This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営
オンラインエージェントサービスやFintech事業など、様々な事業領域を手掛けています
日本最大級のクラウドソーシングサービス 、『クラウドワークス』を中心に、様々な働き方に合わせたサービスを展開しております。 『クラウドソーシングサービス』とは、インターネット上で、誰もが自由に仕事を受注・発注することができるサービスのことです。 この時間と場所にとらわれることのない 「新しい働き方」の拡大を通じて、 次なる社会の創造に携わっています。また、「世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」というビジョンの下、様々なサービスを展開しています。 ▼個人と企業がつながる、新しいカタチのプラットフォーム『クラウドワークス』 https://crowdworks.jp/ ▼フリーランスのエンジニア・デザイナー向けキャリアサポートサービス『クラウドテック』 https://crowdtech.jp/ ▼好きなジャンルを選んで、個人レッスンを受講できるプライベートコーチサービス『サイタ』 https://cyta.jp/ ▼ハイレベルな業務アシスタントが起業のビジネスをサポート『ビズアシスタントオンライン』 https://bizasst.co.jp/ ▼”経営課題を抱える企業”と”課題解決の専門家”とのマッチングサービス『ブレーンパートナー』 https://brainptr.co.jp/ ▼Webクリエイター専門の週3日からのリモート・お仕事案件紹介サービス『3スタ』 https://sanprostyle.com/ ▼誰でも使える請求代行サービス『フィークル』 https://feecle.works/ ▼新しい働き方に関する情報を発信『パラレルジャーナル』 http://www.p-journal.jp/ ▼ITエンジニア・デザイナー向けメディア『kuguru(クグル)』 https://kuguru.jp/

Warum wir das tun

国からワークスタイル革新賞を受賞。「働き方革命」に期待をいただいています。
創業5周年を記念して行われた、クラウドワークス感謝祭の様子
我々はミッションとして、『“働く”を通して、人々に笑顔を』と掲げています。 “働く”ことの意味が急激に変化しています。「仕事は収入を得るためのもの、生活は消費するだけのもの」という時代は終わりを告げました。仕事・生活の両面において、モノ・サービスの流通がネットにより活性化し個人が収入を得られる手段は多様化してきました。 そんな変化の中では、金銭的な報酬だけではなく、共感や感謝といった感情の報酬も大切になってきたのではないかと考えます。一つの「ありがとう」が笑顔を生み、人生の転機をもたらすこともある。クラウドワークスを通して、他者にどんな笑顔を提供できるか、私たちはそのことだけを追求していきます。 また、我々はビジョンとして『働き方革命』を掲げています。 私たちのイノベーションの指標は、「インターネットを通して個人に届けた報酬額」です。私たちはこの指標で、世界最大を目指します。売上や利益は、そのイノベーションの結果にしかすぎません。私たちが目指すのは、仕事・生活、サービス・モノの垣根なくあらゆる領域と方法でインターネットを通して、個人が報酬を得る機会を最大化していくことです。そして、届けたいのは、金銭的な報酬だけではなく感情の報酬も。他者からの共感や感謝が取引される、新しいインフラづくりこそが私たちの挑戦です。

Wie wir's tun

クラウドワークスには様々なバックグランドの人たちが集まっています。大手企業や外資系企業出身の者や、全く違う業界出身者も多く在籍しています。また、子育てをしながら働く者もいれば、家から働く人もおり、様々なライフスタイルに合わせて働いているものも多数です。 ※どんな社員が働いているか、Wantedly内で記事をUPしているので、是非ともご一読下さい! https://www.wantedly.com/companies/crowdworks2/post_articles/139932 https://www.wantedly.com/companies/crowdworks2/post_articles/129176 https://www.wantedly.com/companies/crowdworks2/post_articles/114004 https://www.wantedly.com/companies/crowdworks2/post_articles/141208

Page top icon