This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

原状復帰が出来る賃貸住宅向けのDIYパーツブランド『LABRICO(ラブリコ)』
デザイナーとのコラボレーションブランド『DRAW A LINE(ドローアライン)』
【時代のトレンドに合わせた日用品を世に提案するヒットメーカー】 平安伸銅工業は1952年に大阪で創業した老舗メーカーです。創業当初はアルミサッシの量産を行い、70年代に突っ張り棒をヒットさせることに成功した突っ張り棒のリーディングカンパニーでもあります。 ■ものづくり事業: ユーザーの「私らしい暮らし」作りをサポートする、日用品の企画開発に力を入れています。特に、一過性の流行りは追わず、長く愛される「定番品」を育てることを目指しています。 ・ヒット商品の突っ張り棒・突っ張り棚 https://www.heianshindo.co.jp/tupparibou/ ・壁を傷つけず女性でも手軽に柱や棚を作れる主力DIY商品『LABRICO(ラブリコ)』 https://www.heianshindo.co.jp/labrico/ ・スタイリッシュでデザイン性の高いインテリアグッズ『DRAW A LINE(ドローアライン)』 http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/ ■海外事業: 日本が得意とする「ミニマムな暮らし」が海外でも評価されつつあることを追い風に、都市部が進むアジア地域を中心に、販路を広げています。また、暮らしへの感度の高いヨーロッパでも現地パートナーとの提携や、展示会出店等を進めています。 【‘温故知新‘を体現した企業風土】 創業当時からの受け継いだ「アイディアと技術で暮らしを豊かに」というビジョンを、2018年末に改定。「アイデアと技術で「私らしい暮らし」を世界へ」にバージョンアップさせました。これには、綿々と受け継ぐ歴史を大切にしながら新しい挑戦をし続ける、平安伸銅工業のカルチャーが表れています。 創業から一貫した、アイデアと技術で新しいライフスタイルを創造する姿勢を貫きながらも、その対象を「世界」に広げました。また、市場が成熟し、価値観が多様化する時代だからこそ、ユーザー一人ひとりの「私らしい暮らし」に寄り添う存在であることを明確にしました。 【実績】 ・ 2016年度「グッドデザイン賞」を受賞(LABRICO) ・2017年度「グッドデザイン賞」を受賞(キッチン収納用品 [Spluce スリムポールラック]) ・世界3大デザイン賞の1つ、ドイツ「iFデザイン賞 2018」を受賞(DRAW A LINE) 他、雑誌・TV・情報サイト等の各種メディアで取り上げられています。

Warum wir das tun

3代目竹内は「整理収納アドバイザー」を取得し、自らもつっぱり棒博士として活躍中!
様々なバックグラウンドの社員が意見を出し合う風土です。
【ビジョン】 アイデアと技術で「私らしい暮らし」を世界へ <Let's blossom.> ■私たちが考える「アイデア」・・・未来の定番を生み出す、おもろい発想 ■私たちが考える「技術」・・・守破離の積み重ねで進化する、アイデアを具現化する力 ■私たちが考える「私らしい暮らし」・・・才能が爆発し、一人ひとりが自然体で過ごせる状態 ■私たちが考える「世界」・・・慣れ親しんだ枠を越えた、地域や人、モノとの出会い 【ミッション】 私たちは未来の定番を創ることで、「私らしい暮らし」を世界中に届けます                    【今後はデジタル戦略に注力】 量販店での販売も継続しつつ、オウンドメディアやSNSを用いてお客様との接点を増やすと当時に、自社ECでの直接販売にも力を入れていきます。そして、ユーザーに愛されるブランドを目指します。

Wie wir's tun

2018年入社式!新しい仲間が入社しました!
イベントや新たな試みも随時開催!
平安伸銅は、9つのコアバリューを大切にしています。 1. 自由闊達で行こう 私達は、「自由な場」を創ることで、一人ひとりの才能が生き生きと輝くように努めます。同時に「自由」は「責任」を伴います。そのバランスを保ちながら「自由を謳歌」出来る場を追い求めます。 2. 良心に従おう 自由を活かすためには一人ひとりの高い「倫理観」が必要となります。その行動は「自分の親や子供にみせても恥ずかしくないことですか」。それが平安伸銅の基準です。 3. 一人はみんなの為に、みんなは一つの目的の為に 平安伸銅はチームでスクラムを組んで、より大きな目的を目指します。個性や強みを活かして、チームの中でそれぞれの役割を見つけてもらい、それをきっちり果たすことでチームに貢献してもらいたいと思っています。 4. 「違い」を大切にしよう 違いは強みです。異なるバックボーンを持った人達が集まることで、それぞれの特徴が掛け算となり、創造的なアイデアが生まれます。 5. おもろいアイデアで、未来の定番を創ろう 今までになかった価値の創造で、ユーザーに「こんなんほしかってん!」を感じてもらうことです。すでにあるものや流行を追いかけるのではなく、新しい市場を作りましょう。そして、長く愛される未来の定番を作りましょう。 6. プロフェッショナルになろう 平安伸銅では「守破離」を実践することで、ビジョンに最速で到達したいと思っています。型を「守る」ことからはじまり、次に型を「破り」、最後に型から「離れ」て自在になるという、日本古来の修業における段階を示した考え方です。 7. 喜ばすことを喜びとしよう 平安伸銅が存在する目的は、ユーザーに「私らしい」暮らしを提供することです。そのためには、ユーザーに「共感して」、どうやったら相手を喜ばせれるか、自分たちの家族や恋人を想うように、深く深く考え続けてほしいと思っています。 8. 私らしい暮らしを実践しよう 仕事も暮らしも楽しむことが、生活の質を高めます。毎日に活力が生まれ、結果仕事にも良い影響を与えるものです。自らユーザーとなり、自分らしい暮らしを実践することで、半歩先の価値のヒントを得てほしいと思っています。 9. 世界目線で行こう 前例や因習から開放されて周囲を見渡すと、まだまだ私達が幸せにできる人はたくさんいます。一人ひとりが外の世界に興味を持ち、自分の箱から飛び出すと、きっと、想像もしていなかった世界が待っていると思います。 【コアバリューを体感する施策】 ・社員全員で各拠点オフィスをDIY「みんなでDIY!」 ・内定者がリモートワークに適したデスクを先輩社員の家を舞台にDIYにチャレンジ ・攻める住設メーカー5社合同の新卒社員研修 など 【多様な価値観を認め合い、高めあう】 60代のベテランからインドネシア籍の若手社員、インターン生等多様なバックグランドを持った社員が活躍しています。以前は4名だった女性社員を20名近くに増やし、生活用品を使うメインユーザーの心情を把握すべく、体制強化をしています。 【柔軟な働き方を実現】 ワーフライフバランスも大切にしているため、家庭の事情に合わせて時短勤務や在宅勤務を積極的に導入しています。離れた環境でも円滑にやり取りができるよう、チャットやオンラインミーディングツールを取り入れています。

Page top icon