This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

“主婦”から一気に“プロ”へと、越境キャリアに挑んだ、仕事も子育ても楽しみながら輝く女性フォトグラファーが語る仕事への想い。【前編】

弊社の新生児撮影事業(スリーピングニューボーンフォト)の立ち上げから携わり、アカデミー(スリーピングニューボーンのフォトグラファー養成スクール)の講師も務める津幡えりかさん。

一児の母であり、数年前まで専業主婦だったが、今では全国を飛び回るプロフォトグラファー兼アカデミー講師となった。そんな仕事も子育ても楽しんでいるキラキラ津幡さんに、仕事への考え方や、これからの目標などについて聞いてみました。

フォトグラファーになる前は、どんなこと・生活をしていましたか?

独身時代は、エステで働いていました。エリアマネージャーとして、色々な店舗に出向いてスタッフを指導するという仕事をしていました。その時からスタッフ達の悩みを聞いて、その悩みを一緒に解決するというようなことをしていました。その当時の経験が、今のフォトグラファー育成にもいきていると感じています。

そして、結婚後は拘束時間が長い仕事だったので、続けていくことが難しくなり、退職しました。子供を産んだ後は、最初は子供服を作って売っていました。高校生の時にデザインの勉強をしていたので、服作りが好きで、作ったものをメルカリなどで売っていました。

カメラの勉強も同時に始めていたので、自分で作った商品の写真も上手く撮るようになり、その結果、物撮りの仕事依頼も頂けるようになっていきました。

しかし、自分でデザインを考えて、お客様とやりとりを行い、物を製作して、出品して、配送して・・・・と非常に工数や手間がかかる割に、手元に入るお金が少ないので、大きく稼ぐこともできず、このまま子育てをしながら服作りを続けていくのは難しいなと、徐々に限界を感じていました。


写真やカメラを勉強しようと思ったのは、どのようなきっかけがありましたか?

独身時代は、写真やカメラに全く興味がありませんでした。

自分の子供が生まれて、子供の写真を撮るようになり、“可愛く撮れるようになりたい”と思うようになってから興味を持ち、カメラの勉強を始めました。カメラの勉強は、子連れで行けるスクールに何度か通い、マニュアルを使いこなせるまで約1年かけて学びました。


自分のお子さんを撮影するためにカメラを学んだとのことですが、それがどのようにお仕事に繋がっていったのですか?

“ママカメラマン”がいることを知り、「私にもできるかも?!」と思ったことがきっかけです。私の先輩で、元々掃除の仕事をしていた方がフォトグラファーになり、全然関係のない仕事からフォトグラファーになれることを知ったのも、ひとつのきっかけとなりました。

それから、友人から撮影依頼をもらえるようになり、その流れで友人のまた友人・・・と、どんどん撮影依頼をくださる方が増えていったので、「これは仕事にしていけるかも!!」と思い、自然とフォトグラファーの道を歩み始めました。



フォトグラファーとしてプロになったのはいつですが?

3年半前位からです。子供が1歳位の時から、支援センターに通い、そこで自分がやってることをアピールしたり、周りに顔を売ったりして、自らの足を使って地道に自分を売り込んでいきました。

例えば、「プロフィール写真撮りますよ!家族写真撮りますよ!」とかですね。その結果、自然と撮影依頼が増えていきました。


子育てしながらの、その行動力って…凄いですね!

行動力に関しては、昔から私の強みなんです!私から行動力を取ったら、何もなくなるくらいですね!笑


実際にプロになってみて、どのようなライフスタイルになりましたか?

プロになったのは、カメラを学んでから約1年半後です。全国に出張もバンバン行き始めたのは、そのさらに約半年後です。

毎日撮影が入り、関東や関西を飛び回り、遠方への出張の日は、朝6時頃に家を出て夜遅くに帰宅するという生活になりました。元々バリバリ働くことが好きなタイプなので、全国で仕事できるなんて本当にありがたいですし、楽しくて仕方がありません。


日々ハードスケジュールをこなされていますが、特別な健康管理など何かされていますか?

