This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

弊社独自デバイスに尿を通すことでエクソソームを抽出
抽出したエクソソーム からマイクロRNA効率的にを取り出す
Icaria株式会社は「人々が天寿を全うする社会の実現」を目指す、名古屋大学発のベンチャー企業です。 2018年5月の創業以来、尿検査によるがんの「無痛・高精度・早期」診断技術の開発に取り組んでいます。 具体的には、弊社の独自デバイスを用いて尿中のマイクロRNAを捕獲し、その成分を機械学習で解析することで全く新しいがん検査を実現します。 弊社の独自デバイスは、従来の方法と比較して4倍以上の種類のマイクロRNAを回収出来る技術を保有しており、健康状態の異常をより高い精度で感知することができます。 また、1mLの尿で検査が完結する簡便さも弊社技術の大きな特徴の一つです。 この技術により私たちは、人々ががんをはじめとする病で苦しむ世界を変えられると信じています。

Warum wir das tun

Icaria株式会社代表取締役 小野瀬隆一
ミーティングの様子
私たちはがんの早期発見により、今後のがんの増加問題を解決します。 がんは早期に発見することで、その生存率が5~10倍に上昇し、予後も大きく改善することが知られています。しかし、自覚症状が出づらいがんも多く、気が付いた時には治療が不可能な段階にまで進行してしまっているというケースも珍しくありません。治療可能な早期の段階でがんを発見するためには、定期的に・高精度ながん診断を受けていくことが最も効果的ですが、既存のがん診断には痛みを伴うものや、精度の不十分なものも多く、定期的な診断・早期段階の診断には不向きであるのが現状です。 私たちはこの課題をテクノロジーの力で解決することを目指しています。具体的には、弊社の独自デバイスを用いて尿中のマイクロRNAを捕獲し、その成分を機械学習で解析することで全く新しいがん診断を実現します。 この技術により、私たちは「無痛・高精度ながん早期診断」を普及させ、人々ががんで苦しむ世界を変えられると信じています。

Wie wir's tun

Icariaは2018年創業のベンチャー企業です。弊社のミッションである「人々が天寿を全うする社会の実現」に共感したメンバーが、日々仕事に打ち込んでいます。 加えて、私たちは多くの専門家の協力を頂いています。臨床や技術開発の第一線で活躍されている方々をアドバイザーとしてチームにお招きし、製品をお客様の元にどのように届けるべきか、熱い議論を交わしています。 そして昨年の創業後、100社以上が参加する「慶應大学医学部主催 健康医療ベンチャー大賞」にて優勝し、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)やJST(国立研究開発法人科学技術振興機構)などの政府系機関からも支援を頂くなど、急ピッチで事業を進めております。 高齢化が進行する日本を始め、世界の人々がより健康に生き抜くため、これからも私たちは挑戦し続けます。

Page top icon