This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

VIPABC Interview:成果型の英語研修~HRが知るべき高コスパの研修選定法~By Joe

こんにちは、人事部の多田です。

弊社スタッフのインタビュー第1弾をお届けしたいと思います!今回は弊社語学コーディネータが所属しているBD部の中に存在する法人営業部隊より、Joeさん(本名・素顔非公開)にオンライン英会話vipabcの法人導入の魅力をインタビューしてみました!ご覧ください!

まずは、Joeさんの今までのご経歴を簡単にお聞かせください!

Joe:子供の頃から格闘技やアメリカのプロレス団体が好きで自然と英語に興味を持ち、学生時代に1年間アメリカに留学していました。その留学経験をかわれて、日系商社の海外事業部で働いていました。

多田:では英語を使ってバリバリお仕事されてたんですね。

Joe: 所詮は学生の留学ですから、仕事で通用するには程遠い英会話レベルだったのでとても苦労しました。会社が提携していたスクールではなかなか英会話力が伸びなかったので途中でお断りして、自分で試行錯誤しながら必死で勉強したんですよ。

多田:へぇぇ!例えばどんな?

Joe:会社が雇っていた外国人通訳と友達になって…正しい英語を話す外国人と仲良くなりたかったんです。留学時に若者同士のフランクな言い回しを身につけてしまっていたので、相手に失礼の無い表現を習得しようとしていました。他にも、アメリカ人のキャリアウーマンとお付き合いして、ビジネスシーンでの表現について細かく注意してもらったり…。

多田:英語目的で女性と交際してたってことですか!?

Joe:まさか!もちろんちゃんと好きでしたよ(笑)

多田:でも選んでたんですよね?

Joe:選んでましたねぇぇ(笑)僕は下地があったから、いくらネイティブでも教え方が下手な人やビジネス経験の無い人から教わると遠回りになることを知ってたんです。僕は近道したかった。だから外国人の友達から「英語を教えてあげる」と言われても断って…

多田:え?親切で言ってくれてるのに?僕だったら乗りますけど。気心知れてるし(笑)

Joe:なあなあのレッスンなんて意味ないですよ(笑)まあ、そこまでやったから英語力は順調に伸びていって、成長ぶりに驚いた周りから相談されることが多くなりました。社内でも噂になって最後は人事部の方まで聞き取り調査に来られました。それがある時、人選する必要がないオンライン英会話が日本に上陸したぞ!って友達が教えてくれたんです。衝撃を受けましたね。僕が必死に…彼女まで選んでやってきたことが(笑)出来ちゃうオンライン英会話があるなんて!って。講師全員がTESOLを持っていてその中からAIが最高のマッチングをしてくれる、なんて凄いだ!って心がときめいて…「spark joy」でvipabcに入社したんです。すみません、長くなっちゃいました!

多田:流行のこんまりさんですね~!

Joe:さすが知ってますね!

(過去の話に力説をするjoeさん※顔出しNGだそうです。)

法人様がvipabcを導入するとどんなメリットがあるんですか?

Joe:費用対効果ですね。よくありがちなのは、経費削減で格安オンラインを採用したけど学習効果が見られない、スパルタ教室を採用したけど業務と調整が出来ない。僕も出張が多くて通えなかったクチです。vipabcのゴールはレッスンを売ることではなく、受講者様の英会話力を伸ばすことなんです。ゴールが同じだからこそ、TESOLを習得した講師しか雇わないし、レッスンのクオリティを追求する。学習モチベーションを維持するためサポート体制も整ってる。他のオンライン英会話とは違って、必ず「人」が介在するんです。操作方法がわからなくても電話で丁寧に教えるし、通信トラブルが起きてもすぐにスタッフが対応します。英会話力を伸ばすための環境は全て提供します。あとは学習時間の確保さえしていただければ成果は必ず出ます!


※TESOL=英語が母国語ではない人に英語を教える国際的な教授法。


多田:おお!

Joe:さらに評価が高いのは22分野もある教材です。各分野の中で12段階のレベル(下記画像参照)に細分化されているため、合計で約20万通りの教材が揃っています。当たり前ですけど、人によって興味・関心のあるものが違う。受講者が分野を自由に選べるから、学習が楽しくて継続が出来る。もちろん任意の分野に加えて指定分野をプラスするカスタマイズもできます。


多田:会社や部署単位でのパッケージではないって事ですね。

Joe:はい。とある海外の会社と取引のあるIT企業を例に挙げると、大多数を占めるエンジニアは「科学・テクノロジー」「人口知能(AI・bigdata)」の分野を、法務部は「政治・法律」、管理層や営業部は「人間関係」「日常生活」を選ぶ傾向が高かった。管理層・営業部は電話会議や海外出張が多く、よりナチュラルなコミュニケーションの習得を望んでいる背景があるからだと思います。

企業が研修を導入する際は、課題が違うからこそ生まれる多角的な要望が挙がります。vipabcはそれに応えられるんです。

多田:これまでの英会話とは違うと?

