This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

社員インタビューvol.4 〈#最アンド高〉「経験は関係ない。要は、本気かどうか。」

こんにちは。

LIDDELL(リデル)の服部です。


第4回目のインタビューを終えて、改めて思いました。


「リデルは本当に個性の強い人たちが揃っているなあ」、と。笑

でも、そこには同じ方向を見て果敢に挑戦する社員たちの志なるものが見えてきました。


さて、

前回のインタビューでは、内なる闘志に燃える我が社の愛されマーケッター・大川竜之介さんにインタビューさせていただきました。(詳しくは社員インタビューvol.3〈#三枚目〉「安定?成長?僕が選んだのは・・・」をご覧ください!)


そんな大川さんが「大好きな社員」として選んだのは、アパレル業界からキャリアチェンジを遂げた 内山茂夫さん


今回は、前職と変わらぬ信念を持ち続けつつも「キャリアチェンジ」で人生をガラリと変えた、ちょっとカッコつけ(笑)な我が社のマーケッター・内山さんにお話を伺いました!

*******************

Q1.簡単に自己紹介をしてください。

内山茂夫といいます!

今まで、アパレルのOEM営業やブランドのライセンシー 営業、レディースシューズのOEM営業等を行なって参りました。


Q2.「リデルに入社しよう!」と思ったのはなぜですか?

2つあります。

1つは今までアパレルや靴業界等で様々なクライアントとやりとりをして商品を納品してきましたが、「本当にいいものが売れていない」と感じました。業界自体が低迷していくのを肌で感じ、"この業界を底上げしたい!"と思った時に、雰囲気を作るリデルに出会ったのが一つ。

2つめは、自分を"変えたい"と思った時に、面接の際に"どうしてもここで頑張りたい!"と引き寄せられたことです。言葉では言い表せないですが、何か動かされる不思議な力を感じたのだと思います。


Q3.リデルのどんなところが好きですか?

気合がちがう。

本気で戦ってるリデルの皆を見ていると、自分も"本気になれ!!"と教えてもらっている気がします。そういう人たちが集まっているのは中々ないかと。


Q4.仕事のやりがいを教えてください!

仕事をしていくと、気づかない内に考え方や内面が変わっていくのを肌で感じられる。

それを感じた時に、"やってよかった"と思えています。また、今までアパレルだけだったので、違う業界の友人と仕事をして、熱狂できているところです。


Q5.「こんな制度、あったら面白いんじゃない?」を提案してください!

リデルは飲みも熱く、夜深くまで語ることもしばしば。二日酔いが日に日にきつくなってきたので、"飲み会フレックス制度"は如何でしょうか!

1人一回使える制度で、月に1回、社員だけの飲み会の次の日はフレックスにしていい制度。


Q6.どんな仲間が増えたら嬉しいですか?

一緒に楽しみながら仕事できる人!


Q7.あなたが仕事に求めるものを教えてください!

今までは"スキルアップ"でしたが、今は"会社の成長"


Q8.自分を表す#(ハッシュタグ)を教えてください!

#最アンド高



>要するに、最高ってことです(笑)


Q9.今この記事を読んでくれている人にメッセージをお願いします。

違う業界でも、本気なら楽しめます!!


Q10.最後に、あなたが大好きなリデルの社員を一人紹介してください。

石井さん

1ヶ月僕の方が遅いけど、同期って感じです。

プロジェクトとか、結構同じチームになることが多く、4つ下だけど凄いなぁと思います!




─── 内山さん、ありがとうございました!


******************

いかがでしたでしょうか?

圧倒的なコミュニケーション能力で存在感を示す内山さんは今、リデルでイキイキと働いています。それは、前職で抱いていたモヤモヤとした気持ちをリデルが拭い去ってくれたから。


リデルでは、ただモノを売るだけではない本質的な「売れ」の現象を提案しています。

“インフルエンサー”という大きな可能性を秘めた個人の存在を、この世に犇めくまだ陽の目をみない素晴らしい“モノ”を、私たちと一緒に拡めていきましょう!





次回はいつでも全力投球の若きエース、

石井亜美さん にインタビューします!

>>つづく

LIDDELL株式会社s Stellenangebote
8 Likes
8 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen