This page is intended for users in Germany. Go to the page for users in United States.

テレビ取材に密着!マツリカ&五反田バレーが放送されたよ

みなさんこんにちは!先月から、マツリカ広報としてJoinしたほなみんです。
Wantedlyではマツリカの今をお伝えてしていきます。どうぞよろしくお願いします^^

さて、そんな私の記念すべき初投稿では...《マツリカでの初仕事》をご紹介しちゃいます。

それは。

それは!

テレビ取材対応@マツリカオフィス!

初っ端からなんて濃厚なのでしょう。
今回は、東京MX様による「TOKYOMX NEWS」の取材が入ることになったのです。

でも、どうしてマツリカに取材を?

それは、昨年夏に発足した一般社団法人「五反田バレー」の、代表理事企業であるため!

◆五反田バレーとは?
五反田というベンチャー・スタートアップ企業にとって最適なエリアで、企業や行政の壁を超える起点となり、街全体の活性化を通じて互いに相乗効果をもたらすことで、今後、社会課題を解決するスタートアップコミュニティへの発展を支援をしていく一般社団法人(公式HPより)

現在五反田には、70社以上ものベンチャー企業が集まっているんです!

2月に発表された品川区の新予算に、五反田バレーを含むベンチャー企業の支援強化が含まれたことをきっかけに、今回はバレー代表としてマツリカが取り上げられることに。

題して、新ビジネス生まれる街「五反田バレー」。放送は2/5(火)に行われました。

それでは、実際の放送内容と取材の裏側をご紹介しちゃいます!

とある2月上旬の朝。オフィスのドアをノックする音が。

入り口にあるロゴもバッチリ映してくれたカメラさん。 そして出迎える広報。ええ、私です。

実はこのシーン、 撮影の終盤に撮ったものですが・・・
編集によって一本のストーリーになるんだなあとテレビを見ながら感動。

さっそく取材班をマツリカオフィスにご案内!(立ち位置に戸惑い顔が引きつる)

2年半ほど前に、五反田にオフィスを構えたマツリカ。

以前の所在地である渋谷区と比べても、坪単価が約半分だったり、JR山手線、都営浅草線、東急線が通りアクセスも良いことが、五反田の決め手。

実際の放送には使われませんでしたが、ここではオフィスについても紹介。

営業、マーケティング、開発、コーポレートなど、様々な部署があるマツリカ。 席は部署ごとに固定ではなく、好きな所に座れるフリーアドレス制なんです!

そのメリットは、普段の業務が違くても、偶然隣に座ることで会話が生まれたり、オフラインでのやり取りが生まれるきっかけにもなること。

撮影は月曜日の朝一だったので、人が少なく見えますが・・・普段はわいわい話すメンバーの姿が見られるんです。

そして、マツリカ代表であり、五反田バレー代表理事でもある黒佐へのインタビュータイム!

寒い真冬に、半袖のマツリカポロシャツで臨む黒佐。気合いを垣間見ました。


▽撮影の様子。出来るだけ画面にPR要素を入れることも広報の役目。


記者の方とのやり取りが自然に始まり…
マツリカのAI搭載営業支援ツール「Senses」のロゴも入り...(押し込んだ)

五反田バレーを設立した背景や、バレーとして活動することのメリットを伝えることができました。


(途中、デスクにいる黒佐も寄りで登場。ナチュラル。)

その後は、五反田バレー代表企業の広報が集合。
放送では、今後の運営についてミーティングする様子や、各社が考えるバレーの意義が紹介されました。

そんなこんなで、無事終了した初仕事。
五反田バレーの活動や、マツリカが五反田にやってきた経緯について学ぶきっかけにもなり、広報にとっても大変ありがたい機会でした。

実際の放送内容は、東京MXのYouTubeチャンネルにて公開予定!

今後も、バレーの一企業として、マツリカとして、皆さんに情報を届けてまいります!

マツリカでは、一緒に世界を祭り化するメンバーを募集中!!

