This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

講師表彰会/たくさんのユニークな賞があります
統計を超入門から学べるセミナー
和から株式会社は、「数学」を新しいビジネスモデルにしていこうと考えている会社です。 現在の主な仕事は、数学・物理・統計学の個別授業。月間400名の方が通われています。 他の塾と違うのは、大人の方を対象としているため、塾というよりは、数学講師を紹介する紹介会社のようなものです。 “○○の研究をしているのだが、いい解が出ない” “転職に役立てるため資格を取りたい” など、お客様の問題は様々ですから、問題に合わせて解決できる講師をご紹介しています。 現在は、「一人ひとりの“わからない”を大切にする」というコンセプトを大切にし、個別授業を中心に、質問がしやすいような少人数の集団講座や、社員の統計学の知識の底上げのための企業研修、テレビの番組の監修、書籍の執筆など、得意分野を少しづつ広げています。 弊社は、お客様一人ひとりの満足度をあげながらここまで来ましたが、授業を行うだけが和からの目的ではありません。 本当は、数学の“先”にあるものが大切だと思っています。 数学を通して、世の中の変化に関わっていきたいと考えます。 今後は、「教える」だけではなく、「発信」していくことへも視野を広げ、数学から社会を変える準備をしていきたいと思っています。

Warum wir das tun

ビジョンミーティング/会社の長期目標を講師とスタッフ全員で共有します
渋谷教室の受付/先生やスタッフが集まって数学談義が始まったり…
「数学にできることは、もっとたくさんあると思う。 数学の面白さをもっと多くのひとに知ってもらいたい―――」 今は、“思いがけず” 「学び直しをしなければならなくなった」 「深い知識の習得が必要になった」 ということで数学を学ぶ方がほとんどですが、本当は、数学を知ることで、仕事が楽になったり、新しいことにチャレンジする機会を得たり、人生が変わることがあります。 広告で「○○%の人が“いいね”と言っています」と、書かれていると、「へぇー。そんなにたくさんの人が・・。」とついつい広告の罠(失礼!)にはまってしまいそうですが、数学ができる方は、実は全く違うことを考えています。 また、コンビニの隣に、違うコンビニが・・なぜつぶれないのか? では、隣ではなく、通りの向かい側ではどうなのか? こういったことが分かれば、コンサルができそうですよね。 数学とは、活かし方次第で可能性が広がる分野なのです。 だから、わかるともっと面白い世界。 なぜやるかって? 「数学の可能性を広げ、伝えられる」そんなことにワクワクして真剣に取り組めるのは、我々「数学バカ」だけだから。

Wie wir's tun

ロマンティック数学ナイト/あなたの内なる数学を解き放て!
ファシリテーション研修/ワークショップ形式でスタッフ同士の理解を深めます
弊社の授業の特徴は、講師一人ひとりが目の前のお客様の“わかった”を大切にしていること。 学生の方が学ばれる授業とは違ってカリキュラムはありませんので、お客様のご要望をお伺いして、常に予習復習をし、授業一つ一つを組み立てています。 検定対策の授業であれば、出題の傾向まで丹念に調べます。 授業中も、“今の説明では伝わらなかったかな?”と気が付けば別の説明をしてお客様の“わかる”を工夫しています。 時には人生相談になることも。 そのため、満足度の高い授業をご提供できているようです。 また、講師は「-×-(マイナス掛けるマイナス)はなぜ+になるのか?」といった算数の本質を丁寧に説明できる者から、数学オリンピックメダル保持者まで、あらゆる分野に対応できるよう40名に在籍いただいています。 元教師や銀行マン、IT役員、現 執筆者、弁護士、税理士、ロックシンガーなど、業界も様々ですから、いろんな力を結集して会社を創り上げているのも弊社の強みかもしれません。 そんなスペシャリストな先生方を、ゼネラリストの文系スタッフが支えています。 文系スタッフは、あんなに数学に真剣になれる先生方を尊敬しています。 だからこそ、この先生方をよりよく活かすために知恵を絞りたい。 「この先生方を世の中の役に立たせることができるかできないかは我々次第」だと思っています。 数学がわかる人でも、わからない人でも、お互いを尊重しているからこそ、和からはここまで来ることができました。 これから和からの第二成長期。本当の意味で講師が活躍するのはこれからです。