This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」
クライアントの採用成功を支援するオンライン採用代行サービス「CASTER BIZ recruiting」
「労働革命で、人をもっと自由に」をビジョンに、オンラインアシスタントサービス『CASTER BIZ(キャスタービズ)』を始め、リモートワークを中心とした人材事業を幅広く展開​しています。2014年9月に創業以来、導入企業は1,000社を超えるなど、事業は急成長中。全国各地・海外でリモートワークで働くメンバーが約700名活躍しています。 <キャスターが展開している事業> ■秘書・人事・経理・WEBサイト運用など、幅広い業務をトータルサポートするオンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ」:http://cast-er.com/ ■採用のプロフェッショナルチームが、クライアントの採用成功を支援するオンライン採用代行サービス「CASTER BIZ recruiting」:http://recruiting.cast-er.com/ ■データ入力からカスタマーサービスまで必要な業務を必要な分だけアウトソースできる完全カスタマイズサービス「Caster BPO」:https://bpo.cast-er.com/ ■リモートワーカーの派遣サービス「在宅派遣」:https://www.zaitakuhaken.com/biz/ ■SNSを使って、無料で・簡単に募集ができるサービス「bosyu」:https://bosyu.me/ ■アシスタントが現地に赴き業務サポートを行う、オフライン版CASTER BIZ「CasterBiz Visit」:https://visit.cast-er.com *その他のサービスについてはこちら https://caster.co.jp/

Why we do

代表の中川です。働き方に関する講演をすることもあります。
リモートワークを推進する企業として、2017年に表彰されました。
■【あたらしい働き方は誰のもの?】 日本の企業におけるテレワークの導入率は13.9%と、まだまだ発展途上の環境にあります。 キャスターでは、「多様性が尊重され、場所・時間に縛られることなくだれもが同じ選択肢を得られる社会をつくりたい」という想いのもと、オンラインアシスタントサービスを柱に、事業を展開しています。 ■【「リモートワークを当たり前にする」事業モデル】 短時間なら働ける、地方でなら働けるなど条件を抱えた優秀な働き手は社会に数多く存在します。一方で、深刻な人手不足に直面している企業にとって「細切れ」の労働力を活かすには負担が大きい点も課題です。 当社は双方の間をつなぐことによって、企業に良質なリソースを提供しながら働き手の居住地や勤務形態に左右されずに労働に見合った安定的な対価(首都圏基準の賃金)を両立させています。 ■【資金調達完了!事業をドライブさせる仲間を募集中】 2014年より「オンラインアシスタント」の国内先駆けプレイヤーとして着々とプレゼンスを高めてきましたが、2020年1月にディップ株式会社より資金調達を実施し、更に強くアクセルを踏み込むタイミングになりました。今回調達した資金をもとに、さらなる事業拡大に向けたシステム投資・広告投資、新規事業開発を推進し、リモートワーク普及に取り組んで参ります。 ◎リモートワークの浸透を推進するキャスター、ディップ株式会社より資金調達 https://caster.co.jp/2368

How we do

在宅で、クライアントとやり取りしています。
社内の納会の様子です。クラスターというオンラインのツールを用いておこないます。
■【全社でリモートワークを導入】 メンバー全員に出社義務がなく、自宅、コワーキングスペース、旅先など、全てが職場になります。 普段のコミュニケーションは、チャットツール(Slack/ChatWork)やビデオミーティングツール(Zoom/Whereby)などを用いて、すべてオンラインで完結。 また、年に2度の全社納会はVR空間クラスターで開催されます。オンラインでも1つの空間に集まっている一体感を感じることができます! ◎「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」において 特別奨励賞を受賞 https://caster.co.jp/2228 ◎日本三大秘境の椎葉村と連携してワーケーション体験を開催 ~リモートワークを活かして、社会人を中心とした関係人口増加を目指す~ https://caster.co.jp/2219 ■【リモートワークへの不安を解消する取り組み】 リモートワークという「見えない」働き方に対する不安・オンラインで完結する非現実感を解消するために、実際に足を運ぶことができる自社オフィス「キャスタースクエア」の開設を日本各地で進めています。 現在、東京・西都(宮崎県)・宮崎・札幌の4拠点 ■【数字でみるキャスター】 ◎メンバー数:700名以上 ◎メンバー居住地:全国44都道府県・国外15ヵ国 ◎契約形態比率:直接雇用 36%・業務委託 64% ◎男女比率:男性 13%・女性 87% ◎年代比率:20代 27%・30代 52%・40代 20%・50代 1%・60代 1%