This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

自由がいい。挑戦もしたい。そんな自分がIcariaのインターンを選んだ理由

こんにちは!Icariaでマーケティング担当をしている、早稲田大学3年生の早川です!

私自身もそうですが、就活をしていて、「実際に働いている人の声を聞きたい!」と思う方は多いのではないでしょうか??

そこで今回、Icariaの敏腕インターン大学生、キッシーさんにインタビューしてみることにしました!

優秀なメンバーと共に挑む深い課題解決

ーまず、キッシーさんの自己紹介をお願いします!

僕は、早稲田大学の岸田和真です!
これまでAirbnbで3年間民泊を運営したり、クラウドファンディングを通じてアフリカに浄水器を届けるなどしてきました。
そして、医療ビジネスに興味があり、2018年10月からIcariaでマーケティングを中心に事業開発をしています。

ーすごい!色々な分野に興味があったんですね!その他にもインターンなどはしていたのですか?

はい!ITベンチャーなど、3社でインターンをしていました。その経験の中で、自分が心地よく働ける企業の特徴が明確になって来ました。

ーそれはどんな特徴だったんですか?

僕が大事にしたいと思ったものは、「自由な社風、優秀な社員、深い課題を解決するサービス」の3つですね。

まず1つ目は、自由な社風でないと仕事を楽しめない性格なので、ワークスタイルや仕事内容も含め、ある程度決定権が与えられている環境がよかったですね!

2つ目は、生涯にわたってできる事を広げるために、ビジネスパーソンとして常に成長していきたいという思いがあります。なので、僕が持っていない視点や考え方を吸収できる環境である事が大切だと思いました。

3つ目は、僕の祖父母ががんで闘病していた経験から、世の中には一刻も早く解決されるべき問題が多く存在する事を実感しました。何かに本気で取り組むなら、そういった課題の解決に貢献したいという思いが強くなってきたことから、深い課題解決に挑む事が自分にとって大切な要素であると考え始めました!

ーなるほど!これらの特徴と、Icariaのどんなところがマッチしたんですか?

まず、会社の雰囲気が、挑戦しよう、やりたいと思ったことは全部やっていこう!というスタンスだったのと、創業間も無くこれから会社を作っていく段階なので、柔軟に動けるという部分でIcariaに自由さを感じました!

また、友人から代表の小野瀬さんを紹介してもらって、会社の紹介をして頂いた時に、仰っていることがとてもわかりやすくて、ビジネスプランが考え込まれているなぁと感じました。

そして、深い課題解決という点において、がんという深刻な問題を解決することに取り組んでいて、「人々が天寿を全うする社会の実現」というミッションを掲げたIcariaの理念にはとても共感できました!

インターンという枠にとらわれない

ーぶっちゃけIcariaで働いてみてどうですか!!(笑)

Icariaに入社が決定した時は、ほぼ創業メンバーと言っていい程創業間もない時期だったので、僕自身の存在がどれだけIcariaの事業推進に貢献できるのかという不安と、ほぼ創業メンバーとして会社を創っていく事に期待感を感じていました。

実際に入社してみると、想像通りだった点は、今までのインターンでは学びにいく事が求められましたが、Icariaでは今持っているスキルを自発的に発揮してチームに貢献する事が求められていると感じました。簡単にいうと、インターン生というよりも社員兼学生みたいなイメージです。以前のインターンではどうしても「インターン」という枠に収められてしまう事が多かったのですが、Icariaでは今後の戦略を決める重要な会議にもほとんど毎日参加し、任せて頂いた仕事も確実にこなす事が求められる環境だったため、一般的な学生生活では得られない貴重な経験をさせて頂きました!

入社後のギャップはあまりなかったのですが、入社後に感じた事はチームを大切にする雰囲気が浸透している事です。会社として成長する事も大切ですが、あくまでIcariaに関わる人々が一番実現したい事を応援する社風が居心地のいい理由にもなっています。

ー本当にIcariaに居心地の良さを感じているのですね!では最後に、キッシーさんはこれからIcariaで、またはその先でどういったことをしたいと思っているのですか?

Icariaでは現在、メディア立ち上げを任せて頂いているので、まずはこのメディアをIcariaの成長を支える太いパイプとして確立する事です!

その後は、起業して僕の実力がどれだけ通用するのか、どれだけ社会にインパクトを与えられるのかを確かめたいと考えています。そして、以前アフリカで目の当たりにした貧困地域の課題を解決するため、将来的には貧困地域の若者を支援する仕事をしたいと考えています。

何かに挑戦したい方、成長したい方、ぜひIcariaでお待ちしております!!


▼岸田和真▼

早稲田大学4年

2015年 民泊事業や教育事業を展開。その一方、親戚の病が先進医療により治癒した経験から、医療など大きな課題の残る分野に貢献したいと考える。

2017年 クラウドファンディングによりエチオピアに浄水器を120個設置するなど積極的な活動を続けてきた。

2018年「人々が天寿を全うする社会の実現」というビジョンに共感し、Icariaへジョイン。

Icaria株式会社s Stellenangebote
Anonymous
Anonymous
1 Likes
Anonymous
Anonymous
1 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.

Page top icon