This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

とにかくゲームが好きなメンバーで、どんどんアイディアをだしながら仕事をしています。アイディア出しはオフィスのある五反田エリアを散策しながら!
毎年開催されている東京ゲームショウにはブースを出店しています。一般の方がいないビジネスデーでは他社の最新ゲームを体験、自社のゲームに生かしています!
私たちDigital monkey(略称:デジモン)はゲームコンテンツの再生事業をおこなっています。 ■セカンダリ スマートフォンが普及し「ゲーム」は、今や誰もがいつでも気軽に楽しめるコンテンツへと変化しました。 しかしその分流行の移り変わりが激しく、たくさんのユーザーさんが楽しんでくれているにもかかわらず、社内のリソース不足によりクローズせざるを得ないゲームが多数存在するようになりました。 我々はそんなゲーム達の運営権や著作権を獲得し再生していく、通称《セカンダリ事業》をおこなっています。 ■今後の展開 エンターテイメントの本質は「人を楽しませる」こと。私達は、そんなエンタメの可能性を誰よりも信じています。 エンタメの力をもってすれば、社会問題すら解決できる。 そのためにはゲームにとどまらずさまざまな事業へと展開していく必要があると考えています。

Warum wir das tun

月に1度のイベントは大盛り上がり!みんなで遊んで気分をリフレッシュしています。!
仕事中は片手にスマホ、常にゲーム!遊ぶことが最大の勉強です。
我々のミッションは「みんなの笑顔を創造する」こと。 ソーシャルゲームやブラウザゲームの制作には、数億〜数十億のコストがかかります。 しかしゲームタイトルが毎日のようにリリースされる近年では、その多くが多額の費用をかけても資金不足により消えていくのです。 消えていくゲームの中には 「コアファンが残っているゲーム」 「効率よく運用することで、今よりもっとユーザーさんが楽しめるゲーム」 が埋もれており、ユーザーさんはもちろん運営側をも悲しませる現状があります。 私達は、そんな現状を変えたいのです。 少しでも長く楽しんでもらえ、作り手の思いも引き継いでいきたい。 そして、ユーザーさんの笑顔もクリエーターの笑顔も創造していきます。

Wie wir's tun

未経験でもまずは挑戦!教え合う環境があります。
ミーティングでも和気あいあい!いつでも遊び心を忘れません。
■目指すサービス 「世界を感動させるコンテンツを創る」 我々は、日本のみならず全世界70億人を感動させるコンテンツづくりを目指しています。そのためには、質の高いコンテンツを提供していかなければなりません。 分業制や他社への業務委託が多い中、私達はワンストップでのサービス提供をすることでそれを実現しています。社内にデザイナー・プランナー・エンジニアなど全ての分野のプロフェッショナルを自社に揃え、デジモンらしいサービスを提供しています。 ■目指すチーム 「クリエーターが成長し続けるプラットフォーム」 全員がプロフェッショナルとなるためには、クリエーターの成長も必須です。魅力的なコンテンツを生み出すには、クリエーター自身が魅力的でなければならないと考えています。 そのためにもクリエーター同士で切磋琢磨し、成長し続けられる環境・成長を実感できる環境を目指しています。

Page top icon