This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

”BST AWARD 2018”今年最も輝いたBuysellerは誰だ!?全社表彰式が行われました!

創業以来急成長を続けている当社。
2018年12月20日、ヒルトン東京に全社員が集い、盛大に表彰式が行われました!
当日は総勢638名が参加し、会場は大いに賑わいました!
今回初のAWARDを企画・実行した事務局を代表して、統括の谷口 雅紀取締役にお話をお聞きし、舞台裏もご紹介しながら当日の様子をお伝えいたします!

Q.早速ですが、今回このBST AWARDを企画された経緯などお聞かせ頂けますか。

谷口:経営陣にとっても、数年来の悲願の企画でした。過去に何度も表彰式の企画が上がっていた経緯がありましたが、2018年は必ず実行しようという強い意志と、明確な目的をもってプロジェクト化しました。なにより、日々努力を続ける従業員みんなの活躍を共有して、讃えたい!というのが目的です。
バイセルの新しい文化としてチャレンジしたいという想いと、せっかくのAWARDなので、華々しく、全社の勢いと一体感を感じる素晴らしい時間にしたい、という想いで経営会議にて意思決定したことを今でも覚えています。

▲写真手前左から2番目:谷口 雅紀取締役

Q.初めての試みとなるAWARDですが、その準備期間はどれくらいありましたか?

谷口:構想は1年前くらいですかね。具体的な準備はちょうど半年間くらいです。
事務局のグループチャットを見返すと、正式に立ち上げたのは7月9日だったと判明しました笑
なんせ700人近く参加するAWARDですし、初開催だとしても絶対に成功させたい。繊細に大胆に着実に、細部に拘って本気のプロジェクトとして事務局一丸となり臨みました。


Q.準備にあたり印象に残ているエピソードなどあったら教えてください!

谷口:そうですね、思い返したら色々ありますが笑
場所は?時間は?人数は?誰が受賞するの?どうやって決めるの?映像は?音楽は?アワードだけでいいの?コンテンツは?トロフィーは?目録は?服装は?食事は?お酒は?
受付は?案内は?司会は?台本は?指揮系統は?トラブル対応は?等いっぱいだ!と笑
そういったひとつひとつ手探りもあり、事務局メンバーと作り上げていくことができたのは印象に残りますね!

事務局の方々が半年以上かけて、企画構想と準備に尽力されてきたこのAWARDですが、ここからは当日の様子も写真で振り返りながらご紹介してまいります!

会場はこちら!【ヒルトン東京】

今回のAWARDは、表彰式と懇親会を兼ねたイベント【BUYSELL王決定戦】も企画されました!

▽岩田 匡平代表取締役より開会のご挨拶

いよいよ全社員の中から年間通じて最も貢献された社員の表彰です。各部門ごとのMVPとプロジェクトチームが選出され、個人部門7名、団体部門6チームがそれぞれ壇上にて岩田代表取締役より、トロフィーと目録が贈呈されました。

【表彰式・授与式】

まず、全部門の中で活躍を認められたチームと個人の授賞式です!
こちらの部門では、リユース事業部の年間粗利獲得ランキング、2018年達成率総合ランキング、コールセンター事業部の訪問獲得件数ランキング、賛辞率ランキング、そしてリユースマネジメント部のベストサポート賞、と5つの賞が設定されました。ランキングでは成績優秀者ベスト3の発表も合わせて行われました!

■年間粗利獲得ランキング 第1位
横浜センター
▽池田 雄作
[イケダ ユウサク](リユース事業部)
年間を通じて営業成績ランキングTOP3を発表!ランキング第1位の称号を手にされました。

第2位_名古屋センター_安田 純基(ヤスダ ジュンキ)
第3位_大阪第一センター_倉石 凛太郎(クライシ リンタロウ)

■達成率総合ランキング第1位
大阪第一センター
▽代表_平澤 隆
[ヒラサワ タカシ]センター長(リユース事業部)
センター長の熱量・人間性がセンターの数字に比例すると言っても過言ではありません。仲間の為、部の為、会社の為に尽力してきたこの一年、今期のリユース事業部を牽引してきた功績を讃え表彰されました!

第2位_埼玉センター
第3位_大阪第二センター

続きまして、訪問獲得件数ランキングの発表です。今年、25万件のお問い合わせに対応し、17万件もの訪問を確立したコールセンターのオペレーターの中から、より多くのアポイントをいただいた成績上位3名が発表されました!

■訪問獲得件数ランキング第1位
松田 麻里絵[マツダ マリエ](コールセンター事業部)

第2位_宮内 朝香(ミヤウチ アサカ)
第3位_小針 彩夏(コハリ アヤカ)

続いて、今期多くのお客様からご支持の声を頂いた、お客様満足率成績上位3名が発表され、ランキング第1位の表彰が行われました!

■賛辞率ランキング 第1位
奥村 希美[オクムラ ノゾミ](コールセンター事業部)

第2位_百瀬 裕美(モモセ ヒロミ)
第3位_緑川 奈美(ミドリカワ ナミ)

部門賞の最後はリユースマネジメント部より、今期お客様・社内メンバーどちらに対しても絶大なサポートをして頂いた1名が表彰されました!

■ベストサポート賞
山口 輝子[ヤマグチ テルコ](リユースマネジメント部)

続きまして、【マーケティング戦略本部】【商品戦略本部】【販売戦略本部】の3部門から個人とチームMVPの発表です!マーケティング戦略本部は個人指標が多岐に渡ることから、チーム単位でのMVPとして表彰されました。各課、チームが1年間の活動を報告するプレゼン大会を経て、マーケティング戦略本部全社員の投票によりMVPが選出されました!

■マーケティング戦略本部MVP
クリエイティブ課
代表_宋 太賢[ソン テヒョン]副部長(ブランドマネジメント部)

■商品戦略本部MVP
飯田 智昭[イイダ トモアキ](商品2部)
ブランド品の査定で月間の平均査定件数が最も多く、商品の買取りに貢献した功績を評価されMVPとして選出されました!

■販売戦略本部MVP
佐藤 琢水[サトウ タクミ](EC事業部)
ブランド出品チームのリーダーとして、出品数大幅アップを実現した功績を評価されMVPとして選出されました!

ここからは【管理本部/内部監査室】【テクノロジー戦略本部/経営戦略本部】から個人・チームMVPの発表です!

■管理本部/内部監査室MVP
畑野 真希[ハタノ マキ](人事部)
今のバイセルがあるのもこの方の貢献が多大にあるというMVP投票コメントもありました。
誰よりも率先して働く姿勢や、仕事に対する責任感にバイセルの模範社員として感服するメンバーが多く、MVPに選出されました!

続いて【テクノロジー戦略本部/経営戦略本部】のMVP発表です。

■テクノロジー戦略本部/経営戦略本部チームMVP
保守エンハンスグループ
▽代表_瀬尾 祐一郎
[セオ ユウイチロウ](テクノロジー開発部)
各部に寄り添い、日々の業務改善・問い合わせ対応を積み重ね、事業成長に大きく貢献した点を評価され、チームMVPとして選出されました!

続いては、新人賞の発表です!各部署から今年入社した新卒社員で最も活躍した方を推薦。経営会議にて全役員に選考いただきました。業績だけでなく、仕事への姿勢、周りの評価、成長度など様々な観点から選考し、2名を新人賞が選出されました!

■新人賞
▽18新卒_水谷 光憲
[ミズタニ ミツノリ](リユース事業部)
18新卒メンバーの中でNo.1の営業成績を記録し、圧倒的な成果を残しました。また人柄も素晴らしく、周りにも良い影響を与えており、若きリーダー候補としても今後の活躍が期待されます!

■新人賞
▽18新卒_岡澤 晴奈
[オカザワ ハルナ](EC事業部)
入社半年で商品の値付け、仕分けの知識や資格の習得を通じてチームのコアな業務を熟知し、EC事業部過去最高の売り上げに大きく貢献したことが評価されました!

従業員650人以上のバイセルから、本日1名の個人MVPが誕生!

各部門ごとの表彰が終わり、ここからは各部署のMVP社員から、最も会社に貢献したメンバーを経営陣の投票を元に1名が選出されました!
栄えある個人MVPに選ばれたのは、人事部_畑野 真希さんです!!

■【全社個人MVP受賞】
畑野 真希[ハタノマキ](人事部)

そして最後に、社内のプロジェクトチームの授賞式です!
数多くのプロジェクトチームから応募がありました。事務局、経営陣で全ての資料に目を通し、上位3チームがMVP候補としてノミネートされました!

