笑顔にしてあげてね。

 いってらっしゃい。」

お母様からの思わぬ言葉に

花嫁様もお父様も、

そしてリハーサルを担当させていただいた

プランナーにも涙が浮かびます。

ですがお母様の顔には涙は全くありません。

満面の笑みで

「〇〇泣いてる場合じゃないでしょ。

 しっかりしなさい。

 今からみんなを

 〇〇の笑顔で幸せにするんだから」

とお母様らしい一言。

お母様は、朝の挙式リハーサルで

ベールダウンの意味を知り、

これまでの花嫁様とのことを

思い出して下さっていたようです。

そして大切な花嫁様に

「これまでの感謝をどう伝えようか」

とずっと考えていたとのこと。

お母様の凛とした表情には、

花嫁様へのたくさんの想いが込められていました。

お母様と花嫁様の大切な時間のきっかけを

ブライド・トゥー・ビーメンバーが

作ることができたことをとても幸せに感じます。

<ブライド・トゥー・ビーのこだわり>

これだけ新郎新婦のお二人だけでなく

ご家族やご友人にも向き合うことができるのは

ブライド・トゥー・ビーだからこそだと思います。

目の前にいるお客様に

担当のスタッフだけが向き合うのでなく

全メンバーで向き合えるようにしよう。

そんな想いから、

ブライド・トゥー・ビーでは

挙式も1日に2件までに制限しています。

もっとたくさんの結婚式を

お手伝いしようと思えば

もちろんすることはできます。

ただ、全メンバーで「この1組」

に向き合うことはできなくなってしまいます。

私もブライド・トゥー・ビーに入社して

向き合う時間の長さとお客様の満足は

比例していることを実感しています。

「目の前にいるこのお客様を

 幸せにするために何ができるだろうか」

「どんなことが好きなんだろう」

「こんなことしたら喜んでもらえるんじゃないか」

そんな風にチームの枠を越えて

シェフもパティシエもサービスも

お花屋さんもヘアメイクさんもコンパーノさんも

全メンバーで一体となれる環境。

そんなメンバーと一緒にとことん

目の前にいる人の幸せに向き合うからこそ

見えてくる世界を

あなたも見てみたくありませんか。

サービス業やブライダルの経験が無い方でも

このような想いに共感をしてくださる方は

是非一度話をしてみましょう。

(株)ブライド・トゥー・ビーs Stellenangebote

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen