This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

海外インターン エンジニアとして挑戦する

海外でエンジニアとして働いていきたいという方は多いと思います。ただ、海外企業への就職は英語力やスキルが高くてもビザの関係で通らなかったり、また高度なスキルを要求される場合が多いので、難しい場合が多いです。また、日系企業の海外勤務にてエンジニアとして働きたいという方も多いですが、国内で数年働く必要があるなど、いきなり海外勤務ができるというポジションもそう多くはありません。

そこで、どうしても海外でエンジニアとしての経験を積みたいという方におすすめなのが、海外インターンです。インターンとは職業体験をすることを指します。実際に社員が行う業務と同じような業務をインターン生として行います。中には正社員と同じレベルの仕事を任されるインターンもあり、企業によって体験できるレベルが異なってきます。

インターンは日本国内だけでなく、海外インターンとして日本の海外支社での勤務や、海外企業での勤務を経験することができます。エンジニアとして海外で正社員で雇われることはハードルが高いので、まずはインターンとして海外での勤務経験を積み、その後に正社員として就職にチャレンジするという道を歩めば、比較的海外でエンジニアとして働くということを実現できる可能性が高まります。

今回はどうしたらエンジニアとして海外インターンに参加できるかということを詳しくお伝えしていきます。

エンジニア未経験、社会人でも大丈夫か

海外インターンはエンジニア未経験の社会人でも参加できるのか?と疑問を持つ方も多いと思います。結論から言うと、参加可能です。

未経験の方をいきなりインターンとして雇ってくれる企業は少ないですが、IT留学という形で特定期間みっちりと海外でエンジニアリングを学ぶというプログラムがあります。そのようなプログラムに参加することでエンジニアリング力を高め、海外インターンに繋げるという方法が一つです。

他には国内でエンジニアリングのプログラムを受けて、海外インターンに繋げるという方法もあります。国内には様々なプログラミングスクールがあるため、自分のレベルに合ったスクールを選びやすいです。また、料金もIT留学よりも安いため、英語力に自信がある方は国内のプログラミングスクールでプログラミングの力を高め、海外インターンに繋げることが良いでしょう。

ただ、英語に自信が無い方はIT留学をすることで英語でプログラミングを学んだほうが、海外インターンとして業務に入る際に取り掛かりやすいため、未経験の方はIT留学をすることが一番の近道でしょう。

気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more