This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

判断・意思決定の基準

ダイレクト出版の社員に向けて書いたレターを転載しています。

................................................................................................................

To: ダイレクト出版のみんなへ
From: 小川忠洋


仕事をしてれば、日常のあらゆるところで、「判断」が求められ「意思決定」をする必要がある。
ってか、その繰り返しが仕事である。

事実を基に判断する
ベーシックスにもあるが、これをみんなもっと意識していかないと、やっているようで、できてないって事が多々ある。

じゃあ、そもそも論として事実ってのは何かって言うと、2つある。

  1. 一つは定性的情報
  2. 一つは定量的情報

定性的情報で一番よくあるのが「お客さんがAと言った」
まぁ、その人がAと言ったのは事実だから、これは間違いない。

一方、定量的情報ってのは何かって言うと、データだ。
上の例にかぶせていくと、Aと言ったお客さんが何人いる。
定量的情報、つまりデータである。

しかし、情報にはやっぱり良し悪しってのがある。
ここで出した情報は、どちらも事実だが、情報の質としては、低く、判断の基準にあまりならない。

判断をするには必ず、「比較対象」が必要だ。
人間は、ものごとを何かと比較しない限りは、その価値や中身を理解できない。


例えば、Aというお客さんが5人いた。
でも、
お客さん10万人のうち、Aというお客さんが5人いた。
お客さん10人のうち、Aというお客さんが5人いた。
では、全く意味が変わるよね?

情報や事実は、それ単体ではなかなか意味をなさず、コンテキスト(背景情報など)によって、意味が全く変わってしまう。
前者だったら、10万人のうち5人なので、言ってみれば、「ノイズ」のような情報。
ところが後者では10人のうち5人なので、貴重な「シグナル」となる情報。

%で言えば
50%の人がAと言ってるのと
0.005%の人がAと言ってるという違いになる。
そうすると情報の重みが違う。

こういう風に定性的情報と定量的情報データを両方見ないと、
「お客さんが、こう言ってるから対応しないと!」
「何人が言ってるんだ?」
「一人です」
というように反射的に、すべての情報に対応することになる。

そう。それは、考えて判断しているのでなく、「反射」しているにすぎない。

で、Aという人が50%いるなら、それに対策をしないといけないわけだが、この場合も、いくつくかの対策を考えて、比較検討して、その中から一つを選択して実行する、という風にやっていかないといけない。


どうしても人間、最初に思いついたものを別案(オルタナティブ)を考えずに実行してしまいがちである。これも、反射みたいなもんだ(笑)

論理的に判断するとは?

ちょっと長くなってしまったので、この話は次回にしたいと思う。

今日はとにかく定性的情報と定量的情報、データで判断するということを意識してほしい。

1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more