This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

「創業以来初のデザイナー採用」で入社して半年が経ちました

こんにちは。デザイナーの大村です。最近は本格的に寒くなってきましたね。

私は今年の5月末頃、「感動するほど気持ちのいいUI/UXをデザインするメインデザイナー募集」という募集を読んでダイヤモンドメディアに入社しました。入社してもうすぐ半年になります。

デザイナーとリモートワークの親和性

デザイナーは手を動かす事と同じくらい、「どのように解決するか」「どのように表現するか」を考えることが多いと思います。
つまり、考え抜いてナンボ。単純に「良いものを作る=時間がかかる」と思っています。

私は一児の母な事もあり、転職前はワーク・ライフ・バランス的にはどうにも就業時間がネックになってしまい、どうすれば全力で仕事に向き合えるのか、いつも悩んでいました。

今までは、納得のいくアウトプットをする為に子供が寝てから考える時間を作ったり、通勤時間を早めにしたり、キャッチアップ出来るように社内チャットをいつも追ったり…と勤務時間外で頑張ることが多かったように思います。
一つ一つは小さなことでも、積み重なって私生活を圧迫しそれが結構重荷になっていました。

そんなときダイヤモンドメディアの募集を読んで、リモートワークで何処でも働ける環境が実際に機能しているというところに惹かれ応募しました。

半年働いてみて思ったこと

入社して半年が経った今の感想は、働いていて本当に「楽しい!」です。

良くも悪くも自分の中に「勤務時間外」という概念がなくなり、自分が一番集中できる時間や場所を選んで仕事できているのを実感します。

例えば、「今日は雨が凄いからなんか電車が動いてない。で、足場が悪い中一時間かけて出社して疲れて頭回んない。一日眠いわ。」みたいな時ありませんか?

家でリモートワークをすれば、単純に通勤往復の2時間分を実務に使えます
連続して業務に集中することで生産性も上がります!
(オマケにその分早く仕事が終わったら早めに保育園に子供を迎えに行ってあげる事もできる。仕事も家庭も円満ってこういう事だなーと思います。)

リモートワーク中は主に手持ちのタスクをこなしているのですが、相談することも多いのでSlackで常にやり取りをしています。(1日音信不通だと無断欠勤扱いですw)
ミーティングがあったりもしますが、WEB会議で参加できます。

ただし、仕事と私生活の切り替えが上手にできない人は、切り上げ時が分からなくなって仕事しっぱなしになっちゃったりもするかもしれません。そこは大人として個人に委ねられるのですが、みんな良い人なので良い意味でお互いの状況を気にかけあいながら仕事をしています。

会社初のデザイナー採用なのでデザイナーはひとり

事業を推進するチームの構成としてはWEB制作を担うチームと新規事業2チーム、計3チームに分かれており、新規事業ではBtoBのプロダクトを開発運用しています。
私は新規事業の方のデザイナーをしています。

これが最近リリースしたLPです↓

https://smart-satei.biz/

https://www.ownerbox.jp/

「創業して以来、デザイナーを雇ったことがなかったから、どう絡んでいいのかわかんないんだよね」
と入社時にいろんな方に言われました。
しかし雇ったことがなくても絡んだことはあるらしく(外注とか、元はデザインもやってたとか・・・)、全然初めましてではない印象でした。
よくよく聞いてみると一緒に(同じ部屋で)働いた事がないという意味だったみたいです。

ある人には「デザイナー1人って不安じゃなかったの?」と聞かれたのですが、不安なんてどこに行ってもいつか生まれるので考えていなかったというのが正直なところ。
最近はデザイナーと協業するのが逆に不安に思えていたのでいっそ1人の方が都合良かったりもしました。

個人的には、デザイナー同士が集まるとどうしてもどこか見栄を張り合ったり、制作プロセスで張り合ったり(張り合って伸ばしていけば良いじゃないという考えもあるのですが・・・)してしまうので、エンジニアさんと協業してUXの事を念頭におき、実装のことを想像しながらデザインを考える方がサービスの為になると思っています。
とはいえ、ほとんどの場合、お客様からのクレームは「見える部分」。

頑張ります。頑張りましょう。

また、取締役の岡村さんの図らいで社外の優秀なデザイナーさんとランチさせてもらったり、1on1してもらったりしてそこそこ繋がりも作れているので、デザイナーとしての孤立感は全然ないです。

これからどうしていこうかな

昨今デザイナー(だけじゃない?)はあらゆるスキルを求められていると思います。

・事業を理解出来ている
・サービスを理解出来ている
・グラフィックが作れる
・IAの事分かってる
・UIの構成が作れる
・機能的なところも完全に把握している
・上記を踏まえてマークアップが出来る
・デザインについてプレゼンができる

全部ひっくるめてデザイン思考でUXに貢献する職種なんだと思っています。
加味しなければならない事柄がちょっと多すぎるのでどこまで出来るか分からないのですが、私はずっとプレイヤーでありたい、ユーザーのためになるものを作りたいですね。

実際手を動かせた方が話は早いのかと思っているのですが・・・一緒に頑張ってくれる誰かいいフロントエンドのエンジニアさんがきてくれると良いなーと思っています。

ダイヤモンドメディア株式会社s Stellenangebote
13 Likes
13 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.