■全社チームノミネート
マーケティング戦略本部 _デジタルメディア課 _アフィリエイトチーム
▽代表_石崎 暁介
[イシザキ キョウスケ]課長(マーケティング戦略本部)
成果報酬型広告のアフィリエイトを運用するアフィリエイトチーム。全社利益の3割にあたる年間利益を生み出しました。また、問い合わせ、粗利、CPAとそれぞれの指標で2位に圧倒的な差をつけ、マーケティング戦略本部だけでなく、全社を牽引する組織として評価されました。

■全社チームノミネート
コールセンター事業部 _ルート班
▽代表_齋藤 弘生
[サイトウ ヒロキ](コールセンター事業部)
リユース、コールセンター両部門の中継役として活躍するルート班。査定員の適切なスケジュール管理、到着時間に合わせたお客様へのフォローによる訪問件数の向上を図り、査定員の負担を減らしつつ、目標の訪問数達成に導いたことが評価されました!

■全社チームノミネート
AXISプロジェクト
▽代表_長谷川 雄一
[ハセガワ ユウイチ]本部長(テクノロジー戦略本部)
在庫・販売管理の可視化・システム化を、テクノロジー戦略本部を始め部署横断で取り組んだプロジェクト。電子契約書化から商品管理のバーコード化など、基幹業務の効率が大きく改善されたことが評価されました!

そして最後に、各賞の中でも最も栄誉ある賞として、全社に貢献したチーム/プロジェクトが決定いたしました!

■【全社チームMVP】
AXIS プロジェクト
▽代表_長谷川 雄一
[ハセガワ ユウイチ]本部長(テクノロジー戦略本部)

第一回BST AWARD全社チームの最優秀チームは、テクノロジー戦略本部【AXISプロジェクト】です!!

おめでとうございます(・´з`・)

"2名からスタート"した、社内システム「AXIS」について、テクノロジー戦略本部長谷川本部長をインタビュー! | 株式会社 BuySell Technologies's Blog
こんにちは。人事部佐藤です。 今回のBUYSELLVOICEはテクノロジー戦略本部、長谷川本部長のインタビューを掲載!先日行われた「AXIS導入打ち上げパーティー」の主催者でもある長谷川さんはプロジェクト責任者として尽力されておりま。「AXIS」プロジェクトが始まった当初、メンバーはわずか2名だったとか!導入の経緯や大変だったこと、今後のビジョンについても直撃インタビューしてきました! ...
https://www.wantedly.com/companies/buysell-technologies/post_articles/144056

こうして、個人受賞・チーム受賞が発表され壇上にてトロフィーと目録を授与されました。会場からは、盛大な拍手と歓声が沸き起こり受賞者の皆さんを讃えました。
皆様、本当におめでとうございます!受賞者コメントも心に響きました(*´ω`*)

【BUYSELL王決定戦】

授賞式の後、クイズ形式で行われた【BUYSELL王決定戦!】の様子です!
バイセルに関わる3択問題を用意し、会場を大きく3つに分けて移動してもらい、最後まで残った1名にBUYSELL王が決定されます(*'ω'*)
▽クイズの様子!

そして、栄えある第一回BUYSELL王に輝いたのは、コールセンター事業部_村田 真由美さんでした!!
おめでとうございます٩( ''ω'' )و

Q.長きに渡り企画されてきたAWARDですが、開催後のご感想を事務局代表としてお聞かせください!

谷口:とにかく全員が集まって、バイセルの規模、エネルギー、成長感、全員で作る文化感、いい意味でのベンチャー感、そういった雰囲気を含めていろんな事を共有できた事がよかったと感じています。
表彰される、称賛される文化を、会社全体として正式にスタートできたのではないでしょうか。
そして何より、受賞者の立派なスピーチを聞いていると感動し、本当に開催してよかったと思いました!
ヒルトン東京の一番大きい会場でも収まりきらなくなりそうな、エネルギー感を共有できたんじゃないかなと思います。

Q.それでは最後に、次回開催への想いをお願いします!

谷口:今年以上に成功を讃え合い、一体感、成長感を感じれる場は絶対に作りたいので、是非、あの場を楽しみにして欲しいです!
まっすぐに壇上を目指し、たとえ表彰されなくても、バイセルの勢いを参加したメンバー全員が確認できる場にしたいです。そして、このAWARDを通じて同期、仲間、お世話になった周りのみんなと、顔を合わせて讃えあえる文化を作っていきたいです!

このBST AWARDでは、既存の社員はもちろんの事、来年新卒で入社する19新卒メンバーも招待されました。更に加速するバイセルで、将来あの壇上に立てるよう、内定者の皆さんも目を輝かせていたことがとても印象的でした。
来年はさらに規模を大きくし、第二回BST AWARDを開催できることを心待ちにしています!

※役職表記は2018年末時点での表記です。

株式会社 BuySell Technologies's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more