This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「広告代理店内定者」が挑んだマーケティングインターン体験談

自己紹介

はじめまして。
現在、株式会社ココナラのマーケティンググループでインターンをしている、大学4年の小川光弘と申します。

この記事では、私がなぜココナラでインターンをし、どんな仕事を実際にし、何を学んだのか、どんな学生にオススメか、について伝えたいと思います。

インターンを始めたきっかけ

就職活動の結果、2019年の4月から総合広告代理店で働くことが決まり、何か将来役に立ちそうなことを今学んでおきたいと思い、インターン先を探し始めました。

私が働く予定の広告代理店はTVなどのマス広告が多めで、デジタルに詳しい人材が少ないと聞いていました。そこで、Webマーケティングの知識を少しでも持っている人材は重宝されると思い、就職前にWebマーケティングの知識や経験が得られそうなインターン先を探していました。そんな中で、Wantedlyでたまたまココナラのマーケインターン募集の記事を見つけ、話を聞きに行きました。

実際に話を聞いてみると、顧客に「出品者」と「購入者」の2種類があるだけでなく、幅広い商材も扱うCtoCだからこそのマーケティングの難しさを知りました。そして、この会社ならどこよりも濃いWebマーケティングの知識と経験が得られると感じました。そこで、すぐにココナラで働くことを決めました。

仕事内容

ココナラでは、マーケティンググループ 集客チームにてデータの集計や広告の運用などを担当しています。インターンを始めた直後は、単純作業などが中心でした。その後、その作業ができるようになると、自分のやりたいことをきっちり相談すれば、やらせてもらえる環境です。

私自身、データの集計作業の仕事を依頼されたとき、地味でつまらない仕事だと思い、心が折れそうになりました。しかし、依頼された仕事をしっかりとこなし、webマーケティングの知識を得るために広告運用をしてみたいと上長に相談したら、リスティング広告の運用を任せてもらえるようになりました。

実際の広告運用では、上長の指示に従い、運用するのではなく、自分で考えて、運用し、必要な時にアドバイスをもらうという形でした。いくらで入札し、どのくらいの期間でパフォーマンスのチェックをし、入札の調整をするかや、どのようなキーワードを追加するかなどを全て自分で考えて、運用をしていました。

特に、なぜこのキーワードの入札を調整するのか、なぜこの価格で入札するのかなど常に自問することを意識して運用をしていました。また、上長もただほったらかしにするのではなく、フィードバックを求めれば、適切なアドバイスをくれました。

インターンを通じて得られた2つのこと

ココナラで働いてみて、得られた経験としては2つあります。

ひとつめは、常に自分の頭で考える癖がつきました。ココナラでは、社員一人一人の意見を大切にする雰囲気があり、自分がどうしたいのか、どうすべきだと思うのかを考えるようになりました。

最初は、振られるタスクについて細かな指示があり、その通りにこなすだけでしたが、慣れてくると、そのような指示は減り、どのようなアウトプットが一番見やすくわかりやすいのかを自分で考えることが求められました。そのような環境で働くことで、常に自分の頭で考えて、アウトプットを出す癖が身につきました。

ふたつめは、他では得られないWebマーケティング、特にリスティング広告の知識・経験を得ることができました。リスティング広告の運用をする中で、基本的な単語の意味から管理画面の見かた、運用の知識を学ぶことができました。

また、はじめは一つのカテゴリの運用にのみ任されていたのですが、慣れてくると他のカテゴリの運用にも関わるようになりました。ココナラではカテゴリにより商材・ユーザーの特性が全く異なるため、様々なカテゴリの運用に関わる中で、どんな商材・ユーザーにも対応できるような知識を身に付けることができました。

どんな大学生にオススメ?

マーケティングに興味があり、実務を通じてマーケティングを学んでみたい学生には特にオススメです。教科書などで学ぶマーケティングとは違い、実際の業務でのマーケティングでは泥臭く、地味な部分が多いです。しかし、そのような部分も根気強くこなせる学生には大きな成長が得られると思います。

また、言われたことをやるだけでなく、自分のやりたいことを見つけ、それを主張できる学生には、最適な環境だと思います。

この記事を読んでもしココナラに興味を持ったらぜひご応募ください!

Webマーケティングインターン
成長真っ只中の生きた数字を用いてマーケティングのプロへ!長期インターン募集
『一人ひとりが自分のストーリーを生きていく世の中をつくる』 わたしたちはこのビジョンのもと、インターネット上で個人の知識・スキル・経験を売り買いできるマーケットプレイスである「ココナラ」を運営しています。 2012年7月のローンチ以来順調に成長し、ユーザー数は100万人に達し、累積の取引件数も300万件を超えるなど、知識・スキル・経験を売買できる国内最大級のマーケットプレイスに成長しています。デロイトトーマツによる2017年度日本テクノロジーFast50(3年間の収益成長率)では、第1位(1,252%)を受賞するなど、急成長しています。 これから弊社は、新機能開発だけでなく、既存の枠にとらわれない新たな事業を立ち上げていきながら、「相談事なら“ココナラ”だね」と日本中で言ってもらえる総合相談プラットフォーム構築を実現していきます。 直近の動きとしては、より多くの方にココナラを知っていただくことを目的として2年ぶりにTVCMを放送したり、これまで個人対個人(CtoC)だった取引を法人利用へも拡大(CtoB)させていくためのチャレンジなどをしています。 ▼ 弊社が運営するサイト みんなの得意を売り買い、スキルのフリマ「ココナラ」 https://coconala.com/ 弁護士とオンライン法律相談ができる「ココナラ法律相談」 https://legal.coconala.com/ 売れれば趣味も仕事になる「ココナラハンドメイド」 https://handmade.coconala.com/ ▼急成長「スキルのフリマ」が社会にもたらす価値とは https://yomoyamablog.coconala.co.jp/entry/2018/10/24 ▼ "相談"がお金に変わる、無形のシェアリングビジネス「coconala」が描く未来 http://news.mynavi.jp/articles/2015/11/24/coconala/
株式会社ココナラ
株式会社ココナラs Stellenangebote
Anonymous
Anonymous

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.

Page top icon