This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

首都プノンペンの様子
スピアンロイ株式会社は、「全人類が食糧・医療・教育を得られる社会を金融面から創る」をミッションに、プノンペンでAIを活用したマイクロファイナンスのアプリ事業を行うスタートアップです! 4カ国15名のメンバーがスピード感を持って日々成長しています。 これまでに1億円の資金調達をし、6万ダウンロード、累計14万ドルのローンを提供しました。(2019年7月末時点) ◆弊社で働いて得られること ・途上国での勤務経験 ・現地人向けのサービスの経験 ・当たり前のように英語で仕事をする経験 ・アジアをはじめとした新興国のビジネスアイデア、社会問題解決スキル ・ローカル人材をマネジメントする経験 ・スピード感のある成長 ・自由な文化で挑戦したいことを全力でやり抜く経験 今後海外で活躍したい、スタートアップで働きたい、英語を使って仕事をしたい、将来日本に帰国しても海外と関わりたいといった方にオススメです!

Warum wir das tun

市内中心部のスラムの様子
カンボジアでは100以上の商業銀行やマイクロファイナンス機関がありますが、人口の4、5割はお金を借りることができないと言われています。主な原因として、借入希望額が小さすぎる、提出する公的書類が揃えられない、あるいは土地担保がないなどです。一方でマーケットの課題として、返済能力を測る審査ノウハウが未発達で、融資審査が土地担保の有無に依存していることが挙げられます。 金融サービスを受けられないことが原因で事業拡大や教育、医療へのアクセスを諦めてほしくない、そんな想いから、本事業を始めることにしました。

Wie wir's tun

アプリのイメージ
上記のマーケットの課題を解決するために、書類や土地担保を不要とした小口融資のアプリを開発しました。スマートフォンにあるデータを機械学習によってクレジットスコア化し、それぞれに合ったローンを提供します。マイクロビジネス事業者や、交通事故や突然の病気になったときの緊急性資金を必要とするカンボジア人が対象です。 同国の金融業界をより良くするため、チーム全員で突き進んでいます!