Joe:まったく違います。人事部の方も施策に対しての成果って求められますよね?

多田:はい。予算を通すのは大変ですし、かけた予算に対しての成果がチームや僕自身の評価にも繋がります。

Joe:そうですよね。各所の要望全てに応えようとすると、通学式でも招聘型でも目玉が飛び出る金額になるはずです。その点オンラインで確実にコストは低く、他社に真似できないほど質の高い教育を柔軟にカスタマイズできるのはvipabcだけです。


逆に、導入時の不安要素とかってあるんですか?

Joe:就業時間内に社内での受講を想定されている場合ですが、企業によってセキュリティのためネットワークや端末に制限が設けられていることがあります。弊社はHPからレッスン教室に入るのですが、動画で映し出すホワイトボード(教材)が閲覧できないことがあります。また、会議室の通信速度を下げて執務室優先にされている場合などは、遅延が起こることがあります。

多田:そういう場合、解決することって出来るんですか?

Joe: 例えば別回線を利用する又は学習専用端末だけセキュリティを外す、などいくつかの方法があります。その際はIT部門の方と調整をお願いしています。

多田:なるほど!でも受講って会議室じゃないとダメなんですか?

Joe:レッスンに集中するためにも会議室をオススメしております。雑音が入ると講師が正しく指導できないこともありますし、何より、周りに人がいる中でレッスンするのは恥ずかしいですよね。小声でボソボソ話しても正しい発音は身に付きませんし。

多田:確かに!みんな聞き耳立てちゃいますね。

Joe:羞恥心を捨てて集中できる環境ってとても大事です。もちろん通信環境さえ整っていれば自宅や出張先、渡航先にも対応できるので、その人の働き方に合せられます。

(Joeさん仕事風景※顔出しNG)


導入する際の価格帯とかって教えていただけるんですか?

Joe:事前に受講期間や人数、学習の頻度、現在抱えてらっしゃる課題は企業によって違いますから、詳しく伺った上で、ベストな提案とお見積りをご用意します。基本的にはボリュームディスカウントの考え方で、カスタマイズ費用は無料です。

多田単純に一人いくらじゃないんですね?

Joe:はい。弊社はポイント制のレッスンですが、入退職や異動などでポイントが無駄にならないようするカスタマイズもあります。そのためヒアリングを重視しています。

多田:入退職はどうしても発生するのでHRとしては気になるところですね。事前に準備しておくことはありますか?

Joe:各所からあがる要望と課題を収集・整理していただけると、カスタマイズ案が組み立てやすくなりますね。

多田:なるほど!

最後に、法人様に向けてvipabcの伝えたいことがあればぜひ!

Joe: 英語研修は様々な形があります。特定のやり取りにフォーカスした研修なのか、自分の意思が反映された会話を目的とした研修なのか。業界や職種にもよると思いますが、もし新しい英会話研修を探されているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。ヒアリングの結果、弊社ではなく他社様をオススメすることもあります(笑)

多田:これを読んだHRの皆さん、少しでも気になったらお問い合わせください!


以上がインタビュー内容です。最終的にはサービスの宣伝のようになってしまいましたが、、(笑)

いずれにしても、グローバル化が進む世の中において最も大事で最も習得が難しいスキルが”語学”だと思います。どんなにググってもエクセル関数みたいにすぐに実行できないです。

2021年以降、大学入試において難関大学を中心にライティングだけではなく、スピーキングを導入する。などの動きがあるようですが、今後はより一層英語の質を求められる時代に突入していきます。グローバリズムに乗り遅れると求められる業務にたいして幅が狭まってしまうことが今以上に増えていくことが予想されます。

オリンピックイヤーも近まったこのタイミングでぜひvipabcを使って英語の強い組織づくりを進めていただければと思います!!

(やっぱり宣伝記事のようになってしまいましたね、、、笑)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊社VIPABCは日本上陸3年弱のまだまだ発展途上の 会社です。本社のバックアップのもと全海外拠点の中で 最も盛り上がった拠点となることを目指して 今日も全員全力疾走で営業を行っています!こんな弊社にご興味がある方、ぜひ一緒に 働いてみませんか??お待ちしています!

VIPABC株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more