This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

【スピンオフ】インターン生が社長の家に泊まってみた。

お久しぶりです、

インターン生としてお世話になった、

中内誉登(なかうちたかと)です。


まず始めに、泊めて下さった社員の方々、

ネタにさせていただき、ありがとうございました。


お陰様でFeed急上昇ランキング3位を獲得しました!(笑)

それでは、本題へ行きたいと思います。


~史上初?短期インターン生が社長のお宅でお泊り会!with高野さん~

(前回の記事)にも書いたように、社長の中川さんの家に泊まってきました。

思ったこと。

やっぱりこの会社に決めてよかったな。

金曜日にお泊りということで、まずは社員さん二名と共に中川さん行きつけの焼肉屋に連れて行っていただき、“いつもの”コース(かっこいい。)を注文。


出てくる肉はいろんな部位の名前を教えていただきましたが、正直忘れてしまいました。(笑)


ひっじょーにアツアツの美味しいお肉を食べながらアツい話を聞けました。

どういう部署に行きたいのか。や、先輩社員の方々のスタイルの違いなど。

入ってからの夢がどんどん膨らみます。


(下世話な話ももちろんしましたが)楽しい時間はすぐに過ぎ、

ついに高野さんと社長の家にお邪魔することに!


家の前に到着すると、目前にそびえ立つ高層マンション。

そうです、タワーマンションです。(かっこいい。)


家の中へ入ると、しっかりとファミリーの家でした。

あと、タワマンって思っているより広いんだ、と最初に感じました。



※写真NGのため高野画



奥様とお子さんが関西へ帰っているとのことで、泊めさせていただきました。

帰ってくるとお香を焚き、三人でつまみを食べつつ語らいました。(エモい。)

自分がインターンで思ったことなどもぶつけさせていただきました。

競合の話や、振り返りの話など…


しかし、中川さんはもっと前を向いていました。

テクノロジーで社会に大きなインパクトを与える!!

この大きい目標に対して何をしていくべきか、を考えつつも

まずは目の前のことに全力を注ぐ。

そりゃあもう「僕たちも頑張ります!」と言ってしまいますよね(笑)


たった1ヶ月しか参加できなかったですが、

誰よりも濃密な1ヶ月だったと自負しております。


こんなに社員の方々と身近に接することが出来る環境。

社長と話し合える環境。

がむしゃらに頑張れる環境。

だけど楽しく働きやすい環境。

そんな環境がエビリーにはあると思っています。


就活生の方々へのメッセージで締めようと思います。

やりたいことや将来の夢、もちろん大事だと思います。

ただ、それ以上に誰とどんな風に働いていくか、これがもっと大事だと僕は思っています。


質疑応答の時間では相手がどんな考え方をしているのか、どんな働き方をしているのか、これを知れるように質問すべきだと思いますし、可能であれば会社訪問してみるべきだと思います。


それでは、読んでくださった皆様、東京滞在に関わってくださった皆様。

本当にありがとうございました。

株式会社エビリーs Stellenangebote

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.