This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

アーティストがオフィスで作品制作 AIR in Hamee

Vision に「クリ エイティブ魂に火をつける」を掲げるHamee株式会社は、2019年4月から3ヶ月間に渡りインスタレーション作家の音羽晴佳さんを小田原本社オフィスにお招きして、アート作品を制作していただき、アートを通して創造とはなにかを感じ、考えるためのプロジェクト AIR in Hamee(アーティスト・イン・レジデンス)を実施しました。

一体何が始まるんだろう?と不思議に思う社員。アートがビジネスシーンにどんな影響を与えられるのか?とチャレンジするアーティスト。誰もが、何が起こるかわからないところから実験的にスタートしました。

期間中、3回開催されたオープンスタジオ(制作の様子を公開して、アーティストが来場者と交流する機会)では、様々な仕掛けで社員がアートを体験しました。

音羽さんからロッカーの暗証番号のヒントを聞いた人だけが観る事ができるインスタレーション。
そこにはHamee創業初期のヒット商品にまつわるオブジェと、社員が描いたイラストがありました。 


中央ホールの吹き抜けに貼られた社員が描いた小品を対岸から双眼鏡で鑑賞する展示。
他にも、この吹き抜けには、対岸の人と会話ができる糸電話が設置されました。


自然に人を巻き込む不思議な力を持つ音羽さん、いつのまにか電子工作に詳しい社員とコラボレーションして電子制御の作品に挑戦。


1Fホールがアート制作のスタジオに変わりました。 来訪されたお客様も興味津津の様子でした。