This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

自分とfreee

freee 株式会社に入る前

26歳からエンジニアとして働き始めました。同時に、東京で根をおろし生活をはじめました。当初は開発についてわからず、独学と実際の実装を行い経験を貯める日々を繰り返していました。大きめの組織、小さい組織、中くらいの組織とエンジニアとしての転職を繰り返し、自分を見つめる日々を送っていました。

現在

人事労務freee のアプリケーションエンジニアをしています。人事労務分野は、煩雑な書類・手続きの仕事が多く、アプリケーションを実装していく上で、現実世界の状態をコードに落とし込む作業の連続になっています。ドメイン知識に詳しくなり、且つアプリケーションの実装に関しても、パフォーマンス問題、セキュリティ問題に対して敏感になります。バックエンド・フロントエンド関係なく、機能・ビジネス単位でのアプリケーション実装を続けています。把握していなかった現在の世界の仕様が、設計中に見て取れるのが大変おもしろい。

freee 株式会社について

自分がこれをやりたい、となれば、オーナーになることができます。エンジニアか、ビジネスか、というロールの差は関係なく、プロダクトを完成させるか。意味はあるか、本当に価値はあるのか?を考え、設計・実装を進めていきます。エンジニアとビジネス関係なく、メンバー同士で会話・食事など頻繁にでかける機会が多く、仲がいいなという印象です。私が入社してから現在まで、規模は大きくなりましたが、根幹が変わっている印象はありません。

今後どういうことをしていきたいか

書類仕事を減らす、移動時間を減らすことにつながることをしていきたいです。例えば、煩雑な書類手続きは繰り返しが多く、新しいルールはパラメータに落とし込めばロジックを使いまわせることも多いです。そのような部分に着目し、どのように現実の手続きをロジックに落とし込めば再度、同じロジックを再現…行いたい場合に省力化できるか、を考えていきたい。freeeでエンジニアとして働いていると同じ場面に遭遇し、困難はあれど、実装が終わり、リリースが終わった後の爽快感はかなり高く、繰り返せるものなら繰り返していきたい。

freee 株式会社s Stellenangebote
22 Likes
22 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen