This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

私が3ヶ月以上Wantedlyを更新できなかった理由

さて、アシスタントの伴ちゃん(新卒2年目)との交換日記企画ですが、とうとう6月10日で途絶えてしまっていました。

↓ これですね。私の写真はともかく、めちゃくちゃいい記事なので、個人SNSではコメント付きで拡散したのですが、Wantedlyが携帯から記事作成できないのでPC開けるのめんどくさかった、というのが正直な理由です。

https://www.wantedly.com/companies/company_806602/post_articles/172781

さて、それでは、なぜそんなに面倒だったかを振り返ってみたいと思います。

採用できたから油断した

大きな理由は、5月最終週に1人入社してもらえたからだと思います。そして、4月に入社してもらったインターンとアルバイトが即戦力化して、びっくりするくらい仕事が楽になったので、安心して、外に新たに仕事を狩りに行ってしまったんですね。残念ながら、ルーツが農耕民族じゃなく狩猟民族なのかもしれませんね。

では6月・7月採用活動もせずに何をしていたのか

学生さんとは結構会ってはいたのですが熱量が低かったことを反省しています。ひょんなことから、20代前半の起業家たちが集まるイベントに誘ってもらって、みなさんのレベルの高さに感心したり、教わりたいことがあったので別で時間をもらってお話しさせてもらったりはしていたんですが、採用活動という面では自己評価は20点くらいです。かなり前に人事考課をされる立場ではなくなりましたが、もし今人事面談をされることがあれば謝罪しようと思うレベルです。

いろんなことをしすぎてカレンダーを見ながらでしか思い出せないのですが、確かに伴ちゃんが書いているように入管にはよく行っています。

神宮球場にヤクルト・広島戦見に行ったり、ディズニーシー行ったり、山形行ったりしてますね。ディズニーシー以外は、仕事かプライベートかよくわかんないです。

これは山形の滝です。

大阪で社員の結婚式にも出ました。社内結婚がびっくりするくらい多いです。

そんなプライベートの話なんて興味ない

ですよね。

ちゃんと仕事の話をすると、人が足りてきたので、さらに海外事業を拡大しようと、日本国内では留学生などを積極的に面接して採用しながらミャンマーに行ってました。さすがに1日で80人の面接は大変でしたが、楽しかったです。

同時進行でM&Aや業務提携の検討も進めていたりもしました。M&A案件は、月4件は検討しており、デューデリもだいたい一人で財務・経理・税務・法務・労務・事業計画・算定までレポート上げちゃいます。もちろん、レポート作成前にブレイクさせるものが多いですが、いろんな会社のことを調べるのは趣味でもあるので、あまり苦ではないです。(ただし、クロージング時期が重なっていれば相当苦痛です。)

大きな案件ではないですが、事業提携を1件まとめました。

あと、特に保育や介護において、より働きやすい環境を作ったり、新しいサービスを検討するためにテクノロジーを絡ませた実証実験を進めています。6・7月で6件を同時進行させており、現在5件が進行中です。保育が342ヵ所、介護が24ヶ所と多いので実証実験をする施設が重複することはないですが、ちょっとやりすぎ気味なので本部に相当がんばってもらっています。実証実験するかの検討時には私も打合せに参加し、現場がやりたいとなったら進める、という方法を取っているのですが、積極的に取り組んでもらえるのでとてもありがたいです。

そして、介護の社長としては業界団体の年1回の総会に出たり、同業他社の方たちと新しい介護食の検討もしました。

介護食になる前のお肉ですね。おいしかった。この時の投稿を見られたのか、リーダー陣へ「我堂は毎日肉食べたりしていろんな人と会ってる」と褒められてるんだかディスられてるんだかわからない紹介をされました。そんなにしょっちゅうお肉は食べていません。もう若くないので和食が好きです。このお肉は高齢者でも胃もたれしないお肉です。

そんなことをしていたら

自分がグループの管理部門を統括していることを忘れがちで、保育の上場子会社と当社の本決算の発表と株主総会関係の仕事が6~8月でラッシュなことに気付かず過ごしてしまい、管理部長から、毎日、「我堂さん、これ明日校了です。」という連絡をもらいまくってしまう、という大惨事に。

そして、伴ちゃんからは「IRミーティングのセットしたんでGoogleカレンダーに入れてます」。

!!!

地獄の校了ラッシュとIRミーティングラッシュとともに、仕掛けてしまった業務提携やら実証実験やらビザ申請やらが重なってしまい、すごいことになってしまったのでした。

救いは、伴ちゃんのアシスタント能力が段違いに上がり、書類作成やアポイントセット、私のスケジュール管理までをかなり突っ込んでやってくれるので、「今日私どうしたらいいんやっけ?」と聞けるようになったことです。そのうち生活の世話もしてほしい。笑

伴ちゃんが、

「一緒に仕事をしている」という感覚をきちんともって仕事ができる環境です。
我堂さんは、
働き方や年齢など形式的なところにはあまり強くこだわらず、
様々な人を巻き込んで一緒に仕事をする力がすごくある方です。

とキレイに書いてくれましたが、単純に、気を許すと社歴・年齢関係なく甘えまくるだけということがそろそろバレる頃ではないかと毎日怯えています。

ということで、まだまだ最低5人は採用したいので、ちゃんと更新します。

ライク株式会社s Stellenangebote
2 Likes
2 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.