This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「働く時間、場所、休みは自分で決める会社」のリアル育児生活

こんにちは、コーポレートチームの中根です!

世の中には正社員、パート、フリーランス、起業など様々な働き方が増えてきていて、特に女性はライフステージに合わせて柔軟な働き方をしたいですよね!

ダイヤモンドメディアはホラクラシー、ティール型組織というようなネットワーク型の経営スタイルをとっていて、働く時間、場所、休みは自分で決めています。

今日はそんなダイヤモンドメディアで正社員として働く「子育てママ」がどんな1日を送っているのかを書いてみたいと思います。


家族構成

家族構成は私、夫、娘(1歳8ヶ月)です。

出産後、1年間の育休取得後(少し仕事してたけど)、2017年4月から本格的に復帰しました。


1日のスケジュール

5:00 - 7:30 起床&自由時間

朝はけっこう早め。前日寝かしつけで一緒に寝落ちしてしまうことが多い(笑)。
朝の静寂の中で仕事したり本読んだりしているこの時間は結構お気に入りです。


7:30 子ども起床&朝ごはん

子どもが起きたらテレビを見せている間にガガっと朝食準備。(Eテレ最高!)
ご飯の後、食洗機、洗濯機回す。
ゴミ出しは夫の担当。

よし! いざ出勤!

家が駅から遠いので3人一緒に車で保育園までいきます。


8:50 保育園登園

私は保育園へ子どもを送りに行きます。
夫は駅前に借りている駐車場に車を停めてそれぞれ出勤です。


10:00 - 16:30 仕事(だいたい週4会社、週1自宅)

顔を突き合わせて話をしたほうが早いので会社に行くほうが好きですが、週1は自宅で仕事しています。通勤時間に往復2時間かけるのもったいない。疲れるしね(笑)。

だったら朝から集中して仕事して子どもを2時間早くお迎えに行って一緒に過ごす時間が持てたら幸せかなと。

「責任を果たした上で自分の裁量で仕事ができればOK」という環境です。

ちなみに、全社的にコミュニケーションがチャットツールで行われており、仕事でよく使用する会計ソフトなど社内ツールもすべてクラウドのものにしているので、仕事をするのに場所を選びません。

ITツール超大事!!!!!!!!!!!!!


17:30 子どものお迎え 


18:00 帰宅 夕飯準備

この時間帯が会社の中が一番活発に動いているかも? なので、料理しながらSlackやチャットワークの返信したりもします。

ほとんどプライベートと仕事という垣根が意識の中にないので友達にLINEのメッセージを返信するような感覚です。


18:40 - 20:00 夕食・お風呂

1日の中で一番子どもと触れ合える時間。一緒に遊んだり本読んだりテレビみたり。リラックスタイム。


20:30 - 寝かしつけ

子どもが寝てくれたら、、、そのときによって、寝落ちしたり、起きたり。


子どもを産んでから給料が下がったのか?

気になる給料についても少し触れておきましょうね。

さっそく結論から言いますが(笑)

復帰後のほうが給料上がりました!!!!!!!!!


一般的には短縮した時間分の賃金を減額されることが多いようですよね。
企業によっては、時短勤務に関しては一律の割合をカットすると決まっているところもあるようです。

ダイヤモンドメディアでは、給料を決めるときには

・その人個人の市場価値
・チームへの貢献度
・ビジネスモデルや会社の仕組みへの貢献度

というような軸を指針として話し合いをします。

たとえ勤務時間が少なくても「どれだけのバリューを出すことができるのか?」という観点でみているので、私の場合は給料UPということになりました。(これからもがんばります!)


まとめ

仕事は大好きなので子どもが産まれる前は時間を気にせず仕事していたのですが、子育て期間中ってなかなかそうはいかないですよね。
子どもはとっても愛しくて可愛いけどエネルギーの塊みたいにパワフル。。
しかもうちは今、イヤイヤ期なのでなにかとイヤだイヤだ言ってるし(笑)
家に帰ってもせわしなく日々が過ぎていくので、いかに家事も仕事も「効率化」出来るかが楽しく毎日を過ごすコツかなと考えています。

ダイヤモンドメディアの良いところの一つは、結婚・妊娠・出産などをはじめとする一人ひとりのライフステージの変化にかなり寛容なところ。
自分で考えて「こうしていきたい!」と発信していけば、それがどんどん形になっていくのも面白いと思います。

ただ、変化を楽しめる人には面白い会社である一方、ゆっくり決められた業務と向き合いたい人には少し働きにくい環境かもしれないと思います。
組織も事業もどんどん進化していくので、とにかく流れが早い! 1年前とはガラッといろいろ変わっていることもあるので、向き・不向きはあるかもしれませんね。

ダイヤモンドメディア株式会社s Stellenangebote
19 Likes
19 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen