This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「女性の未来に希望を創りたい」19卒新入社員インタビュー(藤川編)

みなさんこんにちは!
ネクステージ採用担当です!

新入社員インタビュー第三弾は、藤川美月さんです!

「君のような人に、経営者になってほしい」

――藤川さん、よろしくお願いします!

「よろしくお願いします!」

――では早速インタビューに移ります!藤川さんはどんな学生生活を送っていたんですか?

「2部の夜間の大学に通っていました。学部は商学部で、マーケティングについて勉強していました。」

――就活はどのように進めていったんですか?

「私は、女性が生きやすくて活躍できるような社会を作っていきたいと思っていました。また、美容が好きなので、美容関係に商材を絞った就活をしていました。そんな中、リクナビを見ていたらネクステージに出会いました。その文がすごく魅力的で、興味を持ったんです。」

――どんなことが書いてあったんですか?

「誰もがチャレンジできる『すごい会社』になる、という経営ビジョンが書いてありました。年齢・性別・学齢関係なくチャレンジできるというのが魅力的でしたね。実際に説明会に行ってみると、みなさんエネルギッシュで、笑顔で挨拶してくれたのが印象的でしたね。」

――その説明会から、選考に進むことになったんですね!入社の決め手は何だったんですか?

「一番の決め手は、代表・丹野との最終面接でしたね。私は、『女性が活躍できる社会』を実現したくて、そのために経営者になりたいと考えていたんです。面接でその思いとか、自分の過去を丹野にぶつけて。そうしたら丹野は全て受け止めた上で、『君のような人に、経営者になってほしい』と言ってくれたんです。あの一言で決意が固まりましたね。」

――素敵なお話ですね…!

「やっと本当の仲間になれたな」

――実際に入社してみて、いかがですか?

「10月から内定者研修があったので、やっと本当の仲間になれたな、と感じましたね。あとは、自分の課題が見えてきました。『経営者』というなりたい姿から逆算して見つかった課題を細分化し、取り組んでいきたいと思います。チャレンジしていくことが必要だと感じるので、1個1個の目標を高くしていきたいです。業務+αで努力していって、1年後までには主任になりたいですね。」

――社内の雰囲気はいかがですか?

「いい方しかいないですね。ネクステージには10のコアバリューがあるんですけど、それを体現している方が多いですね。また、朝礼では『ありがとうを伝え合おう』というコアバリューにのっとり、ありがとうカードというものを作成したこともありました。当たり前と思わず、一人ひとりに感謝することを大切にしているなと感じました。」

女性の未来に希望を

――今後の目標について聞かせてください!

「私は、女性の未来に希望を創りたいです。HRCではナイトブラなど、女性の悩みに対し密接に寄り添った商品づくりをしています。私も女性の悩みに密接に寄り添っていき、ゆくゆくは化粧品を作っていきたいです。口紅を塗ってキラキラした気持ちになるような、そんな体験を通じて女性の未来に希望を創っていきたいですね。」

――では最後に、就活生の皆さまにひと言お願いします!

「就活中は、壁にぶつかったり、自信が無くなったりすることがあると思います。でも就活はその会社と合う・合わないっていうだけだと思いますし、自分がダメだから落とされるとかではないと思うんです。自分の信念とか夢をあきらめずに頑張ってほしいです。もし一緒に働くことになったら、私も一緒に希望を創っていきたいし、目標に向かってやりきっていきたいですね。そのために、私もプラスになるような働きが提供できるように頑張ります!」

――ありがとうございました!

ネクステージ株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more