テレビにも出ちゃうマツリカに興味を持った方、ぜひ一度お気軽に遊びにいらしてくださいね^^

Sales
自社開発 SFA =Senses=でSaaSの世界を獲る!セールス募集!
マツリカは組織ナレッジ活用型次世代営業支援ツールSenses(センシーズ)を運営しています。 https://product-senses.mazrica.com/ 「入力負荷が少なく成果を自動的に最大化するSFA/CRM」 これがSensesのProduct Missionです。 SensesはSFA・CRMと呼ばれる顧客管理、案件管理といった管理機能に加え、属人化する営業パーソンのスキル、ナレッジを共有、伝承する仕組みを提供しています。 その手段として、AIアルゴリズムが蓄積された営業情報を分析し、営業パーソンの時間やリソース配分の提案、次の打ち手提示することで、営業パーソンの働き方に変革をもたらすことにチャレンジしています。 ▼直近トピックス -------------------- ①2018年5月 ⇛インフラ強化のため、SRE Team発足 ②2018年4月  ⇛成長企業向け営業支援ツール「Senses」 プロサッカーチーム FC今治が自社の営業活動支援に採用(https://mazrica.com/press-release/20180404_release/) ③2018年3月  ⇛個人のナレッジを共有し現場の負担も減らす「Senses」、マネーフォワードと連携 [Pedia News](https://mazrica.com/media/20180322_venturetimes/) ☆2017年8月  ⇛現場主義SFA「Senses」運営のマツリカが総額1.3億円を資金調達、中規模企業向け新プランも提供開始へ [参考記事] □ビジネスを楽しくする営業ナレッジメディア「Senses Lab.」 https://blog-senses.mazrica.com/ □現場主義SFA「Senses」運営のマツリカが総額1.3億円を資金調達、中規模企業向け新プランも提供開始へ https://jp.techcrunch.com/2017/08/21/mazrica-fundraised-130-mil-yen/ □「管理者だけではなく営業現場にも役に立つSFA」マツリカ 代表取締役 黒佐のインタビュー http://techwave.jp/archives/mazrica_sfa_ceo.html □眠る営業データ 発掘 マツリカ、案件ごとの進捗確認(日本経済新聞) https://www.nikkei.com/article/DGKKZO1891120015072017TJE000/ □AIが可能にする新時代の営業スタイル――営業支援ツール・Sensesは「いつメールを送るべきか?」まで教えてくれる(Get Navi web) https://getnavi.jp/business/125362/
株式会社マツリカ
Infrastructure Engineer
次世代営業支援システムSensesを支えるインフラエンジニアを募集!
世界を祭り化する、Sales Techのスタートアップです。   「世界を祭り化する」 これがマツリカのミッションです。   テクノロジーの力で、人が夢中になる状態を産み出すサービスを創出していきます。 その第一弾として、営業パーソンを「祭り化」するため、クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」を運営しています。 「Senses」のコンセプトは、入力負荷が少なく、成果が自動的に最大化されるSFA/CRMです。営業管理者だけでなく、営業現場に支持されるSFA/CRMをSaaSで提供しています。 【外部評価サイト:SensesとSalesforceの比較】https://www.itreview.jp/categories/sfa/compares/salesforce-sales-cloud_vs_senses 【プロダクトサイト】 https://product-senses.mazrica.com/ 【コーポレートサイト】 https://mazrica.com/ 【会社概要スライド】 https://www.beautiful.ai/deck/-LPdn52kc8rAETfcNqOI/
株式会社マツリカ
株式会社マツリカs Stellenangebote
Anonymous
15d2eca2 be9b 407a bb98 b96d7c4bc11d?1560238243
E85c5561 e58e 4b6c 9c84 11b4ff32b950?1552366126
E09731ff acd6 4e59 a081 a9bc4c6ae142?1553104727
892445 444433518969051 769020142 o
873c58a2 0bb0 429c b9bc a2ade9350f00?1535952012
15 Likes
Anonymous
15d2eca2 be9b 407a bb98 b96d7c4bc11d?1560238243
E85c5561 e58e 4b6c 9c84 11b4ff32b950?1552366126
E09731ff acd6 4e59 a081 a9bc4c6ae142?1553104727
892445 444433518969051 769020142 o
873c58a2 0bb0 429c b9bc a2ade9350f00?1535952012
15 Likes

Wöchentliches Ranking

Weitere Rankings anzeigen
Hat dir diese Story gefallen? Dann schau doch mal bei uns vorbei.

Page top icon