This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

 私たちエルピクセル株式会社はライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つ東京大学発のベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域における画像解析に人工知能技術を最適化することで、最高精度のソフトウェアを開発してきました。現在、国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援の研究開発を進めています。 ・EIRL(エイル) CT, MRI, 病理画像などの医療画像を中心に多様な医療ビックデータを活用し、独自の人工知能を活用した医療画像診断支援技術を研究開発しています。医療機器としての承認をめざし、高効率で高精度な医療診断支援技術の普及を進めます。 ・IMACEL(イマセル) 画像解析に関する高度な知識がなくとも、独自の人工知能アルゴリズムを採用することで膨大な画像の解析処理を瞬時に行うことができます。研究者が研究に没頭できる環境をつくり、研究が1日でも1秒でも加速できるように新しい機能や体験を生みだしていきます。

Warum wir das tun

3次元化画像処理技術を用いた生体組織細胞解析サービス
大腸内視鏡病変検出・鑑別診断サポートを行うAIを開発
『困っている人がいるから、やる。』 世界中の医療・製薬・アカデミックの分野において、ビックデータの問題は深刻化しています。 ビジネスの世界では続々と対策が実施されているものの、研究の分野、特に画像解析分野での対策はほとんどされていないままです。 単調な画像解析作業が増え続けることは、データを解釈・追及する時間を圧迫し、社会に対して価値を与えている方々の貴重な時間と労力を奪います。 「研究での画像処理を効率化したい。」 「患者の負担を軽く出来るような画像診断をしたい。」 私たちは、このようなご相談に対しお客様のニーズに寄り添ったソリューションを提供しております。

Wie wir's tun

東京大学内オフィス最終日
海外のピッチコンテストでも入賞。グローバルにご活躍いただける環境があります。
<その他、伝えたいこと> 〜本当にやりたいことが出来ていますか?〜 多様な働き方が生まれるなか、弊社では働き方の多様性も大切にしています。たとえば、業務に直接的には関わらない本当にやりたかったことの実現を応援する自己実現する文化が根付いています。 ・自分で会社を起こしながら働くこと ・アカデミアで研究・学業を行いながら働くこと ・複数の会社で働くこと ・業務範囲を絞って特化すること ・リモートで働くこと ・育児をしながら働くこと など実際に自己実現ができる環境をサポートし、多様性を尊重しつつ高め合うチームを目指しています。 〜大切に思っていること〜 "弊社では、個人の幸せがなければ、仕事で良いパフォーマンスを発揮できないと考えております。 まずは、心身ともに健康であることが大切だと考えております。"

Page top icon