This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

What we do

私たちは、家具のサブスクリプションサービス「airRoom」を運営しています。 ➤サービスURL;http://air-room.jp/ 2018年8月にサービスをローンチ。 お客様にとっては「高い家具を購入する必要がなく、少ない費用で新生活を始めることが出来る」というメリットがあり、参画家具メーカーにとっては「在庫になりがちな高価格・高品質な家具を収益化できる」というメリットがあります。 その革新性が評判を得て日本経済新聞、TechCrunchをはじめとし、キー局番組にも大きく取り上げて頂いています。おかげ様で多くのお客様にもご利用頂き、首都圏を中心に始めたサービスも、全国展開に向けた展開を進めています。 ➤メディア掲載実績(一部抜粋) 【日本経済新聞】 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36405580S8A011C1000000/ 【Forbes】 https://forbesjapan.com/articles/detail/28650 【TechCrunch】 https://jp.techcrunch.com/2019/07/24/airroom-fund-raising/

Why we do

日テレ「スッキリ」で取り上げていただきました!
日テレ「スッキリ」で取り上げていただきました!
「お金が無くて、できなかった」「お金が無くて、諦めた」ということが、 その程度の差はあれど、誰しも経験したことがあるのでは無いでしょうか? 「お金が無くても、人が正しく評価される世界」 「資産の大小に拘らず、選択肢が多く広がる世界」 私たちは、そういった世界を実現します。 この結果、 【VISION】 テクノロジーで世界中の人々のライフスタイルを、より良いものに 【MISSION】 一人一人が、体験できる選択肢を広げ、幸せの最大化を実現する を掲げ、その第一弾として、あらゆる方が等しく体験する住空間領域である インテリアのサブスクリプション型シェアリングサービス「airRoom」をリリースいたしました。 airRoomによって、誰しもがお金をかけずに理想のライフスタイルを実現できます。 また、重たい家具の所有から解放され、より快適な生活を楽しむことができます。 わたしたちのビジネスモデルは、家具ブランド・お客様・Elaly、すべてのステークホルダーの利益が循環しています。このプラットフォームをさらに大きくしていくことで、住環境のインフラとして社会に定着させたいと本気で考えています。

How we do

地方から都市部への移転や、転職に伴う引越しなどにより、新たに家具を購入する為の出費に悩む人は多く存在します。 その一方で既存の家具業界においては、一部の大手メーカーをのぞき、その殆どが中小企業で、この10年間で50%以上が廃業をしている事実があります。 そこで私たちは中小家具メーカーが抱える「高品質・高価格帯」の有休在庫を、 個人ユーザーが1カ月単位でレンタルできるサブスクリプションサービスを提供し、この両面の課題を解決しています。 まずは家具業界におけるサブスクリプションサービスを確立した後には、 家電業界へとその領域を拡大。最終的には「モノのNetflix」としてお客様のライフスタイル全てにおける提案をして行きたいと考えています。