This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

Was wir machen

非クリエイティブ職の人でも確り働ける仕組みをタクセルで提供
育児中や結婚出産後に離職せざる負えなかった優秀な女性たちが活躍できる場を
☆俳優の要潤さんがマーケロボのアンバサダーに就任! 要さんからマーケロボ求人に興味がある方へのメッセージ→(https://youtu.be/klJCChd21jI?t=630) ☆要潤さん×マーケロボ代表田中亮大 対談動画 「第1回 デジタル時代の仕事への在り方・姿勢」 →https://www.youtube.com/watch?v=T7Dk7JEVd0o&t=8s 「第2回 新しい挑戦をする時の姿勢」 →https://www.youtube.com/watch?v=NcOb0o2MHos ビジョン実現のための我々の使命(ミッション)は、非クリエイティブ職・文系職でもリモートワークとして働くことができる仕事を増やすこと。 その仕事の幅を広げ、世の中に普及させることを通じ、リモートワークでも高い生産性を上げることができると証明することです。 数年前からのクラウドソーシング市場拡大により、時間と場所にとらわれずに働ける選択肢が増えました。 しかし、クリエイティブ職(エンジニア、デザイナーetc)以外の人たちは、案件自体も少なく、報酬も内職の域を脱していません。 クリエイティブ職よりも属する人数が多く、文系の立場にあるマーケティングやセールス関連職の人たちがでもリモートワーカーとして活躍できるようになれば、現状よりも圧倒的に大多数の人たちが新しい働きかたの恩恵を受けられます。 一方で、企業のマーケティング / セールスのあり方にも変化が起きています。飛込み営業、足で稼き顔出してナンボの旧態依然とした営業スタイルはだけでなく、 海外では既に一般的なMA(マーケティング・オートメーション)、 CRM(顧客関係管理)やインサイドセールスなどの新しい手法が導入されています。 これらの手法は、全て非対面で実施でき、まさに場所にとらわれずにビジネス活動ができます。 働く側 / 企業側、この2つの側面から求められているサービスとして、BtoBマーケティング / セールスをリモートワークにて実行する事業を営んでいます。 マーケティング / セールス職でもリモートワークで高い生産性を発揮できることを証明し、 次世代の職業を社会に広めていき、一人でも多くの人が、「大切なことを大切にできる働き方」を選択できるように努めて参ります。

Warum wir das tun

大切なことを、大切にできる、働きかたを、タクセルで
仕事と家庭(orその人の大切なこと)が当たり前に両立できる社会に
「あなたは、本当に大切なことを、大切にできていますか?」 私にとって、大切なことは、愛する家族との時間です。 結婚する前は、仕事で成果を出すこと、稼ぐこと、自己成長することだけが大切でした。 人生の幸せの定義は人それぞれですが、誰にも共通して言えることは、 「その人にとって、大切なことを大切にできる時間がどれくらいあるのか?」だと考えています。 そして、人生のステージによって、何が大切なのかは変わってきます。 仕事であったり、ご自身の夢へのチャレンジ、家族との時間であったり、介護の時間、趣味、勉強など・・・ しかし、「働く」ということは、変わらずに続きます。 本来、ライフスタイルに応じて働きかたも柔軟に変えるべきですが、現状では、仕事か、大切なことか、2者択一を迫られる人が多いです。 現に、仕事だから~できなくても、仕方がない・・・ 逆もしかり、育児(介護)があるから、働けない・・・ そんな声が周りにあふれています。 政府でさえも働き方改革を掲げています。 当社は、その解決策の一つに、時間と場所にとらわれない働きかた(在宅ワーク / リモートワーク)があると信じています。その仕組みづくりを通じて、一人でも多くの人が、大切なことを 大切にできる 働きかたを実現するサポートをし、また、当社メンバーが率先して、大切なことを 大切にできる 働きかたを追及していきます。

Wie wir's tun

特別なITスキルが無くても、在宅ワーク、リモートワークが可能な社会に
マーケロボというMA(マーケティングオートメーション)ツールを用いて、MAアシスタントという新しい職業を生み出しています。 私たちは、マーケティング・セールスという職業でも、場所にとらわれずに働け成果が出せる仕組みづくりを行い、大切なことを大切にできる働き方を世の中に広げていきます。 ITの普及、AIの進歩により、今後無くなる職業の上位には、必ずと言っていいほどセールス職が取り沙汰されます。マーケティングにおいても、デジタル化、自動化が進むため、一見すると、当社の目指すセールス / マーケティング職の再定義は時代を逆行していると思われがちです。 しかし、どれだけビジネスがシステム化されても、人と人で成り立っていることは不変の事実です。そこには、コミュニケーションが介在します。 そして、会社の部署の中で、唯一、コミュニケーションを武器に、付加価値にして活動しているのがセールス / マーケティング職なのです。 このセールス / マーケティングという仕事の価値を再発見し、デジタル時代に適した役割への再構築することは社会的に大きな意義があるものだと信じています。 そして何より、極論ですが、ビジネスは関わる人が幸せになるために行うものだと考えます。タクセル社が存在することで、愛と感謝で溢れる社会となる一助になればと願っています。人との出会いに感謝し、自分だけでなく関わる人に愛をもって接し、その縁が紡がれる次世代に託せる社会を作る事業を追求する所存です。

Page top icon