This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

101%の改善

ダイレクト出版の社員に向けて書いたレターを転載しています。

................................................................................................................

To: ダイレクト出版のみんなへ
From: 小川忠洋


「感動プロデューサー」の平野秀典さんによれば、感動するサービスを提供する人・会社は、普通のことを素晴らしく実行するのだそうだ。

我々はつねに、改善、改善を繰り返していかなければいけない。
それこそが顧客に感動を与えると思うだろう。

しかし、老舗といわれるような料理店では、「変わらない」ことが大切になってくるという。でも実は、「変わらない」ように見えるのは外側からだけで、お客さんには見えないような内側では、常に味の改善を行っているそうだ。そうじゃなければ、お客さんが離れていってしまう。

これを平野さんは「101%の改善」と呼んでいる。


今やっていることを必死になって、ドラスティックに変化させることもできる。
しかし、それは一時的にはできても、長続きはしない。
それよりも、今やっていることを1%ずつ改善していく。これなら誰でもできるし、継続しやすい。

仕事で成果を上げるためには、“一発屋”では意味がない。
一発だけスゴイ成果を出しても、長い目で見れば、あなたの人生にはあんまりインパクトはない。


成果を上げるためには、継続力が必要だ。
長い目で見て、長期的に成果を出し続けなければいけないのだ。

それに必要なのは、無理はせず、一気に結果を求めず、目の前のことを1%ずつ、より良くしていくしかない。


思うに、エクセレント・カンパニーへの道は、地味で退屈な道なのかもしれない。
当たり前のことをちょっとでも良く実行しようとすることの 繰り返しにすぎないのかもしれない。

それは、個人の人生についても同じかもね。

1 Likes
1 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.