This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

家庭と仕事を両立させた見本となりたい。二児の母がベンチャーで挑戦し続けられる理由。

ギャプライズの中で働く人を紹介するインタビュー企画です!
こんにちは。広報担当のソンです。

今回紹介するのは管理部総務担当の法福悦子さんです。ホスピタリティーにあふれ、お客様にも社員にもいつも温かく接してくれます。総務という立場からギャプライズのお母さん的存在の法福さんをご紹介します。

法福悦子さん

2019年でギャプライズ歴7年目に突入。IT企業の総務兼社長秘書で従事されたのち、子育てに専念するため専業主婦を経てギャプライズに入社。2児の母であり、ギャプライズでは産休育休もご経験されています。

女性としてのライフプランはもともとありましたか?もしあればどのような内容でしたか?

未経験の仕事をこなし、評価される中でキャリアに目覚めた。

最初に考えていたライフプランを歩んだというよりは働く中で価値観の変化とともに今に至ったと思っています。

20代前半の頃はキャリアを築く必要性を感じていませんでした。

一生懸命働かなくてもある程度は生きていけるのでという考えでした。ただ、27歳くらいの時でしょうか、中堅社員になり、経験やスキルが身に付いたことで、仕事にもある程度自信を持って臨めるようになったことから、キャリアを築こうと考えるようになりました。

前職には上場準備中から入社をし、上場後まで在籍していました。総務業務、株式事務、上場に必要な福利厚生の準備、社内イベントの運営司会、株主総会の司会、社長秘書業務など多岐にわたる業務を行いました。総務チームは3名おりました。

新卒で入社をして、やることすべてが未経験なのに全体会議の運営や株主総会の事務など、今思うと重い仕事をフラれることが多かったですが、何事もやり遂げると正当な評価をしてもらえました。

そういう経験をきっかけに腰掛事務ではなくキャリアに目覚めたと思っています。

その後結婚をして、前職で産休育休を経て復職するという理想を描いていましたが、総務兼社長秘書という仕事柄、社長優先にしなければいけないことが基本でした。結婚して子供ができると、その時の前職の成長フェーズを加味した上ではそれは難しいのかなと思い、一度キャリアから身を引いて家庭に専念しました。


一度キャリアから離れたのち、ギャプライズに入った経緯を教えてください。

キャリアへの意識が芽生えてから仕事が好きだったこともあり、チャンスがあれば復職したいとつねづね思っておりました。

 そんな時、主人の知り合いであったギャプライズの取締役の鈴木に総務経験者募集していると伺い、是非にと面談の機会を得ました。

 保育園激戦区に住んでいるので、いったんは保育園が決まらずあきらめたのですが、奇跡が起きて保育園に入ることが出来ました!

 スタート時はパートとしてジョインすることとなり、現在に至ります。


ギャプライズで働く中で印象に残っていることはありますか?

女性のライフイベントへの受け入れ体制が整っていて、成長スピードが速い。

私はパートにも関わらず、産休・育休を取っています。そういう女性のライフイベントへの受け入れ体制が整っているところが良いですね。

育休産休の取得はもちろんですし、1年間育休を取得した男性社員もいます。申請をすればリモートワークも可能です。そして、まだオフィシャルではないですが、赤ちゃんと一緒に出社する社員(男性女性問わず)もいますよね。子供が急に熱を出して仕事を抜けなければいけなくなったり、突然予期せぬことが起こることもあります。

それでもギャプライズは周りの人が家庭の有無関係なく協力的で相手への理解を示してくれる人が多いと感じています。


育児と仕事の両立を選ぶまでにどのような気持ちの変化がありましたか?

言われたことだけやるのはつまらない。ベンチャー企業に入る醍醐味は常に変化して挑戦していくこと。

パート時代は、勤務体系も融通が利きましたし、ほどほどのボリューム感で仕事ができたのですが、パートでは依頼される業務も物足りなく、もうちょっと仕事に深く携わりたい欲求が出てきて、主人に相談して時短社員になることを選びました。

ベンチャー企業に入る醍醐味は常に変化して挑戦していくことが面白みであると思っています。私にとっては考えなくてもいい仕事はつまらないんです。せっかく社員の一人一人の意見や、企業の変化を求めて受け入れてくれる土壌があるなら、その環境を思う存分に活かそうと思いました。


なぜギャプライズはそこまで社員のライフスタイルに合わせてくれるのでしょうか?

出来る限り人にやさしく、だけど社会人として求めるものは求める。多様性を受け入れてくれる会社。

私がアルバイトの人事サポートをしていた時に面接に来ない子がいたのですが、一般的には面接に時間通り来ない方は不合格にすることが多いと思っていました。だけどその時のギャプライズは「その方に電話して今日面接にこれるか、連絡してみてください。」と言うんです。
その時々の個人の事情を加味し、 『一度ちゃんと話を聞いてみよう』という社風と『多様性を受け入れてあげたい』と思う会社の姿勢があるからだと思っています。


今後どのような働き方・仕事をしていきたいですか?

私が入社したときより、女性が増えて来ましたし、若いスタッフが多いとはいえ勤続年数が重なり、ライフステージの変化を会社とともに迎える人がどんどん出てくると思います。総務として、人生の先輩として、社員に還元できる仕事をし、かつ、公私のバランスの取れた働き方の見本となれればいいなと思います。


育児・仕事を両立することに悩んでいる人、子供が出来てキャリアを築くことに不安を抱えている人にエールをください!

抱え込みすぎて、自分がつぶれてしまうと会社の仲間に負担がかかることはもちろんですが、子供に不安や負担をかけることになったら本末転倒ですよね。
まずは、無理をしすぎないこと。ちゃんと家族に協力を求めること。
仕事においても、復職したての時は自分の体力を過信せず、少しずつ進めましょう。
「こんなに仕事できなかったっけ?」とか「なんでだいじな時に呼び出しが!!」
何てことが、絶対にあります。みんなあります。
なので、今の自分がどこまでできるかを見極めて、周りにきちんと共有することが大切なのかなと思います。
あと、ひとりでゆっくりできる時間を必ず作りましょう!


最後に法福さんのパワーの源はなんですか?

他者貢献したときの、相手の笑顔です!(社内メンバー、家族、知らない人も)

<最後に広報より>
法福さんありがとうございました!
ギャプライズは現在までで、育休産休取得者5名、育休所得者2名(男性)という状況です。
ご結婚される方も増えており、今後も産休・育休取得者が増えていくと思います。
育児に関しては代表にお子さんが4人いることの影響は大きいです。お子さんの送り迎えをしてから出社するというパパメンバーもおります。
家族の有無にかかわらず一人一人に合った働き方にとても理解のある会社だと私も身をもって感じています。
ギャプライズに興味を持った方には面談の時間を積極的に設けますので、お気軽にご応募ください!

株式会社ギャプライズ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more