This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

渋谷徒歩10分の新しいオフィスです
上場企業との業務提携ITエンジニア育成プロジェクト「Itter」
【ITを中核とした多角的サービス展開】 株式会社エイトは、渋谷区道玄坂にあるIT会社です。 メンバーは約90名、その約7割がエンジニアで構成されているエンジニア中心の会社となっており、様々なプロジェクトに携わっており、今期16期目の会社です。 ITを利用した様々な事業を展開し、多角的なソリューションサービスを行っております。代表取締役の森田もエンジニア出身です。 私達は現在、自社サービス「ENGER」を開発しております。これはHR Tech業界で人材と企業を独自のアルゴリズムで結び付け、新たな理論を創ったプラットフォームサービスです。「HR×FORECAST」と言われる分野で、このビジネスを加速させ、これから伸びる分野で新たなサービスを作り上げ、様々な業種に特化したメディアの企画・運営・開発を行っております。 ▶自社プラットフォームの開発と運用  ・ENGERマーケティング企画・立案  ・ITエンジニアマッチング業務  ・広告企画・運用 ▶独自AIアルゴリズムの開発 ・人間が感覚的に行ってきた作業のシステム化やノウハウの蓄積・分析を通して、人と社会の課題を解決するために挑戦をし続けています。 ▶システムエンジニアリングサービス ・エンジニアと企業の人材マーケティング、マッチング ・Eコマース、メディアマーケティング

Why we do

自社プラットフォーム「ENGER」
本社もフリーアドレスです。
【個々が輝く社会を創り出す】 IT人材不足が深刻化する一方で、ITやインターネット関連サービスの規模は当然のように今以上の拡大が見込まれます。経済成長のカギであるIT業界を支える担い手が減少してしまうのは、社会問題でもあり、私達は「超高齢化・人口減少社会における持続可能な都市・地域の形成」及び「地域産業の成長・雇用の維持創出」の2つの施策テーマに対し、人材と企業のAIプラットフォーム創りの事業を行います。 プラットフォームはアプリケーションを動作させる環境のことであり、主体となるシステムのベースとなる部分です。重要なのはAIをどう活用するか?です。AIを扱う技術は高度ですが、技術力いらずの”民主化”も進んでいます。しかし、どんなに技術が民主化してもデータは必要です。今後はよりデータ自体の重要性がクローズアップされていき、どれだけ競争力のあるデータを収集・保持・活用しているかが論点となると考えます。 当社は15年近くの実績、データーを活用し、AIプラットフォームを開発していき様々な業種での人と企業のミスマッチを無くし人材と企業をマッチングするプラットフォームから衣(Eコマース)、食(カフェ、コワーキングスペース)、住(空き家、Iotスマートホーム)を絡めた多角的サービスを展開し、時間や場所に捉われず一人ひとりが輝く社会を創り出すという経営理念の基、健全な企業活動を通じて社会に貢献していくことが私たちの使命であると考えています。

How we do

フリースアドレスのお洒落なオフィスです
お洒落なMTGスペース
【 自社プラットフォーム開発 】 ●社員・メンバー メンバーの平均年齢は29歳。20代・30代のメンバーが中心です。全体の男女比率は6:4の割合です。 雇用形態も正社員を始め、パート・アルバイト、業務委託、フリーランスなど様々であり社員それぞれに合った働き方を促進しています。 ●エンジニアについて 現在90名体制(常駐:65名、フリーランス、インターン他:15名)で行なっております。 パートナーなども含め200人以上が稼働しております。 現行サービス(ITエンジニア フリーランス インフルエンサー、自社マッチングサービス)、新規プロジェクト、システム開発、AI機械学習、SystemEngineeringServiceの業務をそれぞれが担当しています。より良い実装を目指しエンジニア同士で定期的に技術・知見の交流やディスカッションを行っています。 ●コミュニケーション 対面でのミーティングはもちろん、オンラインでのミーティングも盛んに行っています。 ツールも活用し、時間を有効活用し在宅作業や、自由に意見を交換できる場を提供することで業務がスムーズに進んでいます。 ●働き方 時短、リモートワーク、業務委託などライフスタイルにあわせた働き方を柔軟に取り入れています。時間と場所の制限に縛られることなく、効率的に働ける環境作りを目指しています ●スキル獲得の支援 毎週の勉強会、食事会などイベントスペースを用意し、補助や新しいスキル、知識の獲得を支援します。書籍やセミナーの参加、ツールの利用など、必要な費用を負担します。