This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

誰もが好きな場所で、好きな仕事をする世の中に変える。自らの手で

Kaizen Platform入社前は何してたの?

前職ではリクルート、ITmediaという会社にてBtoB系媒体の編集、企画、営業として働いていました。
営業としては新規営業から始め後半は主に外資系の大手IT企業様を中心に
メディアを活用したオンライン/オフライン含めたマーケティング施策全般の企画提案、実施をしていました。

KaizenPlatformのことは創業当時から知っておりましたが、ジョインする直接のきっかけはたまたまKaizenに知人がいてオフィスに遊びに行ったことです。
Kaizenはベンチャーにしては平均年齢が高く各業界の経験豊富なメンバーが集まっておりますが、
実際に当時の役員と会った際に優秀でありながら純粋に事業とお客様への価値に向き合う姿や
少年のように新しい事業に取り組む姿がとても魅力的でした。

また、自分自身が地方出身で「地元に残りたいが仕事がないので東京に出てくる」という人を周りで目の当たりにする中で、会社の「新しい働き方を作る」というビジョンにも強く共感しました。
地方在住のグロースハッカーの方や在籍するリモートワーカーの働き方を実際に変えていること、
インターネットの力により人が働きたい場所で、働きたい仕事をする世の中に変える、今後の社会にとっても意義のある事業であることを確信し、入社を決めました。

今は何してるの?

AE(アカウントエグゼクティブ)として、主に国内大手企業様に対してKaizenPlatformを用いたサイト事業改善の提案、導入後の案件推進をメインとして行なっています。
EC系のお客様も多い為実際に自分が使っているサービスについて提案することも多く、
Kaizenを通じてサイト売上が上がったと喜びの声をいただくと、自分事のように嬉しく思います。
AEというくくりはありつつも、実際には2017年の3月に入社をしてから一部のCustomer Success業務、代理店販路や販売パートナー開拓、他社との共同セミナー実施に向けてのmarket運用など営業活動以外のことにも関わってきました。
数値の達成、業務のやるべきことをやった上で、担当領域にとらわれず幅広いことにチャレンジが可能なベンチャーならではの社風であると感じています。

Kaizen Platformってどんな会社?

オープンでフラット、変化を恐れない会社だと感じます。
例えばサービスの提供方法1つをとっても、営業、Customer Success、プロダクト開発サイドがほぼ毎朝MTGを実施し日々のフィードバックや気づきを共有する中で、日次のスピード感で売り方やサービス提供レベルがアップデートされています。
また、リモートワークを推奨していることもあり個人を信頼した上で非常に働きやすい環境になっていると思います。
(エンジニアの中にはリゾートワークを体現している人もいたりします…うらやましい!)

今後チャレンジしていきたいことは?

Webサイトの改善は今や経営課題に直結しているため、対面するのが経営層の方になることも多いです。
そのため、長期的にお客様の事業を改善していく為にはWebマーケティングへの理解だけではなく事業構造/経営課題の把握やコンサルティング力など多岐にわたるとスキルが必要であると日々感じています。
現在、案件の推進においてはCustomer Success Teamと伴走しながら実施をしていますが
Kaizenで価値を出し継続的にお付き合いいただくこと、より多くのお客様にKaizenを通じて事業成長していただけるよう
個人レベルではまず営業活動後の広い意味でのCS業務まで知識を深め体現していきたいと思っています。
また、会社がテーマにしている、Webマーケティングサービスと雇用や働き方の変革とを結びつけて世界をKAIZENするということを、サービスの拡大を通じて、自分の働き方を通して楽しんで実現していければと思っています。現在は国内がメイン事業となっていますが、Kaizenを世界に広げていく中で、グローバル展開にも携わりたいと個人的には考えています。

非常に働きやすくチャレンジングな会社で
毎日、ジタバタしながら一緒に良い仕事ができる仲間をKaizenPlatformでは募集しています↓↓

Kaizen Platforms Stellenangebote
24 Likes
24 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen