This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

エンジニアにとってMacとWindows どっちがいいの? 多角的に検証してみる

Macをする使用するエンジニアの職種は?

Windowsでできない訳ではありませんが、Webデザイナーやコーダーなど、デザイン系の職種ではMacの利用者が多いです。

そもそもデザイン関係の職種からMacを支持される理由としては、Macの方がWindowsよりも優秀なカラーマネジメントシステム(CMS)が搭載されているからです。

ディスプレイの白色は、赤、緑、青の三色の光を出すことで実現しています。一方でプリンターの白色は、白い紙にインクを落とさないことで実現しています。このように、ディスプレイとプリンターでは色の作るロジックが違うのです。

また、ディスプレイはR:30%、G:25%、B;20%といった風に色味の調整ができますが、メーカーや機種、そして個体によって、100%の基準が違っています。

このような色に関する差異を処理して、最適な色表現を行うための仕組みがCMSです。そのCMSについて、Macの方がWindowsより優れているため、デザイン系の仕事ならMacと言われることが多いのです。

それ以外にMacの利用者が多い職種としてはiOSアプリ開発者です。

iOSアプリ開発でよく使われる、Swiftですが、残念なことにWindows上では動きません。Linux上では動作するため、Windows上にLinuxの仮想マシンを作成することで対応可能ですが、手間がかかります。それに、仮想マシン特有の制約があるため、SwiftでiOSアプリ開発するのが目的なら、最初からMacを買った方が早いのです。

Windowsをする使用するエンジニアの職種は?

上記のような理由で、Macを使う必要がある、あるいはMacが使いたいエンジニア以外は、基本的にはWindowsを利用しているエンジニアが多数のように思います。

アメリカの調査会社であるNet Applicationsの2019年1月版データによると、日本国内にあるパソコンのうち、約85%がWindowsだそうです。今や、大抵のことがWindowsでもできるため、特別なこだわりがなければ、Windowsを選ばずにMacを購入する理由はないように思います。

なお、筆者自身は、いわゆるインフラ系(特にネットワーク)エンジニアですが、インフラの世界で業務にMacを使っている方にお会いしたことがありません。

定番リモートログオンクライアントソフトの「Tera Term」にはMac版がないですし、業務システムのSVにWindowsファミリーの「Windows Server」が使われていることはあっても、Macが使われることはまずありません。正直な個人の感想としては、「わざわざMacを使いたいという気持ちが起きない」です。

気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティーs Stellenangebote

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.