This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

テーマ投資
おまかせ投資
FOLIOは、2015年12月に創業したオンライン証券会社です。 国内株を取り扱う独立系証券会社としては、10年ぶりの新規参入企業であることに加えて、2018年1月時点で、累計91億円の資金調達をしたことでも大きな注目を集めました。 私たちが提供するサービスには、大きく分けて2つあります。 1つは、「テーマ投資」。同サービスは、いわゆる’株式投資’とは大きく異なり、ユーザーは「銘柄(企業)」にではなく「テーマ」に投資します。プロが選定したテーマは80種類以上に及び「ドローン」「eスポーツ」「ガールズトレンド」「人工知能」といった多様なテーマがズラリと並びます。 もう1つのサービスは、2018年11月にリリースした「おまかせ投資」。 プロフェッショナルな資産運用をすべて自動でおこなえるサービスです。ノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」をベースにしたアルゴリズムで運用します。 アクティブに投資を楽しめる「テーマ投資」に加えて、完全におまかせでパッシブ(インデックス)投資を行える同サービスのリリースにより、FOLIOではアクティブ投資とパッシブ投資をシームレスにつなぎ合わせた“トータルアセットマネジメント”を実現しました。 また、2018年1月のLINE社との業務提携により、日本に約8000万人(2019年12月期第1四半期決算説明会LINE株式会社参照)のアクティブユーザーを持つ「LINE」という巨大なプラットフォームで、フォリオが提供するサービスが利用できるようになりました(「LINEスマート投資」)。

Warum wir das tun

「投資」の重要性が叫ばれながら、「投資って難しそう」「怖い」というイメージにより多くの日本人の重い腰があがらないなか、何とか、この状況を変えられないか?と考えを巡らせた結果生まれたのが、「好奇心を刺激されるテーマ」と「最先端のテクノロジー」が掛け合わされたサービス「フォリオ」です。 誰にとっても使いやすく、理解しやすく、さらに心踊るような気持ちで、遊ぶように取り組めるお金の運用の場所。そんな金融プラットフォームをすべての日本人のために創る。 FOLIOは、テクノロジーの力と好奇心を推進力に、まったく新しい「資産運用」の提案をしています。

Wie wir's tun

オフィスのエントランス
2018年9月に実施したリブランディング研修の様子
金融の中でも特に規制の厳しい証券業界では、UI/UXの優れたサービスを開発することは非常にチャレンジングな試みです。 このチャレンジに熱意を燃やし、現在FOLIOには、金融、エンジニア、デザイナー、マーケティング、コンプライアンス、ライター、ビジネスなど、さまざまなバックグラウンドを持つプロフェッショナルが集まり、ついに100人を超えました(2019年6月現在)。 それゆえ、独自のカルチャーが醸成されており、例えば、エンジニアによる技術やマネジメントの勉強会や、金融のプロによる金融商品に関する勉強会など、部署を超えた社内向けの勉強会も開かれています。 また、同好会の活動も盛んにおこなわれており、このように自身の専門領域外のメンバーと業務内外でフラットにコミュニケーションを取ることができることも、FOLIOの魅力のひとつだと考えます。

Page top icon