サーバーエンジニアに聞いた、THIRDだからこそできるチャレンジとは?

サーバーエンジニアに聞いた、THIRDだからこそできるチャレンジとは

こんにちは。THIRD採用担当の川村です。

今回は弊社のサーバーサイドエンジニアをなさっている宮守さんにインタビューしました。

エンジニア部門の特徴やTHIRDで働く面白さについて伺いました。

Q エンジニアになったきっかけを教えてください。

 元々はクレーンを運転するような仕事をしていました。そのときにやっていたゲームで友人と集まれるサーバーを作りたいと考え、中古でPCを買ってそれにCentOSをインストールしてやってみたことがこの仕事を始めるきっかけです。

Q 身近なことがきっかけだったのですね。その後のご経歴を教えて頂けますか?

 その後勉強してLPICのlevel1の資格を取り、システム系の会社に就職しました。そこでインフラの知識を付け、その後教育関係のベンチャーに転職しました。そこではエンジニアが僕1人だったので、iOSアプリをAPI側含め1人で開発し、WEBアプリケーションもデザイン以外は自分1人で開発しました。そして、かねてから独立志向があったため2017年に独立し、現在THIRDのCEOを務める井上さんにお声がけいただいて今に至ります。

Q THIRDでの現在の業務内容について教えてください。

 管理ロイドのAPI(Laravel)、ダッシュボード(Vue.js)の作成、AWSを使ったインフラ構築を行っています。あとは少しだけ採用を手伝わさせてもらったりもしています。



Q ありがとうございます。宮守さんが仕事で大事にしていることは何ですか?

 この仕事に限ったことではないのですが、要件を満たしつつ、非機能要件もできるだけカバーしたシステムを、最短で提供出来るよう心がけています。初期のサービスにおいてはスピードが大事だと思っています。

Q スピードと確実性ですね。どんなときに仕事のやりがいを感じますか?

 やっぱりお客さんに感謝されたときですね。頑張って良かったと思います。

Q 誰でもできる仕事ではないからこそ、エンジニアは本当に心から感謝される仕事だと思います。THIRDのエンジニア部門の特徴を教えてください。

 それぞれがプロフェッショナルで独立し寄りかかること無く、連携しあいながら上手く動いていると思います。

Q THIRDのエンジニアだからこそできるチャレンジはありますか?

 THIRDは新しい仕組みやフレームワーク、言語を提案するとちゃんと受け入れてくれる会社です。まだ仕組みが整っていない今だからこそ出来るチャレンジだと思います。

Q 最後に、どんな人と一緒に働きたいですか?

 プロフェッショナルな人、もしくは向上心が溢れている人ですね。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

THIRDは常に変化している会社です。

成長途中のステージだからこそ、凝り固まった縛りがなく、やりたいと思ったことを提案したらどんどん実現できる会社です。

少しでも興味を持って頂けた方は是非一度弊社にいらしてみませんか?

株式会社THIRDs Stellenangebote
Anonymous
Anonymous

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.

Page top icon