成長まっしぐらだったスタートアップから新たな挑戦を選んだ理由

はじめまして。2019年8月に入社した佐藤 (taisa) です。入社して約1ヶ月が経とうとしているので入社エントリを書こうと思います。タイトルにある通り自分はほかのスタートアップからテックタッチへ転職しました。前職も素晴らしい会社でしたが、テックタッチは自分にとってはそれ以上に素晴らしい会社であり、色々考えた末に転職を決意しました。ここではその何が素晴らしいと思ったかを簡単にお伝えできたらと思います。

※ 冒頭の写真は全社イベントで屋形船に乗ったときの写真です。

どんなことをしてきたのか

大学卒業後、大手SIerで主に官公庁向けのシステム開発をしたり納品の為に日本全国を回ったりしていました。その後Web業界のベンチャー企業へ転職をし自社サービスの開発・運用・サービスの立ち上げなどに専念しました。そしてゆくゆくはスタートアップへという思いがあった中、縁があって立ち上げ間もないスタートアップにジョインしました。そこではまだまだクライアントが少ない中で事業の立ち上げに専念し、有り難いことにメンバーや事業内容にも恵まれたのもあり、事業が軌道に乗り出すところまで進むことができました。その中で「わくわくヒリヒリ」やシステム開発における「いい意味での成長痛」など、スタートアップならではの経験を本当に実感しながら得ることができました。これらすべてが今の自分にとってはとても大事な経験となっています。

どんなことをしているのか

テックタッチに入社してからは、現行で走っている新機能追加プロジェクトのタスクをこなしながら、別の新機能プロジェクトの開始準備をしています。入社して間もなくてもプロジェクトを任せてもらえるところがテックタッチの魅力の一つです。それだけでなくメンバー全員が自分のやりたいことをやれる、周りに援護をしてもらえる環境がテックタッチにはあります。

なぜテックタッチを選んだのか

素晴らしいメンバー

全員が様々な分野で経験をしてきてエッジが立ったメンバーが揃っています。それでいて全員が変にぶつかることなくやるべきことはやり、楽しむときは楽しむということが自然とできるメンバーです。皆がお互いに影響し合いつつプロダクトを信じて突き進んでいます。

テクノロジーに対する理解と挑戦

創業間もないスタートアップでありながら既に技術スタックが先を見据えた構成になっています。またその時々で最短距離と思えるスピードで思考を繰り返しながら挑戦し続けています。これはエンジニアにとってはとても魅力のある環境の一つだと思っています。スクラップ&ビルドのようにスクラッチで立ち上げたり、積み上げ積み上げで気づいたらバグ取りと保守に時間をさいていたといった、エンジニアにとってストレスフルな状況に陥ることはよくあるケースだと思いますが、そうならないよう最大限ケアしつつプロダクトが成長しています。

プロダクトの魅力

当然技術だけでなくプロダクト自体にも魅力があり市場的にもやりがいのある状況です。BtoB,SaaSとしてこれからエンドユーザーに使ってもらえたら絶対いいだろうと思えるプロダクトをつくっています。また1年後はこうなっているだろうとかこうなっていて欲しいということが割と想像できて、自分達が着実に行動していけばしっかり実現できるだろうと思えています。

自分が考えるテックタッチの魅力

テックタッチメンバーの投稿を見ると自分と同じような内容を書いている人が多いように思います。それはテックタッチが創業当初からチームやメンバーを大切にするという文化を大事にしているからだと思います。テックタッチの雰囲気は以下の投稿を見てもらうとよりよく分かると思います。


最後に

簡単ですが、テックタッチへ転職した理由を書いてみました。まだ入社1ヶ月なので気づけていない悪い点もあるかもしれません。ただそれを踏まえても自身の成長、事業の成長、会社作り含め、今しか経験できないことが沢山あると思います。また今後事業が成長するにあたりヒリヒリすることが出てくると思いますが、ここに書いたような理由からそんな時でもモチベーションを維持しつつやっていける環境だと思っています。というのが今の心境です。

※下の写真は屋形船を降りた直後の一枚です。こんな陽気なおっさん達もいます。少しでも気になった方がいればお気軽にコンタクトしてもらえればと思います。

テックタッチ株式会社s Stellenangebote
10 Likes
10 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.