This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

エンジニアがフィックスターズについて知りたかったこと【Fixstars Open House vol.1】

今回、6月26日に行われた【Fixstars Open House vol.1】について書きたいと思います。(真面目に)

どういったイベントかというと、「事業内容や学習環境にフォーカスしたカジュアルなミートアップ」です。

フィックスターズも定期的に会社説明会を実施させてもらっているのですが、それとは趣向を変えてみました。

■ エンジニアが知りたかったこと

そもそも、なぜ【Fixstars Open House vol.1】が開催されることになったかというと、

エンジニアが知りたい情報を会社説明会では網羅できていなかったからです。

現在の会社説明会では・会社紹介(概要)・事業内容(概要)・職場環境(概要)・質疑応答(ぱらぱら)をお話させていただいています。

会社説明会ではフィックスターズってどんな会社?かを知ってもらうために実施していたので広く浅くお話をさせていただいていました。


しかし、会社説明会でのアンケートでの「もっと知りたいことはなんですか?」という質問では、「職場環境」「もっと具体的な仕事内容」「キャリアイメージ」と働くイメージをつけるための項目が不足していました。


そもそも、表題にある「エンジニアが知りたかったこと」とは「会社選びで最も重視すること」があたるのではないでしょうか。

結果として(会社説明会に参加された方の)重視することは「仕事内容」がダントツで多く、次点に「社風や職場の雰囲気」と回答されています。

この結果から分かる通り、「もっと知りたいこと」と「最も重視」 することが近いことが分かります。

そんなニーズに応えて、フィックスターズを知ってもらおう!ということで、【Fixstars Open House vol.1】を開催することになりました。ニーズに応えるために、コンテンツを練りに練って実施しました。そんなコンテンツをお話する前に、、、映えな軽食とお酒をご覧いただきたいです!自慢したい



ラインナップは、お寿司・ピザ・ハンバーガー・サラダ・ポテト・ソーセージ・ピンチョス、、、、、お酒はいろんな国のビール、チューハイ、サワー、、ソフトドリンク、、、などなどをご用意させていただきました。(ちなみに写真は1卓分(5人)です!)

そんな軽食とお酒を食べ呑みながら聞いていただいたコンテンツは、全部で4つ!

「メモリ事業部」「Autonomous Technologies」「ソリューション事業部」の各事業部の内容と「社内大学体験」を実施させていただきました。

それぞれのコンテンツについて簡単にお話します。


まずはメモリ事業部の吉田さんのターン!

内容としては「マルチコアCPU搭載専用SoCを使用したSSD開発における当事業部の役割 」と「製品開発自体を高速化していくための当事業部の取り組み 」についてお話をいただきました。

ちょいちょいといらすとやさんを使ったスライドで笑いを取られていました(羽生くんのくだりですとか)

フィックスターズでのメモリ事業部の歴史から、具体的な業務内容、職場環境などなど、楽しく面白くお話いただきました。


次のターンはAutonomous Technologiesの近村さん!

フィックスターズの執行役員です!

内容としては「自動運転社会の実現に向けてFixstars Autonomous Technologiesが取り組んでいる技術領域 (コンピュータによる高速な認知と判断) 」についてお話いただきました。

フィックスターズの自動運転に特化した合弁会社のため、自動運転の市場やATのミッションを熱く語っていただきました。

また、事例を含んだ実際のフィックスターズの取り組み等も分かりやすく(COOが見守る?中)ギリギリまでお話いただきました。



次のターンはソリューション事業部の孫さんです!

今のところ、フィックスターズ唯一の外国籍の管理職です!

内容としては「通常のSWサービス(高速化, アルゴリズム開発など)における一般的なワークフロー 」と「ソリューション事業部における今ホットな技術、今後ホットになりそうな技術 」についてお話いただきました。

フィックスターズの実際のチーム編成やGitLabを使ったワークフローの標準化と技術に敏感な当社が注目する技術やインターンで扱うテーマなどをお話いただきました。


そして最後は、リードエンジニアの吉藤さんです!

フィックスターズの社内大学でも講師として登壇されています。

今回は「OpenCLによるヘテロジニアス高速化」についてご教授いただきました。

ライブコーディングを通して、OpenCLの入門編を実施していただきました。

アンケートでは登壇者の情熱を感じたと回答されるような熱い授業をしていただき、フィックスターズの技術力の高さを発揮いただきました。


以上が今回練りに練ったコンテンツになります。

今回初めてのイベントということで、こんな試みにもチャレンジしてみました!

それは「Sli.do」です!https://www.sli.do/

「sli.do」はスマホやPCからリアルタイムに質問を投稿できるWebサービスです。

今回はSli.doをプロジェクターで写し、質問をもらって回答させていただきました。

真面目な質問から、的確なツッコミまで気軽に投稿いただきより一層楽しい会になったかなと思っています。

今回初めての試みでニーズに応えるために【Fixstars Open House vol.1】を開催させていただき、アンケートでは「改めてフィックスターズの技術の高さを感じることができた!」など嬉しいお声をたくさん頂くことができました。そんなフィックスターズでは、中途メンバーはもちろん新卒・インターンを大募集中です!

この記事を読んで少しでも興味を持って下さった方、もっとこんなことが知りたい!と思った方は

お気軽にメッセージをいただければと思います。皆様からのご連絡お待ちしております!

株式会社フィックスターズs Stellenangebote

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen