This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

不動産の“異端児”が仕掛ける「セルフ内見」サービスの衝撃!NewsPicksが公開されました!

NewsPicksで、代表取締役 野口がイタンジの新しい取り組みについてご紹介させていただきました。

インタビューでは新規事業への思いや、今後の展望についてなど、イタンジがどんな会社なのか深められる内容になっております。

こちらでインタビューの詳細がアップされておりますので、ぜひご覧くださいませ!


イタンジでは一緒にイノベーションを起こすアツイ仲間を募集しています!

下記求人もぜひご覧ください。


カスタマーサクセス
9月スタート!不動産業界にインパクトを与える新サービスのCSを募集!
テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにする不動産ベンチャー イタンジは、「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げ、全国で利用顧客数100万人(※)を超えるAIを活用した賃貸仲介の営業支援システム「ノマドクラウド」や、不動産のリーシング業務をワンストップで行う「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」など、不動産業者向けのSaaSを開発・運営しています。国土交通省が推進する賃貸契約の電子化による規制緩和を見据え、賃貸業務の各プロセスを支援することで、デジタル社会に対応した不動産業界の発展に貢献しています。 ■自動追客システム・顧客管理(CRM)「nomad cloud(ノマドクラウド)」 不動産賃貸仲介会社向けの自動追客・顧客管理システムです。AIチャットやLINEを活用しスマホ世代の顧客にあったコミュニケーションスタイルにより、サービス開始より約 2 年半で累計利用顧客数 100 万人を突破し、導入店舗数約540店舗となりました。 (※)2019年5月末時点のノマドクラウド賃貸利用者数(賃貸ユーザー数) ■不動産リーシング業務をワンストップでサポート「CloudChintAI(クラウドチンタイ)」 不動産仲介会社と管理会社のやりとりを効率化し、一連のリーシング業務を一元管理するシステムです。物件確認の自動応答システムの「ぶっかくん」、内見予約のweb受付システム「内見予約くん」、入居申込書のweb受付システム「申込受付くん」など、賃貸業務の各プロセスを支援しデータ分析を可能にすることで、入居希望者にとってもメリットのある仕組みを構築しています。 日本の不動産業界は約40兆円もの巨大市場ながら不透明なことが多い状況です。これは同時にイノベーションの余地が多く残されているということ。 このようなテクノロジーによって業務の分業化・自動化を進め、不動産取引をなめらかにすることで、不透明で非効率な不動産業界を変えたいと本気で思っています。
イタンジ株式会社


新規事業オペレーション責任者
新サービスの立ち上げに携わりたい方!新規事業オペレーション責任者を募集!
テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにする不動産ベンチャー イタンジは、「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げ、全国で利用顧客数100万人(※)を超えるAIを活用した賃貸仲介の営業支援システム「ノマドクラウド」や、不動産のリーシング業務をワンストップで行う「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」など、不動産業者向けのSaaSを開発・運営しています。国土交通省が推進する賃貸契約の電子化による規制緩和を見据え、賃貸業務の各プロセスを支援することで、デジタル社会に対応した不動産業界の発展に貢献しています。 ■自動追客システム・顧客管理(CRM)「nomad cloud(ノマドクラウド)」 不動産賃貸仲介会社向けの自動追客・顧客管理システムです。AIチャットやLINEを活用しスマホ世代の顧客にあったコミュニケーションスタイルにより、サービス開始より約 2 年半で累計利用顧客数 100 万人を突破し、導入店舗数約540店舗となりました。 (※)2019年5月末時点のノマドクラウド賃貸利用者数(賃貸ユーザー数) ■不動産リーシング業務をワンストップでサポート「CloudChintAI(クラウドチンタイ)」 不動産仲介会社と管理会社のやりとりを効率化し、一連のリーシング業務を一元管理するシステムです。物件確認の自動応答システムの「ぶっかくん」、内見予約のweb受付システム「内見予約くん」、入居申込書のweb受付システム「申込受付くん」など、賃貸業務の各プロセスを支援しデータ分析を可能にすることで、入居希望者にとってもメリットのある仕組みを構築しています。 日本の不動産業界は約40兆円もの巨大市場ながら不透明なことが多い状況です。これは同時にイノベーションの余地が多く残されているということ。 このようなテクノロジーによって業務の分業化・自動化を進め、不動産取引をなめらかにすることで、不透明で非効率な不動産業界を変えたいと本気で思っています。
イタンジ株式会社
イタンジ株式会社s Stellenangebote
1 Likes
1 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.