This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

社員インタビューvol.6〈#チャレンジャー〉「限界値はない。リデルは僕の『やりたい!』を叶えてくれる。」

こんにちは。

LIDDELL(リデル)の服部です。


前回の記事で褒めて伸びるアピールをしたら、会社のみんながたくさん褒めてくれました。

優しい・・・


でも。

ちょっと疑心暗鬼になっている服部です。(めんどくさい奴 ←)


そんな前回のインタビューでは、いつでも全力投球の若きエース・石井亜美さんにインタビューさせていただきました。(詳しくは社員インタビューvol.5〈#今ここで頑張らずにいつ頑張る〉「ここしかない。直感を信じて、リデルにきた。」をご覧ください。)


前回石井さんが「大好きな社員」として選んだのは、開発チームの癒し系エンジニア・今 陸成さん


今回は、爽やかな笑顔の奥底にひそむ情熱でチームを牽引する生粋の努力家、今さんにお話を伺いました。


*******************

Q1.簡単に自己紹介をしてください。

今陸成(こん りくと)です!ピッチピチの21歳です!

開発チームで自称テックリード(開発を技術的に引っ張る人)をやっています!


Q2.「リデルに入社しよう!」と思ったのはなぜですか?

単純に「面白い会社だな」と思ったからです!

実は開発チームの先輩である栗山さんは前職からの付き合いで、その繋がりでオフィスに遊びに来たのが始まりでした。そこでCEOの福田さん、CTOの久保さんと話をして、リデルのやっていることやこれからのビジョンに興味を持ちました。

そしてその日のうちに入社を決め、次の日のお昼には出社していました笑

Q3.リデルのどんなところが好きですか?

チーム間に壁がなく、フラットなところです!

開発と他チームって対立構造が生まれがちだったりするんですが、リデルの人たちはみんな僕らに壁を作らず接してくれるし、こちらからも気軽に接しやすい空気感があるなと思います!


Q4.仕事のやりがいを教えてください!

年齢や入社歴関係なく裁量権を持って仕事ができることです!

特に開発チームは「やりたい!」と言ったことは何でも挑戦させてもらえる風土があり、僕は様々なことに「やりたい!」と手を上げてきました。今ではインターン志望の方の面接や他のメンバーの書いたプログラムのレビューを一手に引き受けています。

あと、他チームの方からフィードバックを貰ったり褒めてもらったときは「頑張ってよかったな」と強く思えます。


Q5.「こんな制度、あったら面白いんじゃない?」を提案してください!

前々から思ってたんですが、チームごちゃまぜのランチ会をやりたいです!

他チームの人たちと話すのってかなり学びがあって、業務へのリターンも大きいなと感じているので。普段関わりがあまりない人は誘いにくかったりするので、制度化してほしいです!


Q6.どんな仲間が増えたら嬉しいですか?

ビールが大好きなので、ビール党!!!!!!!

プログラミングが好きだとなお良し!!!!!!!!


Q7.あなたが仕事に求めるものを教えてください!

血湧き肉躍るようなチャレンジを常に追い求めています!

10ができたら100、100ができたら1000と、限界を決めずにチャレンジしていきます!!


Q8.自分を表す#(ハッシュタグ)を教えてください!

#チャレンジャー


>まさに!今さんは、リデルを代表するチャレンジャーです。


Q9.今この記事を読んでくれている人にメッセージをお願いします。

今年のリデルは新規サービスを複数立ち上げ、本格的にITベンチャーとしての色を出していきます!その根幹から携われる仕事、聞いただけでワクワクしませんか?あなたと働ける日を楽しみにしています!


Q10.最後に、あなたが大好きなリデルの社員を一人紹介してください。

宮城 拓実さん

社内のことを何でもこなす宮城さんには僕もかなりお世話になっています。

僕にはない落ち着いた振る舞いがステキだなといつも思っております笑




─── 今さん、ありがとうございました!


******************

いかがでしたでしょうか?

なかなか関わる機会が少ない開発チームですが、フラッと遊びに行くとみんなが和気藹々と絡んできてくれて、なんだかとってもアットホーム。(あったかい・・・)


今さんはそんな開発チームを引っ張る、炎のように熱い情熱を秘めたTHE・アツい男なのです。自身の女っ気のない日常に不安を抱きつつも、毎日がむしゃらに、高い志をもって仕事に臨んでいます。


今さんがこんなにも素敵な笑顔で毎日楽しそうに働いているのは、限界値を決めることなく様々な挑戦をさせてもらえる環境にいるから。

努力を惜しむことなく、自分の限界を可能な限り高めていきたい。

リデルでは、そんな情熱をもって一緒に働ける仲間を募集しています。






次回は冷静沈着・即戦力の新入社員、

宮城 拓実さん にインタビューします!

>>つづく

LIDDELL株式会社s Stellenangebote
7 Likes
7 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen