This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

株式会社LITALICOは、全国に約100教室あるソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」(https://junior.litalico.jp/)を運営しています。 幼児から高校生までを対象に、生きる土台となる力の獲得を目指し、生活スキルやソーシャルスキル、基礎学習を学べる教育を提供する教室です。 先生が子ども一人ひとりをアセスメントし、その認知特性や課題に合わせて個別指導計画を作成。子どもたちは自分だけのオリジナルカリキュラムに基づいて授業を受けます。 教室には約10000人が通っており、定員はほぼいっぱいで約10000人のお子様が空きを待っています。 LITALICOジュニアでは、元保育士や元幼稚園教諭の方などが指導員としてたくさん活躍しています。幼児教育や保育について学ばれている学生さんも、非常勤の指導員としてご活躍いただいています。

Warum wir das tun

<一人ひとりに合った学びを提供する、地域の教育資源を増やす> 文科省の調査によると、学習面または行動面で著しい困難を示す児童は6.5% 。 LITALICOでは、この課題に学校という教育のしくみだけで対処していくのは難しいと考えています。 実際に、発達が気になるお子さんが通う「放課後等デイサービス」は、2012年に制度がスタートしたときの利用者数51,678人から、2016年7月には139,718人になっており、現在まで利用者数は急速に増えています。(厚生労働省統計情報「障害福祉サービス等の利用状況について」より) また、待機児童の数に対しての施設数が足りず、社会的ニーズの高い事業となっています。 LITALICOは地域に多様な教育資源をつくりだし、それぞれの資源が連携し合うことで、一人ひとりにあった学びが選択できる地域社会を共につくることを目指しています。

Wie wir's tun

\今回、みなさんと会っていただく社員/ 木村 彰宏(きむら あきひろ) 大学卒業後、岩手県にて復興支援NPOに就職し、子どもたちの学習・居場所づくり支援を行う。日本の教育課題に対し、一番近い場所で向き合うため教師に。認定NPO法人Teach For Japanの教師派遣プログラムを介して、奈良市の小学校へ赴任。教師派遣の任期を終え、2016年4月より株式会社LITALICOに勤務。LITALICOジュニアの各教室での指導や指導員の育成、会社の採用業務などに携わる。その傍ら、NPO法人Teach For Japanで採用や企業・学生向け研修や講演などを担当。一般社団法人答えのない学校でプログラムのファシリテーター、島根県津和野町の幼児教育アドバイザーも務める。その他、個人的な活動として依頼を受けて、小学生~大学生までのキャリア教育や、NPO・企業などにおける、研修・ワークショップ実施などを行っている。

Page top icon