特にはしていませんが、なるべく早く寝るようにして、早く起きて仕事しているということくらいですね。

普段、娘と一緒にいる時間が少ない分、一緒にいる日は、娘と一緒に寝るようにしています。22:00頃には寝て、ケータイもOFF設定にします。その分早く寝た日は、翌日の6時頃には起きて、仕事をしています。

アカデミーを講師として教えているのが、今は私だけなので、自分が倒れたら誰がアカデミーやる?!という緊迫感が常にあります(笑)もともとカラダは丈夫な方ですが、絶対に崩せないですね。

しかし、以前にスリーピングニューボーンフォトの撮影中に急病にかかり、倒れかけたことがあります。よりによって名古屋から埼玉に来て撮影していた時に、突然の痛みに襲われ、東京で応急処置をしてもらって、名古屋に帰ってから手術をしました。幸いその時は、新人フォトグラファーの付き添いだったので、発作が起きた後はそのフォトグラファーにあとはお願いできたので、助かりました。

こういう時に“チーム”で動いてて本当に良かったと心底思いました。もし撮影を1人でしていたら大変なことになってました…。

例え自分自身が元気でも、我が子が風邪をひいたり感染症になってしまったら、新生児の撮影に行けませんからね。家族含めて、自分自身の健康管理は、必須です!



ニューボーンフォトに興味を持ったのはいつからですか?

実は、自分が娘を産んだ時に撮りたいと思っていたんです。しかし…気付いたらもう撮れない時期になっていました。“生後2週間以内”しか撮れない写真だということを知らなかったので、もう撮れないことを知ってとてもショックを受けました。

その後、友人が子供を産み、ニューボーンを撮ってほしいと頼まれたことがきっかけで、撮影方法について勉強しようと思いました。とりあえずは、その依頼を受けた友人の赤ちゃんは、見様見真似で撮影はしましたが、今思えばかなり危険な撮り方をしていたなぁ…と恐ろしく感じます。「子育て経験がある」のと、「新生児の撮影ができる」は、全くもって違うことだと実感しました。

その後、海外のニューボーン撮影の技術を学びました。


ニューボーンフォトの撮影を始めてみて、どうでしたか?

フリーフォトグラファーて、最初の1年は色々な人や物を撮影させて頂きました。真夏の暑い日や真冬の寒い日など、過酷な状況の中でも野外撮影が多く、拘束時間も長く、カメラ2台を抱えて撮影し続ける…ということが、正直体力面ではかなりハードで、しんどいと感じることがありました。

そんな中ニューボーンフォトと出会い、撮影してみると…

まず新生児の赤ちゃんが、なんて可愛いこと!とにかく可愛くて可愛くて。しかも、常に撮影は室内であり、適温。撮影後、ママやパパに目の前で喜んでもらえる。

私自身もいつも感動しますし、「なんて良い仕事なんだ…!」と心底思いました。


ニューボーンフォトと、スリーピングニューボーンフォトの違いは何ですか?

一般的なニューボーンフォトは、新生児の時に色々な可愛いポーズで撮影をする写真だと思いますが、私たちが提供しているスリーピングニューボーンフォトは、現在全国で51の産院と提携しており、産院から認められた安全な方法のみで、産院内で撮影するという弊社独自の方法でサービスを提供しております。


弊社の新生児撮影事業「スリーピングニューボーンフォト」の立ち上げメンバーとして、新事業がスタートしてから活躍されている津幡さんですが、立ち上げ当初はどのような苦労がありましたか?

いやーーー…困難ばっかりでした(笑)!全てが手探りで、真っ暗闇を歩きながら道を開拓していった感じです。そもそもニューボーンフォトを知らない人も多いですし、まずはそこからというスタートでした。

何人も何人もの赤ちゃんの撮影しているうちに、例えば、丸くするポージングのコツや、鼻の孔を見せずに可愛く撮るコツなどに気付ていき、「こうしたら可愛く撮れるんだ!」の積み重ねを行ってきました。

レタッチも、どうやったらいかに早く綺麗に修正できるのか?赤ちゃんに着せる衣装も、最初は市販のものを買っていましたが、大きかったり、実物がいまいちだったりなど問題が色々あり、試行錯誤した結果、今は専属の衣装屋さんにオーダーをして作ってもらうというところまで辿り着きました。

ここまでの道筋や型を作るまでの過程は、とにかく試行錯誤の積み重ねで、やっとここまで来たという感じです。


後編では、仕事のやりがいや、どのような方が活躍しているのか?などについて詳しく聞いています。

是非後編もお楽しみに!!

アイキッズ株式会社s Stellenangebote
1 Likes
1 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen