This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

エンジニアの転職 ベストな時期はいつ?

エンジニアとして働いている皆さんは一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。自分から転職先を探している・ヘッドハンターや知人から声がかかったなど転職のきっかけは様々あると思います。

就職や転職をしようと思った際に、エンジニアとして働いている方は働く上で待遇や労働環境、やりがいなど様々な点を重視し、働く企業を選んでいると思います。

よくある転職理由の一つとして収入アップという転職理由があります。エンジニアとして働く場合は個人での業務が多くなるため、個人の成果が非常にわかりやすい仕事です。そのため、「自分が成果を出しているのに収入が上がらない」といったことがよくあります。また、エンジニアはわりと激務であるにも関わらず満足するほどの収入を貰えていないといったケースも多いです。

もう一つはやりがい&スキルアップという転職理由です。エンジニアとして働いているとあるあるなのが、「組織が大きいので、自分の貢献が目に見えない」「業務の末端を担当しているので、裁量権がない」というやりがいの部分や「業務の難易度が高くないため、自分のスキルが上がらない」といったスキルアップの部分で悩みを持つことです。

これらの転職理由がメインとはなりますが、やはりどの企業で働くかということによって、自分自身の将来のキャリアが変わってきます。そこで、エンジニアとして他の企業へ転職を考えている方は多いと思います。

皆さんがベストな転職をするにはどういった事に気をつければ良いかという点について、今回は転職の時期を中心に見ていきます。

転職の時期を求人倍率から考える→結論2019年はいい時期

転職の時期を考えるにあたって厚生労働省が提供している求人・求職バランスシートにある求人倍率という指標が役に立ちます。平成30年3月のIT技術関連職の求人倍率は東京都内だけで4.13倍となっています。平成31年3月では同求人倍率は4.18倍となり、近年は約4倍近くもの求人があります。一人のエンジニアを4つの企業が取り合っているという状態なので、エンジニアの方は企業の引く手数多です。

平成26年3月での同求人倍率3.39倍であったので、昔に比べると求人倍率が上がっていることがわかります。これは多くの企業にてエンジニアの採用の需要が高まっているものの、企業が求めている水準のエンジニアがいない、もしくはエンジニアの採用が上手くいっていないということで、このような高い求人倍率を誇っています。

求人倍率は景気とも密接に関係しており、景気が良いときは企業は人を増やす、景気が悪いときは企業は人を減らすことが一般的であるので、景気が良く求人倍率が高い今のタイミングで転職することがベストだと言えるでしょう。

このように景気が良いタイミングでは転職活動において内定が出やすいと共に、通常よりも年収を上げて転職がしやすくなっています。年収以外でもエンジニアが働きやすいように働き方に取り組みをしている会社も多くなっています。

東京オリンピック後の景気衰退や、金融危機による景気衰退が万が一起きる可能性も否定できません。このような状況下では企業は人件費を減らしたがるので、転職が難しくなってきます。転職をしたいという方は今のタイミングですると良いでしょう。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティーs Stellenangebote

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.